FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

2019年シルク出資馬

今更ですが備忘録としても出資理由を書いておきます。
1次募集でモシーンの18(父ドゥラメンテ)に渾身の抽優を使いましたがあえなく玉砕。
ほとんどの馬が1次でなくなってしまうのが今のシルク。
ダメもとで応募していた馬も含めて、1頭くらいは確実にと思って出資したのがカメリアローズの18でした。
結果的にこれ一頭しか取れなくて、メインで欲しかった馬ではないため、クラシックを狙うような血統ではないですが、堅実さはあるかな?と思って出資した馬でした。

カメリアローズの18
(父キンシャサノキセキ×カメリアローズ)
d_4610_2018063_convert_20191223012902.jpg


まず惹かれたのは母親の繁殖成績でした。
兄妹がよく走っていて、よく他の方のブログで見てたんですがダローネガとディキシーナイトの兄弟はオープンまでいってます。
他にも勝ち上がり率は高そうで、こういう馬は外れが少ないのはみなさんもご承知だと思います。
ではなぜ人気がなかったんでしょう?
バランスはよく見えましたし、兄弟が走っていて値段も1500万とまずまずお手頃価格ですし。
恐らく1番の理由はこの馬が小さかったからでしょう。
あと弓脚で少し脚元に不安があると書いてる人も見かけました。
それと厩舎の宮本厩舎。
割と厩舎は重めに判断基準を置いてるんですが、もう今のシルクだと厩舎がいいとそれだけで人気で取れないんですよね。
この辺総合して人気がなかったんだと思います。
個人的には母馬含めて勝ち上がる確率が高そうな配合と、こじんまりとはしてますがバランスのいい馬体に重きを置いた感じですね。
出資理由は血統3割、馬体1割、勝ち上がり高そう3割、限られた不人気馬で買い易さ3割って所ですかね。
結局買えないシルクは今の所この馬だけになりました。
本命じゃなかっただけに勝ち上がって楽しませてくれるかな?という所に主に期待してる状態です。
それでも唯一今年シルクで出資した馬ですのでご一緒の方々はよろしくお願いします。
複数頭も2次で考えましたが、他にも東サラに入ろうかと検討してたのも1次落ちた後なかなか馬選びに身が入らなかった原因だと思います。
結局今年東サラには入らず、サブクラブで入会してた広尾の方に出資が増えることになるとはこの時は夢にも思ってませんでした、
その馬達は、また違う項目で書いていこうと思います。
スポンサーサイト



(広尾)バートラムガーデンの17出資理由

シルク以外初の広尾の出資馬と言う事で、出資経緯も書いてみました。
この前のをまとめた感じなので、1は飛ばして読んでもらっても大丈夫です。

1、出資経緯
入会してませんでしたし、広尾さんがこんなサービスをしてるのを知らなかったので、それを知って馬を見たからというのが前提にあります。

パンフレットの資料請求をしましたが、まず字面上惹かれました。
「牡馬」の「ハーツクライ」産駒で「矢作厩舎」。

まずこの世代の自分の出資に牡馬がいませんでした。
去年牡牝一頭ずつだったにも関わらず、アルモニカ、インディチャンプとそれぞれあと一歩叶わなかったにしろクラシックへの道を楽しませてくれたのもあって、出来ればその路線に行ける可能性のある牡馬も欲しいなとは思っていました。
ただ、シルクではかなり出資が困難で今年は断念。もし追加出資でいいのがいたらまた考えるくらいに思って牝馬2頭に申し込みをしました。

そこにこの話を知ったんですよね。

入会金0円、馬代4口まで0円、そしてクラブの会費が口数で決まる。

パッと見ると最初の2つが魅力的ですが、自分が気になったはクラブの会費が口数で決まる事。
維持会費が多くなるのがネックで今まで掛け持ちを考えてなかったんですよね。
でもこの方式だと一口700円、二口でも1500円でよいので。
全馬じっくり見た訳じゃないですが、ざっと見ても満口以外だとやはりこのバートラムガーデンの17が良い馬に見えました。
良い馬だけあって、値段も4760万もしますが、4口まで馬代がタダですからねぇ。
しかし4口いくと会費が3000円かかります。
とりあえず現時点でそれをしたくなかったので二口申し込みをしました。

とにかく入会金0、馬代0、会費は口数でというのは、新しく始めたい人にとってかなり入りやすい良いシステムだとおもいます。
これがざっとこの馬に辿り着いた道順です。





2、出資理由
バートラムガーデンの17
父ハーツクライ×母バートラムガーデン(母父サクラバクシンオー)

himg1_convert_20181117013851.jpg

himg2_convert_20181117013357.jpg


最初は血統と厩舎に惹かれました。
クラシックを狙っていけるかもしれないハーツクライ産駒牡馬で、リーディング上位の矢作厩舎だった事。
そして実際カタログと動画を見てみると、本当にバランスがいいんですよね。
矢作先生がバランスに惚れたっていうだけの事はあります。
歩き方も変な癖もなく真っすぐだし、後ろ脚もまずまず踏み込んで歩いてるし好印象でした。
柔らかくスムーズな歩様で、歩いてる姿見てもバランスがいいです。
とにかく目立った欠点のない馬って感じですね。

母系を見てみるとアグネスワールドやヒシアケボノが出てくる上質なスピード血統。
母父がサクラバクシンオーですが、その前もアフリートで、ミスプロ系にテスコボーイからの日本の優秀なスピード血統サクラバクシンオーを掛け合わせてるんですから、相当なスピード能力を秘めた牝系だと思います。
母親自身短距離で4勝を挙げてますし、この子は2番仔でまだ結果が出てないんですが、可能性を感じる母馬だと思いました。
何よりハーツクライの活躍馬をみると、スピード系の母親と掛け合わせた活躍馬が多いんですよね。
ハーツクライ自身かなりステイヤー寄りなので、このくらい短距離血統と配合したとしても短距離馬になるとは思ってません。
マイルから中距離くらいで行けそうなので、丁度いいかな~と思いました。
もう一頭シルク牝馬で出資したマンビアの17も母父はミスプロ系アルデバランⅡです。
馬体は完全に胴が長いので下手したら牝馬の方が長距離に適性があるかもしれません^^;
来年はこの2頭で牡牝のクラシックを狙っていって欲しいですね。

しかしよくよく考えてみると、2歳世代がジャスタウェイが2頭、1歳がハーツクライ2頭と、この血統オタクみたいですね(笑)
ジャスタウェイはこの夏の活躍で好きになりましたが、ハーツは実はそれほどでもないんですが、高くて手が出せないディープを除けばクラシック狙える最上位血統の1頭だと思うので、そこは期待したいですね。
愛馬が走ればきっと好きになると思います(笑)
この子を入れると2世代で牡馬2頭、牝馬4頭になるのでバランスはようやく少し取れたと思います。

最後に厩舎に触れますと、矢作厩舎は愛馬のレーヌドブリエでお世話になってました。
とにかく数を使う先生で、それでいて使いながら成長もしたし怪我も1度もしませんでした。
なかなか生涯小さな怪我もなしって珍しいと思います。
5歳時の成績が圧巻で、3,8,2,5,3,5,2,3,1,2着と、11走もして大崩れもなく、毎回期待をもって楽しめたんですよね。
ほぼ3頭しか稼働しなかったこの年、レーヌがいなければ楽しめてなかったと思います。
今どき年間11走とかないですよね~。
上手く歯車が噛み合えば、ぼくみたいな零細馬主にとって最も頼りになる先生とも言えます。

そんな訳で、出資理由は血統3割、厩舎3割、馬体3割、牡馬1割って感じでしょうか。
クラブに入ったという意味で隠れ理由も付けるとしたら、広尾のシステム&サービス6割、馬自身の良さ4割って所で(*‘∀‘)

2018年シルク出資馬紹介と出資理由

まずは1次で抽優馬で唯一取れたマンビアの17です。
マンビアの17
父ハーツクライ×母父アルデバランⅡ

d_3029_2017039_convert_20180815211323_convert_20180815211708.jpg



結局最終的にすごい欲しい馬は三頭。
特にアドマイヤセプターとディープストーリーは本当に欲しかったですね。
でも複数口行った人が当たったら、低い確率がかなり低くなるんじゃないの?と思って、最終1時間前にディープストーリーから変更したんですよね。
当たる確率無視して欲しい度を点数にすると、エピファネイア二頭がそれぞれ95点、90点くらい。
そしてこの馬が80点くらいと確かに自分の中での妥協は多少ありました。
でも欲しい馬の一頭だったのは間違いなかったし、全部落ちたらそれこそ欲しい馬一頭も取れなかったって事になりそうだったので、後悔はしてません。
希望の一頭に出資出来たと思っています。

この馬は最初厩舎と血統で気になってました。
去年からアルモニカをストレスなく使ってくれてる西村厩舎。
そして、ハーツクライは去年申し込んだドラフト1位でしたから。
実際動画見てもよく見えました。
あえて言えば胴長。
でも決してバランスが悪い訳ではないと思います。
胴が長いながらもそれはハーツクライの特徴として、前後のバランスはよく見えました。
何より前へ前へという前進気勢が良かったです。
毛色も薄々感じてましたが、輝く栗毛は好きみたい(・_・;
あと黒鹿毛、青鹿毛も好きですが(笑)

血統も1番の魅力は母が若いという事。
牝系の活躍度はそこそこといった感じですが、明らかにノーザンファームが何か良い種牡馬を付けるために買った牝馬で、未知の魅力があると思いました。
母父のアルデバランIIはミスプロ系種牡馬。
ハーツにスピードを導入という意味で悪くない組み合わせでしょう。
馬体的にも中距離あたりに適正がありそうだったので、その辺探してた為魅力的に映りました。
欲しかった種牡馬で血統、厩舎とプラスならと最終的に出資候補ベスト3に入ったのでした。

出資理由は血統3割、厩舎4割、馬体3割って感じです。


シーズインクルーデッドの17 
父キンシャサノキセキ×母父インクルード
d_3029_2017053_convert_20180815211352_convert_20180815211734.jpg







さすがに一頭だけじゃ寂しい。
そこで1.5次で残ってる馬で高すぎない馬を一頭ずつ見ていきました。
その中でもかなりピンときました。
馬体は全体的にしっかりしてるし、なんと言っても柔らかい脚さばきがいいなって思いました。
動きを見て感じたのがかなり「走りそう」。
もうこのインスピレーションが全てですね。
正直厩舎は実質今年初年度という事でかなり不安もありました。
厩舎、牡馬と総合的にみてエンジェルフォールにしようかと思ったくらい。
でもその走りそうと感じた自分の気持ちを大事にしました。
実際繋ぎがどうとか馬体が見れない素人なんですが(^_^;)
でもどこにポイントがあるか自分でも分かりませんが、動いてる所を見て「走りそう」と感じた馬はかなりの確率で走ってる気がしているんですよねぇ…。

http://dorato.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

前の出資理由振り返ってみると、インディとトスアップ でそう思ってたみたいで。
新馬12着のララフォーナではすごい走りそうとは思わなかったとか言ってるし(;´д`)
まだこれからの馬ですけどね!


トスアップ が丁度先週勝った事もちょっと自分のインスピレーションを信じる根拠にもなりました。
動き方と雰囲気としか言いようがないんですけどね(^_^;)
ダメだったとしたら仕方ないで済むけど、ここまで考えて出資しないで走られるとかなり悔しいんじゃないかなぁと。

あえて説明してみるなら、馬体のバランスの良さとトモの踏み込みの良さと、筋肉の付き方、そして柔らかい脚さばきです。
馬体が良く見えるし、これで兄弟結果出てないならまだしも、重賞勝ち馬二頭いるのは血統的なバックボーンとして後押しにしかなりませんでした。
キンシャサ自体も、この母の仔も牝馬があまり走ってないんですが、これだけ馬がよく見えたら関係ないんじゃないかと信じています。
まああくまでも馬体が見れないぼくの言う事ですがw
そんな訳で、厩舎以外の所で出資を決めました。
結局二頭とも申し込みを決め、エンジェルが満口になった為、この仔に必然的に賭ける事になりました。
募集馬検討会でもオススメされていましたが、現時点でシーズインクルーデッドのパーソナルベストと言われてたのはあながち販促用だけのコメントじゃない気がします。
顔が美人なのも品があっていいですね。
血統的にはダートも走れそうですが、柔らかい脚さばきからは芝の短距離~マイルあたりを想定しています。

出資理由は、走りそうな雰囲気4割、血統2割、馬体3割、顔1割です。



ご一緒になった方、またそうでない方も、馬共々よろしくお願いします^^

ポーレンの16出資理由

ジャスタウェイ×ポーレン(母父Orpen) 牡2

1072.jpg


今回の2次募集、この馬だけ申し込みしました。
ジュエルオブザナイトも同じくらい欲しかったのですが、牡馬が欲しい気持ちが強かったです。
この世代トスアップもララフォーナも牝馬です。
本当に欲しかったらそれでも行くべきだったかもしれませんが、どうしてもここで2頭は欲しくなかったので、1頭に絞りました。
外れればそれまでの気持ちが功を奏したのか見事当選。
これで仮に9歳のドリーマーと放置気味のディグニファイドが引退しても、そんなに牝馬に偏ってはいないと思います。
と同時に今年の募集で絶対牡馬と決めなくても良くなりました。
とりあえず勝ち上がって長く活躍してほしいですね。
さて、この馬を選んだ理由ですが、基本クラシックでもいける血統が好きっていうのに合致していました。
切れる馬の方が好きなんですよね。
ダイワメジャーとか走るのは分かるけど、好みじゃないのは押し切る競馬をするから。
もちろん愛馬の陣容によってはダート馬選んだりとか、そういうタイプも考えたりすることはありますけど。
でもやはり直線では瞬発力見せてくれるとワクワクしますね。
馬体も大きすぎるとは思いますが、大きい馬の鈍重さは感じませんでした。
自分が大きい馬で一番気になるのはそこで、前進気勢がない動きがあまりに緩慢な馬はちょっとって思います。
その点この馬は筋肉の柔らかさを感じさせ、スッスッっとスムーズに動けていたので。
故障に関しては分かりません。
脚がこうだから故障しやすいとかそういうの見る目はないので、基本動いてるのを見て走りそうと感じるかどうかを大事にしています。

この馬は同じ父のトスアップほどピンときませんでしたが、この父、この値段、牡って考えると十分及第点かなと思いました。
血統とともに馬選びに最も気にする厩舎に関してはやや妥協。
20勝毎年上げてる関東の武井厩舎。まだ伸びる余地もあります。
特に好き嫌いもないし、それなりの成績は残してるという事で問題ないかなと思いました。
何よりシルク内での東高西低が酷いですからね^^;
ここ数年ずっと関西馬しか買ってませんでしたが、ついに気にせず買おうかなと思うに至った訳です。

馬体は大きすぎるというのを除けば中長距離でもいけそうな体つきですね。
いかにも芝向き。ていうかダート走らなさそう^^;
デカいけど力強い感じではないですもんね。
母系がダンジグなんで芝中距離ベストなのかなーと思います。
母父のOrpenはサトノダイヤモンドと同じ。
一応クラシック路線狙うなら十分でしょう。

そんな訳でまとめると、
決めた割合10点中血統3、値段1、牡馬3、馬体2、厩舎1って感じですかねぇ。
期待値はそれなりに。
出来れば1000万クラス以上に出世してくれますように。

愛馬紹介

そういえば愛馬紹介まともにはしてませんでしたね。
もう走ってる馬がほとんどですが簡単に出資理由と併せて書いていきます。
ご一緒の方、これからご一緒の方、そうでない方もよろしくお願いします^^

シルクドリーマー 牡8歳
現在オープン馬。
出資理由ですが、実は8割厩舎です。
シルクヴェルリッツで音無厩舎気に入ったので。
実はタニノギムレット大好きだったんですが、これまでに出資3頭してて全く走らず。
もう二度と出資するつもりなかったんですが^^;
馬体も普通だと思いました。
出資の気がないといってもやっぱり好きな種牡馬ではあったので。だから理由は8割厩舎、2割血統ですね。
目利きで選んだのではないので偉そうな事はあまり言えませんが、やっぱり厩舎は重要って事は改めて感じました。
まさかこの世代の1番馬、そして最後のシルク冠名の馬になるとは思いもよりませんでしたけど^^;


ディグニファイド 牡5歳
現在1000万クラス。
出資理由ですが母親の現役時代知ってたし、半分ミーハーな所もあります。
でも馬体はいかにも力馬って感じでダートで走りそうでしたし、父親がネオユニヴァースにも関わらず
最初からダート方向って感じだったので、それなら適正も一致していいんじゃないかなと思いました。
馬体5割、血統(主に母)4割、厩舎1割って所ですかね。
気性面に問題がありますが、まあまあ思い描いていた感じの馬になってると思います。


レーヌドブリエ 牝5歳
現在1600万クラス。
この馬はもう血統を語らないと始まりません。
あのドーベルの仔がシルクで募集される!?
しかもG1何勝もした馬の仔にしては値段も2500万とそれほど高額でもなく、ぼくでも出資候補になり得たんですよね。
ちょっと小柄ではありましたが、ビデオを見てなんか「走りそう」って雰囲気は感じました。
でも注目したのは血統からですが、出資理由はそれがすべてでもないです。
血統(主に母)4割、走りそうな雰囲気と馬体で3割、どんどん成績を上げつつあった矢作厩舎が3割。
そんな感じでした。
ディグニファイドと併せて結果的にかなりミーハー出資となりましたが、成功したのでよかったです。
やっぱり多少なりとも知ってる馬のほうが最初の思い入れが違うような気がします。
時間が経つと全馬変わりませんけど(笑)
この馬も母親のような良い脚を使う思い描いてた通りの馬になりましたね。


インディチャンプ 牡2歳
現在未出走新馬。
この馬は最初ちょっと高いかなって思ったんですよね。
でもしつこいようですがこの馬も音無厩舎。
実は前年のフィアマロッサも応募はしましたが外れてその世代は出資してません。
それもあって、音無の馬が欲しいって気持ちもありました。
これまでの自分の賞金ランク1位のドリーマーと3位のヴェルリッツという上級馬出してくれてますからね。
そういう想いが最初にありつつ、ステイゴールド最後の世代いいやん、母父キングカメハメハいいやんと。
血統もそれなりに好みで、さらにこの馬ビデオで見て「走りそう」に見えました。
この走りそうって直観を大切にしてから走るようになったので最近決め手の一つにしてます。
写真より断然動いてるビデオ。募集馬ツアーなら更にいいかもしれません。
そんな訳で出資理由は厩舎4割、血統3割、馬体3割と
この馬に絞った理由が最初厩舎だった割にはバランスよく良いと思って決めたと思います。
そろそろデビューも近く、思った以上にいいコメント出てるので楽しみにしてます。


アルモニカ 牝2歳
現在500万クラス。
この世代2頭は買わないと終わってしまう。でもお金もそんなにない。
この馬はちょっとインディチャンプが高かった分2000万以内でって探した馬でした。
まあ血統ですね。
実はロードカナロアの現役時代ほぼ知りません。全く競馬見てない時期なので。
でも戦績には興味を惹かれました。
ほぼ完璧な成績でレベルの高いと言われる香港のスプリントでも勝って、マイルの安田記念も勝ってるって余程強かったんだろうなって。
そこに母父ディープインパクト。なんか最先端な気がしましたね(笑)
今じゃこの値段でなかなか買えないですよねぇ。父親知らないのに目を付けた自分褒めたい(笑)
競馬見てないから知らなかったですが、ディープインパクトは母父ストームキャットとニックスがあるみたいで。
ステイゴールド、マックイーンほど劇的なものではないですけど。
これも後から知りました。そう考えるとカナロアにストームキャット入ってるのでニックス的なものもあるかもしれません。
西村厩舎もまだ3年目ながら右肩上がりに成績を上げてたので知らないけど期待は出来るかなと。
出資理由は血統5割、馬体2割、厩舎1割、値段2割ですかねぇ。
デビュー新馬勝ちと父親のスピードを見せてくれて、今後も楽しみです。


トップライナーⅡの16 牝1歳
父ジャスタウェイ×母父サンダーガルチ
これは紆余屈折ありました。旅行行きすぎて馬にまわすお金がない^^;
3000万クラスのを1頭だけ買うか、もう少しさげて2頭にするか。
レーヴドスカー、バラダセール、プリモスター、シルクユニバーサル、ドリームエスケイプ等々。
1頭に絞るのなかなか厳しかったんですが、バラダセールにして見事抽選外れ。
あ、今回音無のスナッチドをスルーしたのは父親のダイワメジャーがそれほど好きじゃなくて^^;
それでももう少し安ければ考えなくもないんですが高い部類の種牡馬ですからねぇ。
これで走ったら後悔するかもですが・・・(;´Д`)
実はこの時点まで全く候補にあがってなかったんです、トップライナーⅡの16。
パンフで全くよく見えなくて。馬体も小さいし。
しかしシルクの募集馬検討会ってありますよね。あれで動いてる姿見て一目惚れしました。
めっちゃ「走りそう。」切れそうって。
ジャスタウェイに興味はなかった(というよりあまり知らなかった)けど元々ハーツクライ買うつもりだったしそこはまあOK。
あとは厩舎ですね。池江厩舎。
ジューヴルエール預かってもらったことがあって、期待ほど結果は出ませんでしたが転厩するまでかなり試行錯誤してくれて好感もってました。
まああの馬はディープの期待馬で、この価格帯のましてや牝馬にそこまでしてくれるのか不安はありますが^^;
厩舎にもよりますが上位すぎる厩舎は放置が怖いです。
ちょっとジューヴルエールだけじゃ判断付かないのでこの辺はもう調教師を信じるしかないですねぇ。
出資理由は走りそうな(馬体というより)雰囲気と動き5割、厩舎3割、血統1割、派手な栗毛1割(愛してやまないシルクウィザードを思い出す)です。


メジロフォーナの16 牝1歳
父ヴィクトワールピサ×母父ナリタトップロード

こっちで個別に書いてます。
http://dorato.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
果たして出資出来たでしょうか?^^;
郵送申し込みの関係もあるんでしょうが、満口かどうかくらい早く結果言って~(;´Д`)

追記

メジロフォーナの16出資

勢いで出資しました!
ええ、完全に勢いと衝動買いですとも(*_*)←なんだか偉そう


メジロフォーナの16
父ヴィクトワールピサ×母父ナリタトップロード
正確にはこのパンフの書き方だと優先出資期間が終わらないと確定にはならないのかな?
これも締め切り間際に殺到とかあり得るのでしょうか?(^_^;)
もう確定したと仮定して書きます。
ええ、1日の10時に申し込みましたとも。
こんなにあまり考えないで出資したのは過去初めてです。
というのも、キッカケはこんなに日々楽しいのに愛馬が少ない事。
下手したら来年早々にレーヌドブリエとシルクドリーマーあたりが引退するかもしれないのに
よく考えたら今年の出資はたった1頭のみ。
1次募集の時、お金ないとか言わずもう1頭申し込んどくべきでした(;´Д`)
残ってる馬であまり自分の琴線に触れる馬がいなくて。。
血統的にダートでゴールドティアラは少し気になりましたが、馬体にどうも魅力を感じなくて。
大竹厩舎もあまりよくわからずでした。

そこで今回の募集で気に入った馬がいればとは思ってたんです。
外国産馬は基本出資しないので、それ除くと唯一目に留まったのがメジロフォーナ。
血統はシェリルから遡るいわゆるメジロの名牝系。
血統も外国産馬除けば唯一芯が通ってる気がしました。
父のヴィクトワールピサには特に興味はないけど、サンデー系の活躍馬で牡牝共にそこそこ走ってるしマイナスに思うこともないかなと。
でも正直馬体に惚れました。
測尺見なくてもビデオでみると分かる牡馬みたいな雄大な馬体。
だから馬体8割、血統2割、欲しい気持ちプライスレスですかね(笑)
残念ながらすごい走りそう!とまでは思いませんでしたが、それなりに走りそう。
この値段だしとりあえず1勝、あわよくば同じレイクヴィラファーム出身のレーヌドブリエみたいにって思ってます。
一応1000万条件くらいになれるのは期待してますよ。
この馬に出資したコンセプトが、とりあえず出走して楽しませて欲しい。
なので1勝はしてほしいけど今のところあまり大きなハードルは課してません(笑)
一番の不安は新規開業厩舎って事ですが^^;
本来こんな不確定な馬に出資しないのに自分にビックリですよ!
そんな訳で出資される方がいたら今後ともよろしくお願いします^^

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん