FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

2017年7月 石垣島~マンタと出会う旅~ マンタシュノーケリング(中編)

そして3日目。
今回の旅のメインイベントです。
「マンタに会いたい!」
これがそもそもの今回の旅行のコンセプトでした。

しかしダイビングでは基本的にはマンタのいるようなポイントに行くには、ライセンスが必要で。
なんとか見る方法がないかなと探していると、シュノーケルでマンタを見るツアーってのが
いくつかあるではありませんか。
数あるショップの中から選んだのは「EDO石垣ブルーダイブ」さん。
http://www.edo-dive.com/

実は石垣島、ショップの数が100以上あるそうで。
ネットの書き込みなど見ましたがどうもピンからキリまである様子。
酷いところだと初心者なのに放置に近い状態とか、なんか怖い書き込みもいくつかあります。
とりあえずダイビングメインの話が多かったので、判断するのが難しかったのですが、
ここは変な評判もないし、お値段安め。そして1グループに水中カメラ1台貸し出しアリと充実してたため
総合的に判断して決めました。
ツアー内容は幻の島と言われる浜島上陸~魚がいる所にいってシュノーケリング~お昼ご飯~マンタシュノーケリング
の1日コースで申し込みました。

朝、宿まで車で迎えに来てもらい、そこから船のある港まで向かいます。
そして船に乗り込みいざ出発。
やや無口なインストラクターさんでしたが一通りシュノーケルの基本等キチンと説明もしてくれて浜島到着。
あれ、島って感じでもないな~って思いましたが、どうやらこれからどんどん潮が引いて全貌を表すそう。
とりあえずシュノーケルに慣れる意味で、浜島周辺を泳ぎました。
魚も割といましたねー。
621_large.jpg

647_large.jpg

657_large.jpg

これ実は産卵期は危険なモンガラの一種。縄張り入ると襲ってくるそうです。


そして船の方向に戻ることになり、あらビックリ。
こんな浅瀬になってる~。ここ海の真ん中だったのに。
683_large.jpg

さすが幻の島と言われてるだけあります。
みんなで記念撮影パシャパシャ。
670_large.jpg

ちなみにどこにどのくらいいるかとか多少融通きくみたいで、その辺はご相談されたらいいかも。
ただ、船に乗り合わせてるのがぼくらだけではなかったので、今回は言われる感じで周りました。
そして浜島を後にして、次のシュノーケルポイントへ。
しばらく船を走らせたあとポイントに到着。
わお~。けっこう深い^^;
浜から自分達でそんなに深くないところで簡単にするシュノーケルしか今まで体験したことなかったので
これはこれで新鮮でした。
多少なりともダイビングに近い感覚なのではないでしょうか。
海は深いですがウェットスーツもしっかり装備してるので、まず溺れるような事はありません。
ここで結構海の中を楽しみました。
717_large.jpg

741_large.jpg

721_large.jpg


お昼になり、昼ご飯食べるためにまた移動。
ある島で机なんか木の後ろに隠してありました。
その机を組み立ててお吸い物(味噌汁だったかも?)を入れてもらってお弁当を食べます。
747_large.jpg
意外と時間取ってくれるのでのんびり出来ました。
お吸い物もちょっと冷えた体に暖かくて美味しかったですね。

この後また船移動。いよいよマンタかな?と思ったら、さっきより更に深い魚が見れるポイントでした。
海峡とかが見えたり、深いだけあって魚もいそいそとしてるように見えず、悠々と泳いでるように見えます。
船で行くシュノーケルならではの景色が見れました(*^^*)
790_large.jpg

795_large.jpg

783_large.jpg

そしていよいよマンタがよく見れるというマンタスクランブルに移動。
意外とマンタの時間少ないんだな~。見れるかな?とちょっと心配してました。
行ってみて初めてその理由が分かったのですが・・・。

マンタスクランブルに到着すると、他のショップの船がかなりの数浮いてました。
他の船との兼ね合いもあるのか、なかなか停泊しませんでしたがようやく船も止まって。
ここではインストラクターに付いていくように注意を受け、浮きをいくつか繋げたものを
インストラクターの人が引っ張っていきます。
結構早くて、個人的には付いていくのに必死でした^^;
他の人はそうでもなかったように見えたので、フィンを付けてのぼくの泳ぎが下手なんでしょう。
しかしここの海は視界ほぼゼロでした^^;
かなり濁ってるんですよね。魚もほっとんどいなくて。
マンタを探しながら移動するも、マンタどころか本当に魚影が見えません。
それで気づきました。
あー。色々サンゴがあって魚がいるポイントに沢山連れて行ってくれたのはこの為か~。
マンタスクランブルはマンタ見れる確率は高いとはいえ、結局のところ運次第。
長時間探したほうが見れる確率上がるのは道理だけど、ここつまんないわ(笑)
見れずに終わったら、けっこう非難もありそうかもってくらい。
しかし今回の目的はあくまでマンタを見ること。
必死で探しましたよ。
何もいないー、、、いてもこれ透明度低すぎて見逃してるかも?。。。

そんな風に心が折れかけた時に、インストラクターさんがいるって言ってる感じ!?
ぼくも探しました。
いた!いたよー!
下の方でマンタが悠々と泳いでました。
悠々とに見えたのも束の間。
え、はやっ!
写真撮り損ねました。一応撮ったけど後で見ると何も写っていなくて(>_<)
というか濁りすぎててちょっと離れたらもう一瞬で姿見えなくなったんですよね。
友達が撮ってるのに一縷の望みをかけて時間も来たので終了。
ええ、素敵な動画撮ってくれてました(*'▽')
アクションカムは基本ずっと撮ってるから写真のような動作いらない分こういう時はいいですね。
ほんとは動画上げたかったんですが、アップの仕方わからんw
このブログ自体まだ使い方3割くらいしかわかってませんw



追記 動画挿入(*'▽')


いやぁ~しかし見れてよかった。
やっぱり見つけた時には大興奮。
すぐにいなくなったけど、じわじわと嬉しさが湧いてきて感無量でした。

最後になりましたが、ブルーダイブさんにはお世話になりました。
ここしか体験してないのでなんとも言えないところはあるけど、かなり良いショップだったと思います。
船上でも暖かいお茶を用意してくれて、ちょくちょく水分補給も出来たし、飴なんかも配ってくれたり。
いろいろ情報見てるときに、水分補給のため大きめの水を持って行ったほうがいいって記事も読んだし
マンタスクランブルは潮の流れが速くて危険みたいなんですが(それで初心者ダイバーはダメとなってる)、
浮きの束の近くで泳ぐようにと、危険が極力ないような配慮してくれてたと思います。
カメラもおもちゃみたいなものだろうと思ってたら、とんでもない。オリンパスの中々いいカメラ。
自分でカメラなくてもこの写真のようにかなり思い出に残る写真が撮れます。
しかも終わったらメモリーカードごとデータをくれました。
事前に見てた酷い記事のショップと比べると雲泥の差でしたね^^;
もしかしたらもっといいショップもあるかもしれませんが、どこ選べばいいか分からなくて不安って方は、
少なくともシュノーケリングに関してはここ選べば安心できると思いますよ。

最後も宿まで車で送っていただきました。
疲れもあって直に送ってくれるのは助かりました。
その後各自シャワー浴びて、ユーグレナモールにお土産を買いに行きました。
実はメンバーの1人がこの旅行中誕生日だったので、軽くサプライズお祝いしましょうって事で、
ぼくが話しながら引き留めてる間に後の2人に何か買って来てもらう事にしました。
お土産も買い終わり、夕飯の時間までちょっと時間あったのでA&Wに。
そこで時間潰してから予約していた「まるさ」美崎店へ行きました。
海鮮メインのお店です。
基本自分は魚介類あまり好きではないんですが、石垣島は離島だけあって割と海産物の店も多いんですよね。
だから一店入れてみました。

ぼくが言ってもあまり信憑性ないのですが、まわりの人は美味しいと言ってました(笑)

ここで誕生日プレゼント。
どうやら2人はTシャツを選んだようです。
喜んでもらえたかな?

最後の夜もこうして更けて行きました。
その後飲みに行ったのはまた別のお話。












スポンサーサイト



2017年7月 石垣島~マンタと出会う旅~ 川平湾、小浜島 (前編)

今年実は沖縄に4回行ったんですが、折角ブログを始めたので少し前になりますが
7月の石垣旅行について書いてみようかなと思います。

ぼくは大阪に住んでるんですが、とにかく飛行機は安くて便利な(時間)のを優先して取ります。
今回は行きがジェットスターで那覇まで、那覇から乗り継いでソラシドエアで石垣へ行きました。
関西国際空港8:15~那覇10:20分 ジェットスター 8500円
那覇11:15~石垣12:20 ソラシドエア 5000円
この時期のを1月終わり発売直後に取ってるんで片道2つ合わせて13500円ほど(*'▽')
しかも12時過ぎには石垣につくので、着いた日もそれなりに遊べるんですねぇ。
さすがに夏シーズンで高くて3連休の時とか取れる値段じゃなかったので、しかたなく七夕の日から金~月まで3泊4日。
帰りはJALで石垣から関空まで直行便16500円、20時発。往復3万で最終日まで遊べてしまうプランです。

実は行きの乗り継ぎが1時間ほど、しかも他会社って事で乗り継ぎにはかなり不安ありましたが、
実際やってみると降り場からそのまま乗り場に向かえる事が分かったので、今後も使えるプランだなと思いました。
注意点は同じ第一ターミナルである事。ピーチは那覇の第2ターミナルに着くけど、ジェットスターはLCCでありながら
第一ターミナルに着くのがポイント
もう一つ、遅れやすいLCCだけど朝一はさすがに遅れないだろうという希望的観測( ..)
ただ他会社なので当然飛行機遅れとか保証はないのでその辺自己責任になります。
でも季節外や火~木以外だと基本直行便の方がだいぶ高いので選択肢の一つになると思います。

さて石垣ですが、今回は友達4人での旅行。
着いてまずレンタカーを借ります。途中で車を返すなら空港近くと市街地近くの両方に店があるところが理想。
空港で借りて旅行の途中で市街地外れで返して、その店舗から市街地までは送ってもらえるからです。
本来なら北の方から島の外側を周って観光、そして市街地のホテルに泊まるのが理想だと思いますが、
今回全員2度目ということで地元の人に最近出来て美味しいと聞いた平良食堂へ八重山そばを食べに行きました。
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47013932/

確かに美味しかったですが、個人的には今まで食べた中で一番美味しいのはやっぱり来夏世(くなつゆ)かなぁ。
まあ行って損はない店だと思います。
この辺泊まるなら十分満足できる店ではないかと。
その後今回の予定では米原ビーチに行く予定だったのですが、折角だしその前にミシュランでも紹介されてる
世界的に有名な川平湾へ。
いやぁ~やっぱり素晴らしい海ですね。
エメラルドグリーンで綺麗な海は沖縄には沢山ありますが、この海の色のグラディエーション?
ここまで色合いに深みがあるところは、なかなかないんじゃないかと思います。
川平湾

川平湾1

ちょっと泳ぐ時間が微妙になったのでどうするか迷いましたが思い切って米原海岸へ。
ここ意外といいんですよねー。魚が豊富。
時期的なものかちっちゃい魚が多かったですが、軽いシュノーケル十分楽しめました。
石垣島は山があるため、土が海に流れ込んで、それほど海には期待できないと聞きますが
透明度もかなりのものでしたよ。

その後市街地に戻り、今回取っていた一軒家「ぷちハウス」さんにチェックイン。
実は2年前に来た時もここに泊まったんですが、4人くらいで泊まるなら最高の宿だと思います。
一軒丸貸しなのでなんかみんなでワイワイも出来るし、出入りも自由だし。
人数が多ければその辺のビジネスホテルよりお手頃価格になります。

本当はこの後夕陽見る予定にしてたんですが、とてもとても厚い雲(-_-;)
ちょっとこれは無理だなぁって事で、軽くユーグレナモール見た後、予約してた「三線ライブ ゆにば」さんへ
料理もお手頃価格で美味しいし、ライブも最高でした!
279_large.jpg

365_large.jpg

353_large_convert_20171009161029.jpg

355_large_convert_20171009161056.jpg

359_large_convert_20171009161115.jpg

360_large_convert_20171009161155.jpg

363_large_convert_20171009161217.jpg
まだ出来て1年とそんなに知られてないので、ライブの有名店よりいいかもしれませんよ。

その後店の方に星見るのにいい場所を聞くと、近くならサザンゲートブリッジ越えた海辺の公園辺りおススメしてもらったので、
厚い厚い雲があるけど一応近くだし行ってみようって事になりました。
えー、星素人として新月がいいとか考えてませんでした。
そしてこの分厚い雲と満月2日前の素晴らしいお月様、お判りいただけるでしょうか?(*ノωノ)
57_large.jpg

66_large.jpg

星どこ?(笑)

しかしながら今日は七夕。等級の高いベガとアルタイル、デネブの夏の大三角形”のみ”なんとか見ることが出来ましたよ。
やあ満足満足( ノД`)シクシク…

今度星メインで八重山諸島来るときは新月辺りも考えないとなぁ。
そんな感じで1日目は楽しく過ごすことが出来たのでした。


二日目は朝ごはんにこの日まで借りておいた車で「豆腐の比嘉」へ
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47001361/

376_large.jpg

377_large.jpg

ここは本当朝ごはんにうってつけです。
やや市街地外れなので、港近くに宿取ってるなら最低自転車は必要かもしれません。
前日沢山飲んだ胃にもやさしく染み渡る滋養ある豆腐。
豆腐の味自体しっかりありますが、味噌つけて食べるとまた格別でしたね。

その後、この日小浜島に行く予定にしてたので、レンタカーを返却に。
なんか日をまたいでますが、2日分の料金でなく1泊で1日料金って形でお得でした。
返したお店からまた港まで送ってもらい、いざ小浜島へ。
ぼく、小浜島を楽しむためになんとNHKでやってた「ちゅらさん」半分くらい見て臨みました(笑)
帰ってから全部見ましたがやっぱり見知った風景出てくるとアガりましたね。

まずは一番高い大岳へ
398_large.jpg
かなりこの階段はしんどいですが、頑張って登る甲斐はありますよ。
上からみる景色が素晴らしかったです。
78_large.jpg

80_large.jpg

89_large.jpg

小浜島は自転車では起伏が激しく、ベストは原付バイクらしいのですが、4人いたのでレンタカー
のほうが割安なのでレンタカー借りて周りました。
周ってから判ったことですが、思ってた以上に広いので自転車の選択はちょっとあり得ないと思いました。

レンタカー借りたおじさんに教えてもらったスポットの一つ、廃墟になりつつあるリゾートホテルの辺りも
なかなか趣があってよかったです。
宮殿ぽいホテル?は営業してるようでした。
101_large.jpg

103_large.jpg

104_large.jpg

106_large.jpg

本当はちゅさらんに出てくる和也の木を見てみたかったんですが、現在私有地として立ち入り禁止になってます。
遠くからなんとなく雰囲気だけ映してみました。
140_large.jpg

こんなマングローブもあります。島自体は小さいけど終始雰囲気が良い場所ばかりで周ってて楽しかったです。
121_large.jpg

125_large.jpg

細崎にあるマンタ公園
ここは風も気落ちよくついのんびりしちゃいました。
とりあえず自分はっきり映ってるの省いたので、ちょっと景色が分かりにくいですが、
芝生もあって気持ちいいところです。個人的にはかなりおススメ。
151_large.jpg

456_large.jpg

そして行きましたよ!シュガーロード!
サトウキビ畑をどこまでも真っすぐ一本道が続いてる「ちゅらさん」でお馴染みの道です。
感動です。ほんと長い道ですね~。
雰囲気も抜群!
152_large.jpg

465_large.jpg

この後ヤシの木っていうおしゃれなカフェでお昼ご飯。
カレーがなかなか美味でした。
442_large.jpg

444_large.jpg

そしていよいよ個人的に興奮のこはぐら荘へ。
132_large.jpg


ええ、こここそ知る人ぞ知るちゅらさんに出てくるあの古波蔵恵理の生家にして、
和也、文也と運命の出会いをした場所ですよ(*'▽')
ちゅらさん知らないとなんの思い入れもないと思いますが知ってれば大興奮(笑)

これで小浜島の主要なところは大体周りました。車で正解でしたね。
あとはいむるぶしというリゾートホテルが小浜の主な場所です。
今回はそこには行きませんでしたが、1日中まったり遊べるような施設が揃ってるみたいですね。
ちょっと16時には出たかったのでここまでは行けませんでした。
とにかく小浜島は雰囲気がいい。
どこに行ってもです。なんか原風景って感じがすごいしました。
何もない島とも言えますが、それがまたいいんですよね。
一度は行ってみて損はない島だと思います。

石垣島に着いたら公園でフェスタやってました。
483_large.jpg

281_large.jpg

地元の人が集まるけっこう大きなイベントだったみたい。観光メインじゃなかったらこういうところで
昼からお酒飲んでもまた楽しかったんでしょうね。

そして早めの16時半に帰ったのには理由があります。
ウフフ(*´艸`*)
それは石垣牛の為!
そう「炭火焼肉 やまもと」です!
485_large.jpg

2年前来た時も行きましたが美味しくて美味しくて。
でも19時くらいだと1つ目のサイクルで上がすべて売り切れてるんですよね。
今回はそのリベンジというか、え、あれより美味しいの?ってのを味わいたくて開店の17時で予約してたんですねぇ。
とりあえず上ロース、上カルビ、しゃぶしゃぶと上頼みまくります(笑)
487_large.jpg

488_large.jpg

489_large.jpg

491_large.jpg

490_large.jpg

やばい・・期待通り超美味しい!!(*'▽')
上は脂も乗ってるので一通り味わって丁度いい満足感でした。
いやぁ~。石垣牛美味しすぎ♪
ここは予約をだいぶ前からしないと取れないくらいの人気店なので
予定に組み込むのがちょっと大変なんですが、組み込む価値はありますね。
また石垣来たら食べたいです。石垣牛。

この後、フリータイムにしてましたが、なんか家でのんびりしてた気がします。
今回の石垣はゆっくりっていうのも目標にしてたんで、必要以上に予定は組み込みませんでした。
それはそれで旅行でリフレッシュ出来ますもんね。
夜は飲み屋など行きましたがそれはまた別のお話。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん