FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

ディグニファイド引退

2019.03.25 レース結果
 3/23(土)中京11R 名古屋城ステークス〔D1,800m・16頭〕15着[16人気]

ブリンカーを着用しての出走、出遅れて道中は後方からの追走となります。勝負どころで馬群に取り付くまでは行きましたが、それまでのロスが大きく後方でゴールしています。

中谷雄太騎手「返し馬までは落ち着いて悪い雰囲気ではなかったのですが、相変わらずゲート内が駄目ですね。頭を上げるので直そうとすると今度は後ろに重心をかけて、うまく出すことが出来ませんでした。流れに乗れないまま向こう正面で追い上げようとしても、内から張られて無駄に外々を走らされますし、最後は脚が無くなってしまいました。ゲート内で騎乗者とのコミュニケーションがまったく取れず、我がどんどん強くなっていて修正が難しいと思います

斉藤崇史調教師「この中間はゲート練習を入念に行ってきましたが、トレセンでは全く何もすることはありませんでした。ただ、競馬となると中で我慢が出来ずに落ち着きがなくなってしまいます。ゲートの出が安定していれば、立ち回り次第でもう少しやれると思いますが、これだけゲート練習を行っても実戦に行くとやってしまうので、正直なところこれ以上の改善は厳しいように思います。普段の調教も同じで、時計を出す時はある程度抑えが利く様になりましたが、普段コースに入れるとまったく抑えが利かずに走ってしまうことから、角馬場での調整となる為に、じっくり時間を掛けたとしても角馬場だけでは馬体が絞り切れませんでした。転厩してからここまで携わらせていただき、2勝を挙げることが出来ましたが、それ以上の結果を引き出すことが出来ず申し訳ありませんでした」

近走の競走内容を考慮して、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、競走馬登録を抹消させていただくことになりました。。今後は2019年3月28日のサラブレッドオークションへの上場を予定していますが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


予想はしてたのでショックではないですが・・・。
戦前スタートが全てと言ってましたが、ゲート開いて2秒で終わりました^^;

高野厩舎でデビューし1勝をあげ、走ったり走らなかったりしてるうちに斉藤厩舎に転厩。
上位厩舎だとそのくらいの成績でウロウロするようじゃ厳しいのでしょうか?
立ち上げたばかりの厩舎に転厩したのでいい方向に向くかなと思いました。
最初こそ普通に使ってもらってましたが、高野厩舎以上に放置するようになったときはストレスたまりましたね。
待ちに待った半年ぶりの骨折明けのレースで4着に来たのに、元気だけど小回りだけ使う宣言で3ヵ月以上空けると言ったときはちょっと理解できませんでした(笑)
成績にムラがある馬なので難しかったとは思いますが、もう少しうまく使って欲しかったのが本音です。
とにかく年を取ってからゲート難に苦しんだ馬でした。
毎回大きく出遅れて勝負にならないようなレースが続いてからは、もうさすがに厳しいかなと思ってました。
出資者がそう思ったのを覆して1000万クラスまで勝ってくれたのは嬉しかったですね。
その立役者は丸田恭介騎手でした。
川島騎手から中谷騎手で毎回出遅れてたこの馬に初騎乗で久々の好スタートから6着。
スタートはたまたまかなとも思ったんですが、次走わざわざ丸田騎手の出れるレースに馬を合わせました。
今にして思えば、これはこの馬に関して一番の斉藤調教師のファインプレーだったと思います。
またもやスタートを普通に出て、2番手追走から7番人気ながら1年10ヵ月ぶりの勝利を飾ってくれたんですから。
昇級初戦も丸田騎手でうまくスタートを切ったものの、少し調子落ちもあり大敗してしまいました。
そして川又騎手出遅れ、中谷騎手出遅れで終了。
最後コンタクトが取れないと言ってますが、なぜ丸田騎手は普通に出せたんでしょうか?
1回ならともかく丸田騎手で3回中3回共普通に出たのは運だけじゃないと思うんですよねー。
もちろん馬に難しいところがあったのは重々承知ですが、川又騎手はともかく一番この馬に数多く乗っていた中谷騎手には後半1度くらいまともに出して欲しかったように思います。

とにかくムラがありながらも準オープンまでいってくれたのは母親のファストフレンドの底力もあったんでしょう。
長い間楽しませてくれて感謝です。
ディグニファイドありがとう。お疲れ様。
スポンサーサイト



名古屋城ステークス出走

1ヵ月半ぶりに愛馬が出走します^^;
また書きますが、4月頭に予定してたトスアップも頓挫してしまい、本当に走りません。
今年これが3走目ですからね。
出るだけ・・・みたいなレースになりそうな気もしなくはないですが、出る以上は力の及ぶ限りの好走してもらいたい所です。

ディグニファイド
(ネオユニヴァース×ファストフレンド)
2019.03.21 所有馬情報
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:20日に坂路コースで追い切り
次走予定:中京3月23日 名古屋城ステークス〔中谷雄太〕

斉藤崇史調教師「20日に坂路で追い切りました。テンから引っ掛からないように気を付けましたが、上手くまとまった時計で登坂してくれました。この馬なりに良い動きだったと思いますし、良い仕上がりでレースに向かうことが出来そうです。前回はゲートで後手を踏んでしまい、この馬本来の持ち味を活かせないままレースを終えてしまいました。準オープンに上がってからは厳しいレースが続いていますが、五分にスタートを切って自分のリズムでレースを運べばもう少しやれると思っています。距離は前走のレース内容から1,800mがギリギリのような気がするので、なるべくロスなく立ち回ってほしいですね。ゲートを五分に出てくれるか心配ですが、中間は入念にゲート練習を行いましたし、その成果が競馬に出てくれることを期待しています」

2019.03.20 調教タイム
 助 手 3/20(水)栗坂良 53.3- 39.3- 25.9- 13.0 馬なり余力

2走前は雨が降って速い馬場になり、この馬に不向き。
そして前走は恒例の出遅れと全く勝負になりませんでした。
2走とも調子ももう一つだったような感じです。
今回も条件はベストとは思えませんが、今回全く話にならないような内容だと年齢的にも引退勧告がありそうな気がするんですよねぇ。
正直客観的に見てプラスになりそうな所は今回ないんですが、それでも8着以内くらいは目指してもらいたいです。
全てはスタートですね。
中谷騎手は骨折休養前、出遅れさせて捲るしかないみたいな事を言ってましたが、去勢後丸田騎手が3戦連続普通に出してくれてます。
その辺前の認識は改めて乗ってもらいたいですね。
馬の状態はまずまずで普通のスタートでどの程度のレースが出来るか?
最悪最後のレースになるかもしれません。
いままで何度か自分で下馬評を覆して準オープンまで上がってきた母譲りの底力、このクラスでも一度見せて欲しいと思います。

花園ステークス公式コメント

ディグニファイド
2018/11/26 <レース結果>
 11/24(土)京都10R 花園ステークス〔D1,900m・16頭〕16着[15人気]

ブリンカー着用。スタートで後手を踏み、道中は後方からレースを進めます。直線半ばで完全に脚が上がってしまい、大きく離れた最後方でゴールしています。

川又賢治騎手「ゲート内で煩くなりそうな気配を感じたので、暴れないように横に向け、ゲートが開く瞬間に前に向けようと考えていました。一番外の馬がゲートに入ったのが分かったので、そろそろかなと思い前に向けようとしたのですが、横に向いた体勢で固まってしまい、反応できずに遅れてしまいました。道中は脚を溜めながら運べたものの、最後は脚が上がってしまいましたし、距離も長かったのかもしれませんが、それよりも今日は上手くスタートを切れなかったことが悔やまれます。申し訳ありませんでした」

斉藤崇史調教師「パドックでジョッキーが跨ると気が入り過ぎてしまうので、本馬場入場の際に跨ってもらったのですが、その甲斐あってスムーズに返し馬に入っていけました。スタートには気を付けるように伝えていて、川又騎手も横に向けて工夫してくれたのですが、横に向いた状態のままで固まってしまったため、出遅れてしまいました。後ろからの競馬になってしまったとは言え、直線では完全に脚が上がってしまいましたし、距離は一ハロンくらい短い方が良いのでしょう。この後は続けて使うとテンションが上がり過ぎてしまう恐れがあるので、いったん放牧に出させていただく方向で考えています」

出遅れは慣れてない騎手ですし、仕方ない部分もあるかなと思います。
しかし、距離が長いとか今更じゃないですか?^^;
ここ13走連続1700以上のレースを使われて、そんなこと一度も言われたことなかったんですけど。
脚が上がったのは体調のせいもあると思うんですよね。
よくバテたら距離がというコメントを見かけますが、それがどのくらい本当の距離適性を言い当ててるんでしょうかね~。
ドリーマーなんかもずっと1400使われてましたが、最終的には2600がベストだったというオチがつきました。
指標にするための血統のファクターは大きいと思います。
まず判断した距離適性と血統を比べてみて、1、2度のレースで判断するのは危険だと思いますね。
もちろん血統だけに出ない個体差はあるでしょうけど。
この馬の場合、明らかに中距離型です。
まあ1ハロン長いというのが1900でなく1700だっていうなら分からなくもないですが、マイルくらいだとちょっと違う気はしますね。

今回2戦連続で大敗を喫してしまいました。
前走は雨の早い馬場が向かないという明らかな適正不向きがあったんでいいんですが、今回は京都コースが向かないという以外ちょっと言い訳しようがないですからね。
現時点ではこのクラスで通用しないという烙印が押されて仕方ない感じです。
このままだと引退と言われても厳しい判断だとはいえません。
でも体調がもう一つだったようですし、次走は得意の小回りコースでどのくらい走れるか見てみたいです。
出来れば丸田騎手でお願いしたいですね。

ディグニファイド、シルク公式レースコメント

ディグニファイド
2018/10/01 <レース結果>
 9/30(日)中山12R 内房ステークス〔D1,800m・15頭〕14着[12人気]

ブリンカー着用。スタートを決めて、外目の4番手を追走していきます。4コーナーのペースが上がったところで追い出されますが、決め手を欠いてしまい、昇級初戦を14着で終えています。

丸田恭介騎手「最後の馬が入った後、ゲート内でやや煩いところを見せていましたが、何とか我慢してくれてまずまずのスタートを切れました。スタートが決まったことで外目の良い位置を取ることが出来ましたし、スムーズな競馬することが出来ましたね。ただ、勝負所で外から来た馬に被されると嫌気が差してしまい、自分から走るのを止めてしまいました。気難しいところを見せましたが、この馬場で最後まで良く走ってくれましたし、こういった形の競馬を続けていきながら、このクラスに慣れてくれればと思います」

斉藤崇史調教師「外枠の偶数番ということで、ゲート内で待たされる時間が短かったのは良かったです。多少ソワソワしている様子は見受けられましたが、ジョッキーが上手くゲートを出してくれて、好位の外目という理想的な位置で競馬は出来たと思います。ただ、不良馬場で勝ちタイムが1分49秒台と、この馬にとっては時計が速すぎましたね。そして、今日はパドックでジョッキーが跨ってからかなりテンションが高かったです。前走は本馬場の直前に乗ったこともあり、そこまで煩いところを見せていなかったので、次走は何らかの工夫をしたいと思います。今回は昇級初戦でハンデも54kgと少し見込まれましたし、次はもう少し時計の掛かる馬場で競馬をさせてあげたいですね。この後はトレセンに戻って状態を確認させていただいてから、どうするか考えたいと思います」


上手くいけば掲示板、無理でも8着以内くらいは期待していたんですが、残念な結果に終わりました。
状態は良かったと思うんですが、ちょっとこの高速馬場は運がなかったですね。
今まで時計のかかる馬場で勝ってきてるだけに、ダート不良高速馬場の一番苦手な馬場になったといえるので。
敗因も騎手のコメントを見ると、もう一つやはり気正面があります^^;
この馬に関してはずっとつきまとう問題と言えますが・・・。
もちろん力負けという部分もあったと思います。
しかし昇級初戦ですし、敗因が明確なだけにそんなに悲観することもないでしょう。
これで3戦連続スタートを普通に出たのは収穫です。
出来ればこのまま使ってもらいたいですが、どうでしょう?
今回の調子を持続すれば、良馬場でもう少しはやれると思うので、それを一度見てから放牧出して欲しいですね。

ディグニファイド昇級戦

ディグニファイド
2018/09/27 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:26日に坂路コースで追い切り
次走予定:中山9月30日 内房ステークス〔丸田恭介〕

斉藤崇史調教師「26日に坂路で追い切りました。前走時と比べるともう一つ動切れませんでしたが、馬場が重たかったことが影響したものだと思います。馬格がある割には力のいる馬場では動き切れないところがあります。でも、前走同様に馬体の張り・艶が良く、体調は良いので、中山コースでどれだけいい走りを見せてくれるかですね。昇級戦になりますが、相手なりに走ってくれると思いますので、あとは上手くゲートを出てほしいですね」

2018/09/27 <出走情報(確定)>
 9/30(日)中山12R 内房ステークス〔D1,800m・16頭〕54 丸田恭介 発走16:25

2018/09/26 <調教タイム>
 助 手 9/26(水)栗坂良 55.3- 40.7- 27.0- 13.7 一杯に追う

全馬順調だった割に9月最初の出走から愛馬の出走が空きました。
夏休みの馬とかもいたので、時期的に仕方ない部分もありますが、その分秋は期待してますよ。
インディチャンプの予定が白紙になった為、この次の愛馬出走が10月末(;´Д`)
この子にはその分モチベーションアップに頑張ってもらえたらと思います。
なんかあまりにも去年から使われなかったせいか、1600万なんて上級クラスにいるという感覚がないんですよね。
よく考えたら歴代愛馬でもかなり出世してくれてるほうなんですけど^^;
自分の中の基準で、1000万クラスで上位争い出来るくらいになれば十分強い馬の認識です。
母のファストフレンドの晩成の血が出れば、まだやれるという見方も出来ます。
今回は昇級戦。
そんなに簡単ではないと思いますが、スタートさえ五分に出れば調教師の言うとおりそれなりに好走出来るんじゃないかとは思っています。
体調がいいのは間違いないと思うので。
そのスタート五分がすごく大変なんですけど、この2走とも上手く出してくれた丸田騎手にわざわざ合わせての遠征ですから、今回も頑張って欲しいですね。

ディグニファイド久しぶりの快勝!

アルモニカ、シルクドリーマーのレースに関してはまた公式コメントが出てから振り返りたいと思います。
アルモニカは残念。
ドリーマーは引退危機からよく頑張りました!

今日の小倉10レース、天草特別でディグニファイドが7番人気ながら約1年10ヵ月ぶりの勝利を飾りました。
とにかく丸田騎手が上手く乗ってくれましたね。
そこまでして馬を騎手のローテに合わせるってそれほどの騎手なの?とか言ってごめんなさい^^;
今回もゲート内で大暴れ。
よく合わせて普通に出てくれたと思いました。
そしてスムーズに気分よく流れに乗って、人気馬を競り落とす快勝!
戦前、調子も良さそうだし競馬場も合ってるので人気薄でも馬券圏内はあると期待していましたが、
それ以上の走りをしてくれたディグニファイドにもよく頑張ったと言いたいですね。

シルクFacebookより
丸田恭介騎手は「直線で先頭に立つとフッと気を抜く面を見せましたが、相手が迫ってくるとまた伸びてくれました」と話していました。


この馬、勝ち上がる時はかなり強い競馬をします。
正直成績が安定しないのは出遅れ癖があるのが7割方の理由でしょう。気性的な問題もあると思いますが。
スムーズに先行する形を取った時、0.4秒差、0.7秒差の勝ち方をしています。
1000万クラスに上がってからも出遅れの完敗を含めつつも、半年の骨折明けで臨んだレースで4着と、
このクラスでも通用する力の片鱗は見せていました。
なので数を使えば出遅れない時、またはうまく捲りをうてた時好走出来る可能性があると思っていました。
とにかく今回のレースはとにかく体調、スタート、騎乗の上手さ、コースとすべて揃った良いレースでした。



しかしここでちょっと振り返ってみます。
すごいイライラさせられ通しの2年でした。


昨年11月15日   骨折から復帰半年ぶり4着を受けて
斉藤崇史調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、特に疲れは見られません前走のようにペースが緩むあたりで惰性をつけて上がっていける小回りコースの方が今のこの馬にとっては競馬がし易いことを考えると、来年の小倉開催まで待つ方が良いと思います。

骨折で6ヵ月空いて4着、次走期待大なのに疲れもないのに3ヵ月も空けるの!?


1月26日   小倉目標と言ってたのに一向に牧場側にどのレースを使うかの指示をしなかった為、牧場側の仕上げが遅れてた
厩舎長「先日、斉藤崇史調教師が状態を確認されました。『小倉の2週目にも番組がありますが、まだ少し馬体に余裕がありますし、そこだと少し急仕上げになると思います。それなら3月3日の小倉・早鞆特別ならハンデ戦でもあるので、条件としては良いと思います。2月に入ってから帰厩させるつもりなので、このままピッチを上げてください』と仰っていました。この中間から馬体を引き締めるために週に3回坂路コースでハロン15秒を行い、負荷を掛けるようにしています。

これだけ長期間隔空けて(元気なのに)仕上げ間に合わないってどういうこと!?
競走馬の充実期の年齢なのに結局4ヵ月も空いたんですけど!?
それに2週目使えてれば2回使えた可能性もあったと思いますが。


3月5日    16頭立て、出遅れ9着を受けて
斉藤崇史調教師「注意されるのを覚悟で厩務員もゲート入りをギリギリまでさせずにいたのですが、それでも入ってからすぐに悪い面を見せていましたね。前に突っかかるので突っかかったタイミングでゲートが開けばポンと出てくれるのでしょうが、なかなかそういうわけにもいきませんからね。それに、遅れたとしてもどこかで動ければいいのですが、今日は内枠で行きたがってしまい動くに動けなかったです。優先出走権を獲ることが出来ませんでしたし、福島開催を目標にするならば節を空けないといけないと思いますので、放牧に出す予定でいます

まあ4月の福島目指すならこれは仕方ないか


3月28日  追い切りでそれなりの好時計出すも
斉藤崇史調教師「28日に坂路で追い切りました。いつものようにテンから出していき、馬の気持ちを損なわないように行いましたが、時計はまずまず出たものの、この馬本来の動きと比較すると物足りないなと感じました。調教後、獣医師に状態を診てもらったところ、背腰にかけてかなり張りがあることがわかりました。おそらく動き切れていないのはその影響があるのかもしれません。このままケアして進めていけないこともないですが、いい状態でレースに向かえるかとなると正直難しいかもしれません。先週末に戻したばかりで申し訳ありませんが、ここは放牧に出して馬体回復に専念したいと思います。近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」

うーん・・・気持ち的には悔しいけど馬の事を考えると仕方ないか・・・。こんな事ならしっかり小倉で2回使って欲しかった。


6月8日  
厩舎長「先週一杯はリフレッシュを兼ねてトレッドミルで運動していましたが、今週から再び乗り出しを開始し、坂路でハロン14秒から速い日はハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。心身ともにリフレッシュの効果が窺えますし、このまま帰厩に向けてピッチを上げていきます。斉藤崇史調教師から福島開催の2週目を目標に帰厩させたいと連絡がありました。早ければ来週か再来週には帰厩することになると思いますので、乗り込みを継続しながら移動に備えます。

今回は2月に仕上げ損ねた教訓からか、牧場側も調教師に言われる前に仕上げにかかっていました。
しかし結局前走からまた4ヵ月空くことに・・・。


7月8日 天の川特別 今年やっと2戦目、丸田騎手でスタートを珍しく普通に出て、15頭立て6着


7月11日  ようやく続戦宣言にガッツポーズ!
斉藤崇史調教師「福島からこちらに戻ってきた後も疲れが出ることもなく、状態は変わりありません。ゲートがスムーズならこのクラスでも差のない競馬をしてくれますし、次走もいい状態でレースに向かえるように調整していきたいと思います。今週いっぱいは軽めの調整で様子を見させていただき、その後も変わりないようであれば中2週空けて7月29日の小倉・響灘特別に向かいたいと考えています」

7月12日
13日に滋賀県・ノーザンファームしがらきに放牧予定 調教内容:軽めの調整
次走予定:新潟8月25日 瀬波温泉特別 斉藤崇史調教師「今朝軽く調教を行ったところ、やや疲れが見られますね。さすがに中2週で小倉までの輸送となると少し強行軍になりますので、数週間ほど短期放牧に出して馬体のケアを行ってもらおうと思います。前走で丸田騎手が上手くエスコートしてくれたこともありますし、引き続き乗ってもらいたいと考えているので、放牧先で順調に回復するようであれば、8月25日の新潟・瀬波温泉特別に出走させたいと思います。13日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」

馬優先は仕方ないとしても新潟って広いコース向いてるんだろうか?自分で小回りがいいって言って放置に近い放牧してたのに。
だから大きな怪我もないのに今年たった2走になってるのに。

7月20日
在厩場所:20日に栗東トレセンへ帰厩
次走予定:小倉8月5日 天草特別〔丸田恭介〕

斉藤崇史調教師「丸田騎手に騎乗してもらうために新潟開催に予定を変更させていただきましたが、丸田騎手から『8月5日の小倉記念に騎乗することになり、同日の天草特別は空いているのでいかがでしょうか』と打診がありました。しがらきに行ってすぐ戻せるか状態を確認したところ、疲れは回復し、状態は安定していることから、予定を早めさせていただくことにしました。20日の検疫が取れましたので帰厩させていただき、来週から仕上げに入っていきたいと思います」

小倉行けるやん!
1週間だけ放牧とか果たして意味があったのか?本当に疲れていたのか?馬優先じゃなく完全に騎手優先では?
しかしながら、恐らく小倉のこのコースはベスト。
調子もいい。ならば期待はしよう。

・・・・という流れだったんですよねぇ。
結果的に勝ったから良かったですが、この馬の扱い見てると正直信頼出来なくて・・・。
能力的にどうしようもないという感じなら、そりゃ厩舎も勝てる可能性高い馬を優先したいだろうし、多少放置的な放牧もあるかもしれませんが、とにかく使ってくれればそのうちっていう馬なのにあまりにも使わなさでストレス相当でした。
去年からこの厩舎に入る馬、欲しい馬ばかりなのにどうしても出資する気になりません。
ノーザンの期待馬多く預かってるだけに困ります。
最初からパスするより、検討したいですからねぇ。
レーヴドカナロア(去年本当は最初1番欲しかった)も新馬快勝しましたし、今後某不人気なY田厩舎のようにならないよう頑張ってもらいたいと思います。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん