FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

先週未勝利戦結果

ララフォーナ
(ヴィクトワールピサ×メジロフォーナ)
019.06.17 レース結果
 6/15(土)阪神6R 3歳未勝利〔芝2,400m・13頭〕11着[1人気]

今回もシャドーロールに加え、ブリンカーを着用しています。まずまずのスタートを決めますが、ハナに立てず2番手に控えます。そのままの位置で4コーナーに差し掛かりますが、最後の直線ではズルズル後退し11着でレースを終えています。

斎藤新騎手「前回のような競馬を心掛けていましたが、緩い馬場を気にして二の脚が付くまで時間が掛かってしまいました。あれ以上押っ付けていくとバテてしまうと思ったので無理せず控えましたが、ずっと緩い馬場を気にして走りづらそうにしていましたし、前走のようにノビノビ競馬が出来なかったことが敗因だと思います。この馬の持ち味を活かすのであれば、パンパンで軽い馬場の方が良いように感じました」

武英智調教師「前に行きそうな馬が競走除外になったので、楽にハナに立てると思っていましたが、逆にララフォーナのマークがきつくなってしまいましたね。それに緩い馬場を気にして、思うように進んでいかなかったようですし、色々悪い条件が重なってしまいました。優先出走権が獲れなかったので、一旦牧場へ戻してこれまでの疲れを取ってもらおうと思います」


前代未聞の除外ラッシュにはひかからなかったものの、そこで除外になったのが1番人気の馬。
ララフォーナは本来3番手くらいかなって感じだったんですが、ずっと2番人気から直前で同率逆転一番人気に。
本来なら勝利に少し近づいたと言える有力馬の除外が、逆にレースを厳しいものにしました。
前走好走したのは、人気薄でマークされず気持ちよく逃げれたのがあったと思います。
それが途中で絡まれ、ビッシリ長い距離並走しました。
あれは全然息が入らなかったでしょうね・・・。
それプラス騎手コメントにあるように馬場が合わなかったみたいですね~。
ヴィクトワールピサは問題ないと思ったんですが、ナリタトップロード、サッカーボーイの母方の血の方が濃く出てたという事でしょうか(-_-;)
しかし11着ですかー。
今回敗因は明確にあると思いますが、前走の好走がフロックだったって事にならなければいいですが・・・。
予想通り放牧に出て立て直します。
次回1,2走がラストチャンス。
なんとか勝ち上がってくれますように。
まずはお疲れ様!ララァ(^○^)
スポンサーサイト



ララフォーナ未勝利戦シルク公式コメントと近況

ララフォーナ
(ヴィクトワールピサ×メジロフォーナ)
2019.06.03 レース結果
 6/1(土)阪神6R 3歳未勝利〔芝2,600m・13頭〕2着[10人気]

シャドーロールに加え、今回はブリンカーを着用しています。まずまずのスタートから押っ付けながら先頭に立って後続馬を従えていきます。セイフティーリードを保ちながら、手応え良く直線に差し掛かると、そのまま粘り込みを図りますが、ゴール手前で交わされ、惜しくも2着でレースを終えています。

斎藤新騎手「出来ればハナに立ってほしいとレースに前に指示が出ていましたので、その通り押っ付けて先頭に立っていきました。そこまで無理せずハナに立つことが出来ましたし、後ろの馬に反応してくれるところもありましたので、ブリンカーの効果が表れていたと思います。もう少し後続馬を突き放していても良かったのかもしれませんが、勝負どころの手応えが良かったですし、これなら後続馬を凌いでくれると思いました。ゴール直前までバテずに頑張ってくれましたが、最後は交わされてしまいました。でも、この馬の持ち味を活かすのであれば、前に馬を置いてレースを運ぶより、今回のように後ろから突かれるような競馬の方が良く感じました」

武英智調教師「もう少しのところでしたね。あそこまでいけば勝ってほしかったというのが本音ではありますが、芝2,600mの条件も良かったですし、ブリンカーの効果も見られたので、次走に繋がるレースが出来たのかなと思います。馬体は前回より減ってしまいましたが、細く映らなかったですし、しっかり乗り込んでのものなので、良い意味で捉えています。今度も同じような競馬が出来るとは限りませんが、力を出せばこれだけ走ってくれるのがよく分かりましたし、しっかり体調を整えて次走に向かいたいと思います。優先出走権を獲ることが出来ましたので、この後の状態が変わりなければ、このまま続戦させたいと考えています」


インディチャンプの大きな勝利の前日にこのレースがありました。
丁度東京駅新幹線降りる時間がレース時間で^^;
今回は少し楽しみにしていました。
ずっと芝の中長距離使って欲しかった願いがようやく叶ったので・・・。

この子は芝1400で12着に敗れたあと、ずっとダ1800を使われてきました。
最初ダート替わりで4着に来た為、向いてるかどうかは分からないけど、こなせるくらいはあるのかなと思ってはいました。
ただ戦績は4着→7着→8着→11着と悪くなる一方でした。
毎度同じようなレースぶりだったので、8着の時は間隔も空けてきてたし2月と新しい事を試すには丁度いいかなと思ってたんですが結局同条件で同じようなレースで8着に。
まあここまではいいでしょう。
とにかくスピードがもう一つで流れに乗れません。
おっつけていって直線うまく体使えず伸びずで。

さすがに5月の復帰戦は条件変えると思ってたらまた使ったのにはかなりイラっとしたものです。
案の定負けて、しかも内容が悪くなるばかり。
次は条件変えるようなコメントでようやくかーと思って注目してたレース選択がここでした。
ダ1800芝2600

これは思い切ったなと。
自分は一番使って欲しかった条件でした。
中長距離とは書きましたが、道中の追走を考えると1800でも短く2000以上は欲しいなと思ってたので。

まあ結果は確実に良くなるとは言い切れなかったし、走って見ないと分からないと思ってましたが。
多少なりとも勝ち上がりが見える前進があって欲しいなくらいに思ってました。
その結果がこの好走だったんですよね~。

1着馬の末脚には屈したものの、3着馬とは7馬身差。
直線で伸びなかったこの子が逃げという戦法だったにも関わらず上がりも2位の脚を使ったんですよね。
まさに走りが一変!!
ここまで来たら勝って欲しかったなぁ。
ついでにシャドーロールとブリンカーも付けるという条件替わりのオンパレードでした(笑)

権利を取った為次走連続で使う事が決まりました。
次で決めてくれるならもう言う事はありません。
今回連続で3走目ですから、さすがに勝てないと放牧に出そうです。
そうなると最後札幌の長距離1戦に賭けるみたいになりますから。
もしこのまま勝てないようだと、もう1~2戦の判断遅かった事を恨みそうです^^;

初戦の芝1400も調教師自身距離不足の認識はしてましたからね。
試せるタイミングはいくらでもあったのになぜここまで中長距離試さなかったんだって。
力を出せばこれだけ走ってくれるのが分かりましたって言ってるけど、力を出せる条件使ってくれてなかっただけなんだからねっ(なぜかツンデレ風)
一応言っておくとちょっと不満ばかり書いてますが、そこまでこの武英智調教師嫌ってる訳ではございません。
成績が下降線なのにそれなりの間隔でコンスタントに使ってくれてますし、馬具の工夫はかなりしてくれてたしで。
勝たせるために頑張ってる感はずっと感じております。
今回の条件替わりも昔ながらの調教師なら間違いなく1600~2000の距離だったと思いますし、思い切った舞台変更は柔軟な頭もあるって事でしょう。
それにこの子が走ってないと実はどらくまー厩舎、今年6戦しかしてないんですよ(´_ゝ`)

とにかくさすがメジロ血統。
距離延びて芝に変わりビックリ仰天の変わり身を見せて勝ち上がりに大きな希望が見えました。
次走も頑張れララァ!


おまけ・・・新幹線降りて母親から電話がかかってきて、何?と思ったら、惜しかったなー!って。
ちょっっ!レース映像で着順確認したかったのにネタばらし辞めてよ!(;´Д`)



2019.06.05 所有馬情報
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:阪神6月15日 芝2,400m〔斎藤新〕

武英智調教師「レース後も特に目立った疲れはなく、飼い葉もこの馬なりによく食べています。馬体重は減ってしまっていましたが、あれぐらいが丁度良い体付きだと思いますし、次走も同じぐらいの数字で出走させられるように調整していきたいと考えています。このまま変わりなければ、6月15日の阪神・芝2,400mに向かいたいと思っているので、今週いっぱいは軽めの調整でレースの疲れを取ってあげようと思います。ジョッキーは引き続き斎藤新騎手に依頼しています」

第二回シルク追加募集馬と先週のレース結果

GWは皆さん如何お過ごしでしたか?
自分は仕事から始まって、アニメ見たりバーベキュー行ったり、沖縄行ったり(2泊だけ)、アニメ見たり携帯ゲームしたりアニメ見たり茨木音楽祭行ったりアニメ見たりしてたらアッと言う間に終わった感じでしたね~。
結果気づけば約10作品130話もアニメ見て過ごしたようです(-。-)y-゜゜゜
なんという時間の無駄遣い(笑)


5月5日の締め切り直前で1800口以上の断トツ1番人気だったハル―ワソング(父ワールドエース)に申し込みました。
本当はもう出資する気はなかったんですが、5歳以上0頭、3歳も2頭が引退の危機とかなり馬が減るので。
今回2番目に気になったのは後人気薄だったレインボークォーツですが、ちょっとこの時期に出したくないお値段とジャスタウェイ3頭、ハーツクライ2頭とか8頭しか持ってないのにちょっと偏り過ぎかなと思いました。
確実に増やしたいならレインボークォーツの手もあったかもしれませんが、一応この世代3頭いるのでララフォーナの時と違ってそこまで増やすことにはこだわりがなく、外れて元々の気持ちで一番欲しい馬に申し込みました。
結果はいつ出るんでしょうね~。


ララフォーナ
2019.05.06 レース結果
 5/5(日)新潟3R 3歳未勝利〔D1,800m・15頭〕11着[6人気]

シャドーロール着用。スタートでやや後手を踏み、道中は後方3番手あたりを追走、そのままの位置で直線に向くと、最後までその差は詰まらず、後方のまま流れ込んでいます。

川又賢治騎手「ゲート内で段々とソワソワし出して、悪さをする程ではなかったのですが、伸び上がるようにゲートを出てしまいました。道中は砂を被っても行きっぷりが悪くなることはなかったのですが、ワンペースで最後まで同じ脚色で走り切ってしまいましたね。そういうタイプなので、出来れば前に付けたかったのですが、今日はスタートが全てだと思います。申し訳ありませんでした」

武英智調教師「プラス体重で出走できたように、新潟までの輸送は上手く行きましたし、良い状態でレースに向かうことが出来たと思います。ただ、ゲートの出がモッサリだったのが誤算でしたね。それに道中の感じも前向きさに欠けるような走りでしたし、調教の良さが全く見られませんでした。初戦から段々とレース内容が悪くなっていますし、何かしら対策を練らないといけませんね。馬具を試すか、番組の条件を替える等して、良い結果に結び付くように努めていきたいと思います。この後の予定につきましては、トレセンで状態を確認した上で検討させていただきます」

すごい出遅れっていうほど遅れた訳じゃなかったと思うんですが、全く二の脚が付きませんでしたね。
前にいけなかったのが最大の敗因なのは間違いないでしょう。
調教師の言ってるようにレースぶりがどんどん悪くなってます。
馬具とか(もう試したこともあるし)言ってないで早く条件変えてくださいと言いたいですね。
まあここまで言ってるんで次走はさすがに芝でしょう。
ここ数走で同じような繰り返しだったんだから、試すのは今回だったのに一手遅い気がします。
ここで放牧に出されると期間的にちょっと辛いですね・・・。
もちろん芝で走っても好転するかどうかは分かりませんが、走らなくても納得はいきますからね。
出来れば次走は中距離以上の芝でお願します。

先週のレース結果シルク公式コメント

ララフォーナ
2018/12/03 <レース結果>
 12/2(日)阪神1R 2歳未勝利〔D1,800m・11頭〕7着[5人気]

今回はチークピーシズを着用しています。まずまずのスタートから好位に取り付けにいこうとしますが、行き脚が付かない為に中団7,8番手あたりを追走、向こう正面を過ぎたあたりから前を窺いに行こうとしますが、流れに乗り切れず、最後の直線も前との差を詰めることが出来ず、7着に敗れています。

荻野極騎手「スタートが決まれば先行するように指示が出ていましたが、タイミングよく出ることが出来たものの、スピードが乗らなかったので無理をさせませんでした。道中は良い感じで追走することが出来ましたが、勝負どころで押し上げて行こうとすると、体が伸びてスピードに乗っていくことが出来ませんでした。馬自身は前にいこうとする気持ちがありますが、まだ馬体がそれに追いついていない感じでした。トモがしっかりすれば走ってきそうな馬なので、成長を促しながら競馬を経験させていく方が良さそうです」

武英智調教師「前走より馬体の張りが良くなり、上積みが感じられていましたが、レース内容を見るともう少し時間を掛けて成長を促していく方が良さそうですね。レース前日にチークピーシズを着けてみたところ、上手く首を使って走ってくれていたことから、急遽つけさせていただきましたが、前向きさは見られましたし、後はそれに伴う体力がついてくれればと思います。トレセンに戻って状態を確認した後は、成長を促す為に牧場へ戻して立て直すことを考えています」

現状直線での伸び脚がそれほどないので、無理をさせてでも前にいかせるべきでしたね。
そして調教師は前走勝負所での走りがバラバラになった原因が久々だったからと言ってましたが、やはりそんな甘くなく、騎手から前走同様のコメントが出ました。
スピードを上げるとまだ体が付いていかないというのが本当の所でしょう。
正直掲示板は外さないと思っていたのでちょっとショックでした。
前走はやはりメンバーに恵まれてただけだったのかもしれません。
とりあえず、またしばらく間隔を空けて牧場でしっかり鍛える事になるようです。
なんとかトモをしっかりさせて、勝ち上がれるよう頑張って欲しいです。

ララフォーナ未勝利戦シルク公式コメント

2018/11/12 <レース結果>
 11/10(土)京都2R 2歳未勝利〔D1,800m・9頭〕4着[5人気]

好スタートを決めると促しながら好位3番手を追走、向こう正面で流れが速くなると置かれ気味になり、最後の直線も大きく脚を伸ばせず、流れ込むように4着でゴールしています。

川田将雅騎手「まずまずスタートを決めることが出来ましたし、スッと良いポジションに取り付けることが出来ました。流れが落ち着いている間は良い感じで追走していけたのですが、ペースが上がったところで促しにかかると、苦しくなってフォームがバラバラになってしまいました初戦から久々の競馬でもありましたし、次は動けるようになってくるでしょう。距離はこれぐらいが丁度良いと思います」

武英智調教師「中間ゲート練習を行っていたこともあって、今回は五分に出てくれましたし、上手く流れに乗ることが出来ました。ただ、もう少しペースが落ち着いていれば良かったのですが、向こう正面で急に流れが速くなってしまい、そこで置かれてしまったのが痛かったです。ジョッキーの話では勝負どころでフォームがバラバラになってしまったと言っていましたが、デビュー戦以来の競馬でしたし、初めてのダート戦でもありましたので、次はもっと体が動けるようになるでしょう。この後はトレセンに戻って馬の状態を確認したうえで検討させていただきます」

先週、ララフォーナの復帰戦は4着でした。

好スタートから川田騎手が押し気味に位置を取りに行きます、
逃げ馬の後ろ3番手くらいで流れに乗りますが、その横に数頭並びかけて、結局少しずつ着順落として5番手に。
元々1枠だっただけに内で少し苦しい位置になりました。
しかし最大の問題は、向こう正面から4コーナーの勝負所に向けてペースが上がった時に着いていけなかったんですよね。
それでも上位3頭が抜け出した後の4位争いはしぶとく伸びて確保しました。
3着とは離されたとはいえ、着順だけみれば新馬戦の12着→4着と大きな前進と言えます。
明かに前進もしたし、ダートで変わり身も見せました。
ただ直線特別良い脚を使うわけではないのに勝負所で置かれるというのが、ちょっとこの先勝ち切る難しさに繋がりそうとあまり楽観的になれなかった部分もあります。
今回メンバーに恵まれてたのは事実ですから。

しかしその不安を少し和らげてくれたのが騎手と調教師が声を揃えて言ってくれた、次はもっと動けるようになるでしょうという言葉。
確かに今回は約4ヵ月ぶりですし、初ダート。
慣れも見込めば次走は更にいい競馬を見せてくれるかもしれません。
パドック解説の方も夏と比べるとトモの甘さが目立ってたのが、休ませてグッと良くなったと推奨馬にもあげてくれました。
実際踏み込みもしっかりしてるし、パドックはかなり良く見えましたね。
競馬の後脚元の不安が出て、しっかり調教積めた期間がそれほどない事を考えると、その短期間で大分良くなったとも言えます。

良い点を挙げてみましょう。
○馬体重が+8とちょっと重いと言われてた前走より大分増えてた。成長分はあるにしても叩いて少し絞れたら変わりそう。
○夏から成長して、その成長をレースでも見せた。フォームも安定してないし、良くなる余地はまだまだありそう。
○元々血統的に早めの馬ではない=このまま成長を続ければ、十分勝ち上がれる可能性はある。
○出して前に付けれた。ワンペースの馬だけに先行力は大事。初戦のなにも良い所がなかったのと比べて先行力を見せたのは雲泥の差です。武器になると思います。
○これは自分の勘としか言えませんが、ダート稍重の速い馬場より良馬場が向いてると思います。

沢山ありましたね(*'▽')
という事で今回の結果は素直に喜ぼうと思います。
12着から4着なんてなにも考えなければ大前進ですよね。
今回川田騎手もララァの走りを助けるようにしっかり追ってくれてました。
それが直線バテずに4着争いをしのぎ切った理由の一つでしょう。
初戦の福永騎手にも言われていました。「適性云々というよりはまだ体が使い切れていない感じですし、このまま続けて出走させても良い結果に繋がるような感じではないので、もう少し成長を待つ方がいいでしょう。素直で乗り味は悪くないので、馬体がしっかりすれば走ってくる馬だと思いますよ」
その時よりはしっかり走れるようになっていたと思います。

厩舎で乗せたことのないリーディング上位騎手を2戦連続で乗せた陣営。
そしてその二人の騎手共にまだこれからやれそうと言ってもらえました。
素質もあって期待もされてるということでしょう。
次走もメンバー次第の所はありますが、好走と前進を期待して、そのうち勝ち上がって欲しいと思います。
権利も取れてますし、状態に問題がないようなら続戦してもらいたいですね。

ララフォーナ再出発

ララフォーナ
(ヴィクトワールピサ×メジロフォーナ)
2018/11/08 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:7日にCWコースで追い切り
次走予定:京都11月10日 ダート1,800m(牝)〔川田将雅〕

武英智調教師「デビュー戦後は放牧先でじっくり鍛え直してもらったことで、とてもいい状態で戻ってきましたし、ここまで何の不安もなく順調に仕上げることが出来ました。脚元の状態もスッキリしており、時間とともに体質が強くなってきていると思います。7日の追い切りでは併走馬を追走し最後の直線で並び掛けると、最後までいい脚で伸びてくれました。やや硬さがあってワンペースなところがあるので、ダートは合うと思いますし、初戦のレース内容から1,800mぐらいの方が競馬がし易いと思います。追って味のある馬ですし、川田騎手に乗ってもらえるのは強みだと思いますので、良い競馬を期待しています」

2018/11/08 <出走情報(確定)>
 11/10(土)京都2R 2歳未勝利〔D1,800m・9頭〕54 川田将雅 発走10:30

2018/11/07 <調教タイム>
 助 手 11/7(水)CW良 85.2- 68.0- 52.0- 38.1- 12.1[6]直強目余力
  ジューンアイリス(二未勝)馬なりの内1.3秒追走0.1秒先着


ララフォーナがデビュー2戦目を迎えることになりました。
今回は芝1400からダート1800と、ガラッと条件を変えています。
ダートも走れそうというのは出資時から思っていたので、違和感はありません。
距離は間違いなく伸びたのはプラスでしょう。初戦走る前から1400だと短いかもと言われてましたから。
追い切り見る限り調子も良さそうです。
追って味のある馬なんて初耳ですが(笑)

まさか今回川田騎手が乗ってくれるのはビックリしましたけどね^^;
でも昨日出てた想定みると、なるほどなーって感じでした。
登録はたったの6頭。
この馬も初戦12着でしたが、この馬以上に成績の振るわない馬がほとんどで。
2頭ほど芝からダート替わりで良さそうという馬がいましたが、それ含めても上位3頭に含まれてるのではって感じだったんですよね。
でもそんなレースだからか、さすがに今日の確定では3頭増えて9頭立て、その3頭がすべて成績上位って感じでした。
特にアルモニーセレスト(デムーロ)とドゥエルメス(岩田)ですね。
メンバー的に与し易しって思われたんでしょう。
でも最終追い切りは良い追い切りだと思いますし、なんといっても鞍上は川田騎手。
追える騎手ですし、判断も確かな日本でトップクラスのジョッキーです。
最低限掲示板と思っていますが、ダート替わり距離延長で一変も期待できるのではないかとも秘かに思っています。
結局の所、ダート適性がどれだけあるか?でしょうね。
折角の弱メンバーですし、是非ともここで決めるくらいの良いレースを期待しています。

ララフォーナ新馬戦結果

ちょっと旅行に行ってました。
また時間ある時に書こうかと思います(誰も求めてない?(笑))。

ララフォーナ
2018/07/16 <レース結果>
 7/14(土)中京5R メイクデビュー中京〔芝1,400m・15頭〕12着[6人気]

行き脚が付かず後方からレースを運びます。徐々に押し上げていこうとしますが、なかなかスピードが乗らず、勝負どころでは置かれ気味になります。最後の直線も大きく脚を伸ばすことが出来ず、デビュー戦を12着で終えています。

福永祐一騎手「レース1週前の追い切りでもスピードに乗るのに時間が掛かっていましたが、実戦でもゲートを出していこうとしても、脚が前に出てこない為に流れに乗っていくことが出来ませんでした。適性云々というよりはまだ体が使い切れていない感じですし、このまま続けて出走させても良い結果に繋がるような感じではないので、もう少し成長を待つ方がいいでしょう。素直で乗り味は悪くないので、馬体がしっかりすれば走ってくる馬だと思いますよ

武英智調教師「素直で飼い葉もよく食べる馬なので、なかなか絞り切れませんでしたが、少し余裕があるぐらいで出走させることが出来ました。性格が素直で実戦に行っていいタイプだと思っていましたが、ゲートの出がモッサリで、流れが速くなったあたりでは置かれ気味になってしまいました。本質的にはゆったりした距離の方が良いのかもしれませんが、鞍上はまだ体が使い切れていないと言っていたので、もう少し時間を掛けて育てていく方が良いかもしれません。馬体が絞れてメリハリが出てくるようになれば、動ける体付きになるでしょう。トレセンに戻って状態を確認したあとは、成長を促す為に放牧に出す方向で考えています」

途中まで4番人気、最終的に僅差の6番人気になりました。
大いに期待しましたがゲートは出遅れというよりゆっくり出て、そのまま後方を追走。
なんとか馬群からは離れる事はなかったですが、直線に向いてあまりいいところなく後方のまま終わりました。
そこそこ人気しての大敗は一番気が沈むんですが・・・まあ印が付くだけの良さもあったと前向きに考えたいですね。
現状距離も短いというのはあったと思いますが、速い脚が使えないのはちょっと痛いですね。
距離だいぶ延ばさないとダメかもしれません。
でも決して素質がないわけではないと鞍上も言ってくれてるので、しばらくかかると思いますが、
走りを良くして長めの距離で戻ってきて欲しいですね。
この時期ならまだまだ時間はあります。
早めに一度使ったのは今後の方針に繋がると思うので良かったと思います。
あとは頼りになる育成牧場に期待しています。


 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん