FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

レーヌドブリエをふりかえる

レーヌドブリエ
2018/01/29 <レース結果>
 28日(日)京都10R 飛鳥ステークス〔芝1,800m・11頭〕11着[8人気]

五分にスタートを決めると、無理せず後方に位置を下げて折り合いを付けていきます。流れが速くなったあたりで置かれ気味になり、最後の直線も本来の末脚を見せることなく、着外に敗れています。

四位洋文騎手「スタートから無理せずに後方でじっくり構えていましたが、以前乗せてもらった時は道中ハミを噛んで行きたがるくらいの馬だったのに、今日のペースでも全然ガツンとくるところがなくて、まるで別馬のようでした。時期的なものもあると思いますが、硬さもあって下り坂で躓くような感じで走っていたので、直線では無理をさせませんでした」

矢作芳人調教師「時期的なこともあって硬さは確かにありましたが、追い切りでは良い頃の動きとは言えないものの、まずまずいい走りを見せていたので、前走をひと叩きして良くなっていると判断し、中1週で出走させていただきました。ただ、いつもなら折り合いを付けるのに苦労するぐらいなのに、思いのほか折り合いが付き過ぎている感じでしたので、これが良いのか半信半疑でレースを見ていましたが、四位騎手の話では気持ちが全然乗っていなかったようです。いくら状態が良い頃に比べひと息とはいえ、ここまで負けるような馬ではありませんが、ここから立て直すには時間が必要だと思います。母の血を伝えることもこの馬には求められていますし、これ以上は無理をさせない方がいいでしょう。常に注目される存在の中で30戦もタフに走り続けてくれましたし、4勝も挙げてくれて本当によく頑張ってくれたと思います」

レース後、矢作芳人調教師と今後について協議を行った結果、引退期限である本年3月までには2ヶ月あるものの、その期間内にいい状態で出走させることは難しい状況であることから、今回のレースをもちまして引退することとなりました。近日中に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は繁殖牝馬となる予定ですが、詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。2歳10月のデビューから30戦無事に走り終えた本馬へのご声援誠にありがとうございました。



ついにこの日が来ました。
数少ない愛馬の中でも唯一丈夫に怪我無く走り続けてくれたレーヌドブリエ。
3歳時には2連勝し、一時期クラシック出走の夢もみれました。
ローズSという秋の牝馬王道レースで夢を見れたのもいい思い出です。
そのレースこそ大敗しましたが、引退間際のレースを除いて雨が降ったレース以外はことごとく好走してくれました。
ここまで明確に雨がダメだった馬も珍しく分かりやすいキャラでしたね。

改めて思いますが、本当に馬主孝行な馬でした。
小さな馬だったのにとにかく丈夫で一生懸命走ってくれて。
生涯出走数は現時点ですがシルクのこの世代でNO.1だったりします。
この世代の賞金も現時点ですが第4位。
自分の過去の馬の中でも本賞金第4位、すべての賞金にすれば第3位に入る活躍ぶり。
もちろん牝馬では群を抜いて過去最高の成績を納めてくれました。
去年なんかはただでさえ馬が少ない自分。その中で骨折休養に入る他の愛馬たち。
そこで年明けから小さな短期放牧挟みつつ11戦もしてくれたんですよね。
しかも出るレースすべて勝てるかもっていう期待付きで。
去年の秋の状態ならひょっとして重賞でも?というくらいの夢をみさせてもらいました。

このブログ始めた一番キッカケの馬でもあるんですよね。
とにかく愛馬が好走してくれた喜び、楽しさをなにか書きたくて仕方ない!みたいな気持ちの呼び水になったのは間違いなくこの子のおかげでした。
これ見てください。

8月
5日 札幌11R 札幌日経OP 芝2600 (OP)
シルクドリーマー 5番人気 2着

12日 小倉10R 宮崎特別 芝2000 (1000万下)
レーヌドブリエ 3番人気 2着


9月
2日 新潟10R 弥彦特別 芝1800 (1000万下)
レーヌドブリエ 3番人気 3着

23日 阪神10R 夕月特別 芝1800 (1000万下)
レーヌドブリエ 5番人気 優勝

10月
1日 阪神5R 2歳新馬 芝1400 (新馬)
アルモニカ 1番人気 優勝

14日 京都11R 清水S 芝1600 (1600万下)
レーヌドブリエ 3番人気 2着



この子とアルモニカの連勝のシーンからこのブログは始まりました。
この6戦の中に4戦も入ってます。
いつも好走してくれて、楽しくて仕方ない気持ちが膨れ上がってついに爆発した形。
何度か書いてますが、競馬熱が冷めてたのに呼び戻すキッカケをくれた貴重な一頭。
今では楽しくて仕方ありません。
第二の一口人生といっても過言ではないでしょう。
そういう気持ちをくれたこの子は過去の愛馬でも特別な一頭となりました。
たくさん走って、たくさん楽しませてくれたね。
今後は繁殖牝馬として、メジロドーベルの偉大な血を後世に伝えるという大変な役割が待ってますがこの子ならやってくれると信じてます。
今はしばしの休息を。
そしてレイクヴィラファームからはシルクにもよく馬を出してくれてるので、きっとこの子の子供を出してくれる事もあるでしょう。
その時関われるかどうかは分かりませんが、この子の子供たちは掛け値なしに応援していきたいですね。
改めてありがとう。
一口馬主冥利に尽きる名馬でした。
スポンサーサイト



ラストランかも

飛鳥ステークスのレーヌドブリエ。
結果かなり離された最下位でした。

前走相当ひどい競馬されたので普通に走らせればとの思いもあったんですが、
四位騎手最後方追走から、直線追わず。
勝つ気ないという意味で言えば前走よりひどい競馬だったと思います。
なにか馬体に不安を感じたとかであればそういう判断は好判断だと思いますが、
もしそうでなければ引退が近いなんて知る由もないファンからすれば、八百長と取られても仕方ない競馬です。
専門誌の中で本命打ってるのも一誌あったみたいだし。
追走が苦しくての最後方追走はよしとして、直線はしっかり追うべきだったと思うんですが。。

まあ出資者としては馬体に故障がないのを祈るばかりですね。
こういうレースを続けた以上、出ても意味がないと思うので恐らくこれで引退でしょう。
決定はしてませんが、ここで一言言っておきます。
レーヌドブリエ、長い間楽しませてくれて、丈夫にコンスタントに一生懸命走ってくれてお疲れさまでした。
本当にありがとう!

怒り心頭の騎乗

インディチャンプが最高の結果に終わった同日、10R にも愛馬のレーヌドブリエが出走してました。
結論から言うと天国と地獄?
結果としては9頭立て7着。
国分恭介騎手の騎乗が最悪でした。
一口やってますと、どうしても愛馬への思い入れのため、騎手には辛めのジャッジになってしまうことがままありますが、
そういうレベルの騎乗ではありませんでした。




好スタートを切って、そのまま行く気になれば楽に先行すら出来る形。
ただレーヌドブリエは差し馬なので、そこで少し抑えたのはまだ分かります。
少しならね?

どんどん下がって、最後方。
そして最後方の馬から更に5,6馬身後ろ。
えっと・・・・・・・・。
そこまで下げる意味が何一つ分からないんですが(^_^メ)
そしてそこから道中少しずつ脚を使って一つ前の馬に取り付きます。
そこまで下げた為に滅茶苦茶無駄足使ってますよね。
更に4コーナー大外ぶん回しキター!
どこまで無駄足使えば気が済むのでしょう。

国分恭介騎手は「もう少し楽に追走できると思っていましたが、少し位置取りが後ろになってしまいました。折り合いはついていましたし、手応えも良かったですが、もう一つ伸びてくれませんでした

いやいやいや。
最初にあそこまで下げたら前に取り付こうとそりゃ追走きつくなるよね。
少しの意味知ってますか?
そしてあれだけ無駄足つかってて伸びたら化け物ですよね(/・ω・)/

ここ数年愛馬の騎乗にいろんな騎手に(向こうにしてみれば言われのないw)ケチもつけたりしましたが、
一番下手に乗られたと思います。
勝つ気あるどころか負ける為の騎乗したようにすら感じるし^^;
もう二度と乗って欲しくないなー。
レーヌドブリエは3月までに引退が決まってます。
貴重な一戦を無駄にしました。
もうあと1,2戦。
それなり以上の騎手でよろしくお願いします。

悔しすぎるハナ差

本当に惜しく悔しい結果となりました。
レーヌドブリエ、ハナ差の2着。
しかも最後はクビの上げ下げのタイミングですからね~。

準オープンにしては、そのクラス上位常連みたいな骨っぽいメンバーはおらず、
レッドアヴァンセさえ負かせばというレースで、今回は昇級初戦とはいえ、勝てるチャンスでした。
レッドが負けたのは休み明けの状態もあるかもしれませんが、やはり斤量差が堪えたのでしょうか。
でも結果的にレーヌドブリエが負けた理由もその斤量差ですよね。
仕方ないといえば仕方ないんですが、直線抜けだして来たとき、勝ったと思っただけに
余計悔しかったです。(馬券も。。)
勝ったミスパンテールは、春のチューリップ賞でソウルスターリングの2着。
実力馬が51キロですから、運も悪かった。

しかしながらレーヌドブリエの充実ぶりをハッキリと示してくれたレースになりました。
このレースが出来るなら、府中牝馬選んでも大負けはしなかったでしょうね(展開的に勝てたとは思えませんが)。
こちらを選んだ事にはまったく文句もありませんし、レーヌもよく期待に応えて走ってくれました。

なのになぜこれだけ悔しいのか?
それは6歳3月までの引退期限がもうすぐそこに見えてるから。
さすがにここまで4戦してきたので、馬の調子は良くても短期放牧に出ると思われます。
今回もう普通のG3くらいなら十分勝負になる力をつけてると確信しました。
期限がなければ1600万の壁が厚かろうと何度かのチャンスのうちに勝ち上がってくれると信じてます。
そして上のクラスでも通用するだろうという期待と、その上のレースにあとどれだけ挑戦出来るのかというもどかしさ。
ここで勝ってたなら、次はオープン。おそらく重賞も含めてのレース選択だったと思うし、
そこで何度か回数も挑戦するチャンスがあったんですよね。
ただ、ここを勝ちあがれなかった事で、もし仮に次走以降に1600万を早めに勝てたとしても、
その時にはもう期限。挑戦出来ても1度、よくて2度でしょう。
正直焦ってます。
ここにきてようやく完成してきたのに、そこでほとんど挑戦することなく引退だから。

普通なら特例の期限引き延ばしはあってもいいと思うし、望みたいんですが、
この馬は残念なことにといっては失礼になるけど、超良血なんですよね^^;
名牝メジロドーベルの最高傑作。
牧場側としても、競馬に残しておくリスクより将来の仔を期待するでしょう。
しかも矢作厩舎はタレント揃いの厩舎だから無理に残す必要もないだろうし。
やっぱり厳しいんだろうなぁ・・・。
ハァ。。とりあえず気持ちを切り替えて、残りの数少ない競争生活、
怪我無く無事にそして強く走ってくれることを願います。

レーヌドブリエ清水Sへ

レーヌドブリエが府中牝馬か清水Sかこの中間すごいドキドキしてましたがようやく情報が出ました。
日刊競馬によると
「府中牝馬Sに登録のあったミスパンテール(牝3、昆)とレーヌドブリエ(牝5、矢作)は14日京都の清水S(1600万、芝1600メートル)、リエノテソーロ(牝3、武井)は15日新潟の信越S(オープン、芝1400メートル)へ、それぞれ向かう。」
だそう。
シルク公式ではありませんが、記事になったところをみるとまあ間違いなさそう。
ここにきての充実度で、あの豪華メンバー相手にどんな競馬してくれるかっていう期待もあったけど
まあ仕方ない。
せっかく自己条件選んだからには好走してほしいところ。

メンバーをざっと見たところ、春活躍して秋にちょっと躓いた3歳馬と1600万で経験積んでる古馬、
そして実力上位から1000万クラスを勝ち上がったレッドアヴァンセとレーヌドブリエって感じですね。
すでに1600万クラスで好勝負してたフロムマイハート他、上のクラスの馬と好勝負してたレーヌなら
昇級初戦とはいえ、十分勝ち負けも期待出来そうなメンバー。
一番の強敵はレッドアヴァンセとして、他だとサロニカを筆頭に春活躍してた3歳数頭、
それから古馬ではデンコウリキ、マコトサダイジンくらいかぁ。
実力抜けてるとは思わないけど、少なくとも3歳馬とは同等程度だろうし。
やっぱり勝ち負け大いに期待してしまいます。
問題は騎手ですね。
この馬に関してはレースはいいところ選んでくれてると思うんですが、騎手は大いに不満。
ようやくここにきて川田騎手が相性も良さそうで是非ずっとって思ってたのに、
よりによって1番強敵のレッドアヴァンセの鞍上になるとはついてない( ;´Д`)
いい騎手は東京にほとんど行ってるけど、なんとかそれなりの騎手確保してほしいなぁ。
騎手がどれだけ大事かはここ3戦で大いに思い知りました。
幸とかソツなく乗ってくれそうだけど矢作厩舎付き合いあまりなさげ。
チャンスは大いにあるんで、個人的に中谷や坂井は避けてほしいけど、さてどうなるでしょうか^^;

実はもう一点。
ホントの強敵は馬場?
雨予報らしく、良馬場で走るなら間違いなく凡走はしないと自信あるんですが、
この馬、今まで雨降って馬場が少しでも悪いと不可解にみえるほどの負け方してきてるんですよね。
成績安定しだしてから変な大敗したのは馬場悪い時だけじゃないかな?
丁度1年前に2番人気13着とかありますね^^;
ここしばらくずっと良馬場だったので、成長とともになんとかそういう馬場もこなせるようになってればと希望的観測。
そして天気予報ほど雨の影響ありませんようにとこれまた願うしかないですね。
なんとか天気もって、いいレース期待してます。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん