FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

シルクの東高西低

シルクの2歳馬達、絶好調ですね。
先週までに18頭勝ち上がり。
秋競馬の猛攻で水をあけられそうになってたキャロット馬の勝ち星を上回りました。

でも一つ気になる点が。
18頭中関西馬3頭だと!?
この中に愛馬のアルモニカが入ってるのは良かったけど、、、完全に東高西低ですね。
1番大きな理由としては、ノーザンになった天栄と美浦の連携がうまく行ってるって事でしょうね。
勝負レースには必ずルメールの名前が。
そして勝つんですよね^^;

昔のシルクは競馬サークルの流れ同様西高東低だったはずなんだけど、
しばらく競馬浦島してるうちにこんなことになってたんですねー。
こんな事なら気になった関東馬、もっと真剣に候補として考えればよかった((+_+))
連携だけじゃなく、どう贔屓目にみても馬の質自体、全体レベルで関東馬のほうが上ですよね?
まあまだ2歳戦なんで関西馬もこれからなんでしょうけど、この時期に勝ってないとすでにクラシック路線は微妙な気配。
今年の募集馬もトップクラスは関東馬ばかり取り上げられてたしなぁ。
本当は自分は関西なので、身近にいける関西馬のほうがいいんだけど、馬と厩舎が気に入れば
関東馬も関東っていうマイナスファクター付けないほうがよさそうですね。
ちょっとその辺も今後考慮していきたいと思います。
スポンサーサイト



いよいよファンタジーステークス

えー。旅行行ってました(笑)
帰ってきたら待ちに待ったアルモニカのファンタジーSがもう目の前ですよ。
もう楽しみとしか言いようがありません。
デビュー戦は1番人気になったとはいえ、まだ走った事もないということで期待もしつつ
まだ不安も大きかったんです。
しかしデビュー戦見た今回は不安なんかほぼなくて、期待しか持てません(^O^)
メンバーを見ると2戦以上してる実績馬が上位人気になりそう。
ただ、1戦1勝馬の中ではアルモニカはトップクラスに人気しそうですね。
3~6番人気辺りに入りそう。重賞で印付くってうれしいです。
親バカではなく実績馬を凌駕出来るポテンシャルはあると思うんですよね。
今までの愛馬の重賞挑戦の中ではかなりの期待感です。
それだけの走りを初戦はしてくれました。
だから競馬場で生で見たい!なのに仕事だって!?(-_-メ)
この前のレーヌドブリエの清水Sの日も仕事で行けず。
期待出来たので出来れば生観戦したいところでしたが。
(勝ったと思ったハナ差、生で見てたら発狂してたかもですが(笑))
幸い午前中には終わりそうなので、重賞勝てるチャンスがある今回はなんとか生観戦したいですね。
口取りもまた応募してみます。新馬戦口取り外れたから勝てたなんて事はないと思いたいw
あ~とにかく楽しみで仕方ないです^^

そしてレーヌドブリエが11月18日のユートピアS目標だとか。
放牧出たとこだったのでこれにはちょっとびっくり^^;
続戦出来る状態、疲れもないってずっと言われてるので、状態自体はいいんでしょうけど。
陣営的にもやっぱりなんとか早くオープンへって気持ちあるんでしょうね。
すごい短期の放牧だったけど気分のリフレッシュにはなったと思うので、また勝ち負け期待したいですね。
これで3日、11日、18日、12月2日かー。
5頭しかいないのに愛馬ちゃん達がインディチャンプ除いて全馬出走決定とか波に乗ってて怖い・・・けどうれしい(笑)

まず今週アルモニカの好走に期待です。
後に続く馬に勢いを。先陣切って頑張れ!

馬の入れ替えと予定決定

さて、今週は愛馬の出走もなく小休止。
しかしシルクからの情報でいろいろ動きがありました。
まず入厩馬の2頭から見てみましょう。


◎アルモニカ(牝2)
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:18日に坂路で追い切り
次走予定:京都11月3日 ファンタジーステークス(GⅢ)〔田辺裕信〕

西村真幸調教師「前走後は坂路調教以外に、心肺機能を高めるためにプール調教を取り入れて調整しました。競馬が再来週に近づいているので、18日の坂路での追い切りは、少しテンから仕掛けてみました。ラスト1ハロンは脚が上がってしまいましたが、馬場が少し重くなっていた時間帯でもありましたし、これから本数を重ねていくにつれて動けるようになっていくでしょう。前走騎乗した松若騎手から乗れないと連絡があったので、上位のジョッキーを探していたところ、田辺騎手が空いていましたのでお願いしました。乗り難しい馬ではありませんし、田辺騎手もレースを見て好感触を持ってくれているようなので、いい状態でバトンを渡せるように調整していきたいと思います」

2017/10/18 <調教タイム>
 助 手 10.18栗坂稍 53.8- 40.1- 27.5- 14.7 一杯に追う


おお~。乗り役が田辺騎手と決まりました(おもむろに検索)。
ふむふむ、関東ではかなり勝ち鞍あげてるジョッキーですね。
まずまずいいところ確保出来たんじゃないでしょうか?
実はここ数年適当に競馬してたので、関東の騎手とかほぼ知らないんですよね^^;
現在リーディングの戸崎騎手ですらどういう特徴があるのか知らなかったり・・・。
横典や蛯名なら詳しく、ぎりぎり内田騎手くらいまでは分かるんですけどね~。
血統もそう。ちょっとこの辺のブランクを埋めていかないとって思ってます。
まあアルモニカは乗り難しい馬じゃないんで、よい結果残してくれると期待してますよ!


◎レーヌドブリエ(牝5)
矢作芳人調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特に疲れもなく元気いっぱいなので、このまま続けて出走できるレベルではありますが、これまでの疲れを取る為に一息入れることにしました。昇級初戦であれだけ差のない競馬をしてくれたのですから、来年の引退期限までにもう一花咲かせてあげたいですね。放牧先で状態を確認しながら今後の予定を立てていきたいと思います。17日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」


予想通り短期放牧出ましたね。
ここ4走よく頑張ってくれました。
しっかり癒してあげてほしいと思います。
しかし調教師から2度目の引退期限までにって言葉が出ましたね^^;
期限延長は難しいのかなぁ。
まあまだ少し先の話なので、あと数戦どんなレースぶりを見せてくれるか。
それからの話でしょう。


◎インディチャンプ(牡2)
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でラスト1ハロン15秒
次走予定:未定

厩舎長「疲れが出ることもなく、ここまで順調そのものですね。この中間は坂路でハロン16秒からラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばしてみましたが、しっかりとした脚取りで登坂していました。来週あたりからハロン15秒の調教を開始し、入厩に向けてドンドン進めていく予定です。馬体重は462kgです」

いいですね。順調順調。
このままいけば入厩の予定も近く立ってくるんじゃないかと思います。


◎ディグニファイド
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒
次走予定:福島11月11日 福島放送賞

厩舎長「先日、斉藤崇史調教師が状態を確認したところ、『順調に進められているようですし、来週の検疫で帰厩させてトレセンで進めていきたいと思います。順調に仕上がりようであれば、11月11日の福島・福島放送賞に向かいたいと考えています』と仰っていました。移動後は少し落ち着きがないところを見せていましたが、今ではだいぶ集中してくれるようになりました。登坂回数を重ねていく毎に、調教の動きも息づかいもシッカリしてきましたので、このまま帰厩に備えて乗り込んでいきたいと思います。馬体重は552kgです」


◎シルクドリーマー
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズステークス(GⅡ)
 
天栄担当者「この中間も特に問題なく調整を続けています。脚元の状態は落ち着いていますし、体調面も特に問題ありません。このまま予定のレースに向けて進めていきたいと思います」馬体重503㎏



ついにキター!
ディグニファイド次走予定 11月11日 福島放送賞
レーヌドブリエが放牧に出てグッドタイミングでの入れ替わり。
これで休養中の馬も、みんな予定が決まってきました。
整理すると
11月3日 アルモニカ ファンタジーS(G3)
11月11日 ディグニファイド 福島放送賞
12月2日 シルクドリーマー ステイヤーズS(G2)
重賞も2つ。
孤軍奮闘してきたレーヌの穴を埋めてくれて寂しくなさそうですね(*^^*)


孤軍奮闘と言えば、気づけば今年、自分の歴代獲得賞金2位になってたのに気づいてびっくり。




出走は19、勝利数も2勝と少ないけど、ドリーマーとレーヌドブリエが上級条件で好走し続けたのが要因ですね。
ほぼ2頭だけ+アルモニカの新馬勝ちアシストで歴代2番目になってました。
こうやって考えるとほぼ休みなく走り続けてるレーヌドブリエには本当に頭が上がりませんね。
今年この仔がいなかったら随分寂しい思いをしてたと思います。
あと数戦になるかもしれませんが、最高の走りを最後までしてほしいですね。

待ち遠しい

最近愛馬の出走が待ち遠しくてたまりません。
アルモニカの新馬からレーヌドブリエの清水ステークスまで2週間、どれだけ待ちわびたか。
そしてその清水ステークスからアルモニカのファンタジーステークスまで2週間。
どれだけ待てばいいのか(←だから2週間だってば)。
一週間どころかなんか一日一日が長いですね。
期待が大きいから余計なんでしょうけど。

現在自分が出資している馬はこれだけいます。
シルクドリーマー 牡8
ディグニファイド 牡5
レーヌドブリエ 牝5
インディチャンプ 牡2
アルモニカ 牝2
トップライナーⅡ 牝1

頭数が少ないですよね。
2週に1度出走なんてこの頭数だとうまくいってる時だと思うんですが、
それさえ今は待ち遠しくて仕方ない。
全世代10頭くらいいた時は、ほぼ毎週のように出走してた気がします。
そしてもう一点、このラインナップを見て何かお気づきではないでしょうか?

そう、主力になるべき3歳と4歳がいないんですよ。
一世代はかなり熱が薄れてきてカタログもろくに見なかった世代。
もう一つは出資したものの抽選落ち(フィアマロッサと?)で諦めた世代。
一時期やめようかと思った頃の産駒ですね。
来年の初め頃までは十分楽しめると思うんですが、シルクドリーマー(年齢)、
レーヌドブリエ(年齢規定)、ディグニファイド(復帰して壁を感じた時)と、
いつ引退してもおかしくありません。
そうなると、アルモニカが素質の片鱗を見せてくれてるとはいえ滅茶苦茶寂しい状態に^^;
やっぱりもう少し増やしたいなぁ。
今年の募集も2頭にするか悩んだ結果1頭にしてしまいました。
候補として2頭なら、パラダセールの16とシルクユニバーサルの16か
パラダセールの16とドリームスケイプの16を考えてました。
結局申し込んだのはパラダセールの16だけ(抽選落ち)。
当たったとは限らないですが2頭申し込んでおけばよかったですよ( ;´Д`)
1.5次で出資したトップライナーⅡは、カタログでは目にも止まりませんでしたが、
ツアーのビデオとシルクの募集馬検討会の動画で走りそうだなぁって思って急遽繰り上がりました。
なんかレーヌドブリエ見た時に近い印象。小さいのは心配だけど芝で瞬発力ありそうって。
藤沢厩舎でこの価格帯なら放置決定(あくまで個人の感想です)だけど、
池江調教師はそんなことしませんよね?期待してますからね!(希望的観測込み)
繋がらないネット申し込み。唯一の出資だったので必死に頑張りましたよ。
ほんとアレ何とかしてほしい。
まだドリームスケイプは残口あったんですが一緒に申し込めばよかった^^;
だって6、7、9月と沖縄だし、今月末台湾行くしお金なかったんだもの( ;∀;)

話が逸れましたが、残ってる馬でなにか・・・と思ったけど、ピンとくるものなし。
ウィストラムは少し気になりましたが、種牡馬、厩舎、関東馬と積極的に出資は・・・。
そんなわけで、今まで買ったことないですが、2次募集や3次募集でいい馬がいれば
今年はもしかしたら出資するかもしれないですね。
お金は相変わらずないですが(*'ω'*)

悔しすぎるハナ差

本当に惜しく悔しい結果となりました。
レーヌドブリエ、ハナ差の2着。
しかも最後はクビの上げ下げのタイミングですからね~。

準オープンにしては、そのクラス上位常連みたいな骨っぽいメンバーはおらず、
レッドアヴァンセさえ負かせばというレースで、今回は昇級初戦とはいえ、勝てるチャンスでした。
レッドが負けたのは休み明けの状態もあるかもしれませんが、やはり斤量差が堪えたのでしょうか。
でも結果的にレーヌドブリエが負けた理由もその斤量差ですよね。
仕方ないといえば仕方ないんですが、直線抜けだして来たとき、勝ったと思っただけに
余計悔しかったです。(馬券も。。)
勝ったミスパンテールは、春のチューリップ賞でソウルスターリングの2着。
実力馬が51キロですから、運も悪かった。

しかしながらレーヌドブリエの充実ぶりをハッキリと示してくれたレースになりました。
このレースが出来るなら、府中牝馬選んでも大負けはしなかったでしょうね(展開的に勝てたとは思えませんが)。
こちらを選んだ事にはまったく文句もありませんし、レーヌもよく期待に応えて走ってくれました。

なのになぜこれだけ悔しいのか?
それは6歳3月までの引退期限がもうすぐそこに見えてるから。
さすがにここまで4戦してきたので、馬の調子は良くても短期放牧に出ると思われます。
今回もう普通のG3くらいなら十分勝負になる力をつけてると確信しました。
期限がなければ1600万の壁が厚かろうと何度かのチャンスのうちに勝ち上がってくれると信じてます。
そして上のクラスでも通用するだろうという期待と、その上のレースにあとどれだけ挑戦出来るのかというもどかしさ。
ここで勝ってたなら、次はオープン。おそらく重賞も含めてのレース選択だったと思うし、
そこで何度か回数も挑戦するチャンスがあったんですよね。
ただ、ここを勝ちあがれなかった事で、もし仮に次走以降に1600万を早めに勝てたとしても、
その時にはもう期限。挑戦出来ても1度、よくて2度でしょう。
正直焦ってます。
ここにきてようやく完成してきたのに、そこでほとんど挑戦することなく引退だから。

普通なら特例の期限引き延ばしはあってもいいと思うし、望みたいんですが、
この馬は残念なことにといっては失礼になるけど、超良血なんですよね^^;
名牝メジロドーベルの最高傑作。
牧場側としても、競馬に残しておくリスクより将来の仔を期待するでしょう。
しかも矢作厩舎はタレント揃いの厩舎だから無理に残す必要もないだろうし。
やっぱり厳しいんだろうなぁ・・・。
ハァ。。とりあえず気持ちを切り替えて、残りの数少ない競争生活、
怪我無く無事にそして強く走ってくれることを願います。

レーヌドブリエ清水Sへ

レーヌドブリエが府中牝馬か清水Sかこの中間すごいドキドキしてましたがようやく情報が出ました。
日刊競馬によると
「府中牝馬Sに登録のあったミスパンテール(牝3、昆)とレーヌドブリエ(牝5、矢作)は14日京都の清水S(1600万、芝1600メートル)、リエノテソーロ(牝3、武井)は15日新潟の信越S(オープン、芝1400メートル)へ、それぞれ向かう。」
だそう。
シルク公式ではありませんが、記事になったところをみるとまあ間違いなさそう。
ここにきての充実度で、あの豪華メンバー相手にどんな競馬してくれるかっていう期待もあったけど
まあ仕方ない。
せっかく自己条件選んだからには好走してほしいところ。

メンバーをざっと見たところ、春活躍して秋にちょっと躓いた3歳馬と1600万で経験積んでる古馬、
そして実力上位から1000万クラスを勝ち上がったレッドアヴァンセとレーヌドブリエって感じですね。
すでに1600万クラスで好勝負してたフロムマイハート他、上のクラスの馬と好勝負してたレーヌなら
昇級初戦とはいえ、十分勝ち負けも期待出来そうなメンバー。
一番の強敵はレッドアヴァンセとして、他だとサロニカを筆頭に春活躍してた3歳数頭、
それから古馬ではデンコウリキ、マコトサダイジンくらいかぁ。
実力抜けてるとは思わないけど、少なくとも3歳馬とは同等程度だろうし。
やっぱり勝ち負け大いに期待してしまいます。
問題は騎手ですね。
この馬に関してはレースはいいところ選んでくれてると思うんですが、騎手は大いに不満。
ようやくここにきて川田騎手が相性も良さそうで是非ずっとって思ってたのに、
よりによって1番強敵のレッドアヴァンセの鞍上になるとはついてない( ;´Д`)
いい騎手は東京にほとんど行ってるけど、なんとかそれなりの騎手確保してほしいなぁ。
騎手がどれだけ大事かはここ3戦で大いに思い知りました。
幸とかソツなく乗ってくれそうだけど矢作厩舎付き合いあまりなさげ。
チャンスは大いにあるんで、個人的に中谷や坂井は避けてほしいけど、さてどうなるでしょうか^^;

実はもう一点。
ホントの強敵は馬場?
雨予報らしく、良馬場で走るなら間違いなく凡走はしないと自信あるんですが、
この馬、今まで雨降って馬場が少しでも悪いと不可解にみえるほどの負け方してきてるんですよね。
成績安定しだしてから変な大敗したのは馬場悪い時だけじゃないかな?
丁度1年前に2番人気13着とかありますね^^;
ここしばらくずっと良馬場だったので、成長とともになんとかそういう馬場もこなせるようになってればと希望的観測。
そして天気予報ほど雨の影響ありませんようにとこれまた願うしかないですね。
なんとか天気もって、いいレース期待してます。

2017年7月 石垣島~マンタと出会う旅~ 竹富島 (後編)

最終日。
とは言ってもこの日は帰るだけじゃありません。
この日の行き先は竹富島。
ここは行ってみたいとリクエスト受けてたので、マンタと並んでメインの1つでした。

石垣島は周辺に船で行ける島がいくつもあります。
石垣に旅行するなら、石垣島プラスどこかの島とすると色々楽しめると思います。
赤瓦の屋根と水牛車の竹富島、牛の黒島、リゾート地と郷愁の島小浜島、アドベンチャーの西表島、波照間ブルーと星空の波照間島。
イメージ的にはこんな感じでしょうか?
今回3度目の石垣島ですが、これで黒島以外は行きました。
これだけ近くにありながらかなりそれぞれの島が別の貌(かお)を持ってるので飽きないんじゃないでしょうか。
全部日帰りだったので、波照間はいつか泊まってみたいなぁと思っています。

話を戻しましょう。
竹富島ですが、この中でも最も近く、片道10〜15分ほど。便も沢山出ています。
だからどの時間からでも行きやすいんですね。
今回はお昼くらいから行く事にしました。

ホテルをチェックアウトして向かったのは「来夏世(くなつゆ)」。
開店が11時からで、10分ほど前に到着しました。
普段は分かりませんが、地元の人が1人すでにいて、運良くそのまま入る事が出来ました。
店内は光がよく入って明るい感じ。
落ち着いた雰囲気もいいです。
492_large.jpg

496_large.jpg

テーブル席と座敷があり、ぼくらは座敷に座りました。
メニューはとてもシンプル。
もちろんお目当ての八重山そばセットを注文。
ジューシーか赤米のどちらか選べます。
みんなジューシーを選びました。

497_large.jpg


そして来たのがこれ。
見た目は本当に普通。
しかしシンプルだけどしっかりダシが効いていて、それでいて優しい味わい。
麺だけ主張せず、スープだけ主張しない素晴らしいバランスの味。
今まで食べた沖縄そば、八重山そばの中でここがダントツで美味しいです。
もう一店有名な明石食堂には人が多すぎて行けてないけど、ここより美味しいとかちょっとなさそう。
もちろん好みがあるので人それぞれでしょうけど、そのくらい思えるほど美味でした。
ビバーチ(呼び方いろいろあり)を軽くかけるとまた味も変わって、そちらも変化が楽しめて美味しかったですね。
そして驚いたのがジューシー。
え、今まで食べたジューシーで1番美味しいヽ( ̄д ̄;)ノ
ちょっと具体的に説明出来ませんが、是非一度食べてみてください。
こちらもとにかく絶妙なバランスが取れた味。
美味しい物同士でまさに至福のひと時(≧∀≦)

元々おばあの家庭料理だったそばが評判になるほど美味しかったので、
店出して欲しいという周りの希望で始まった店だそうです。
今は家族の人が継いでいるよう。
是非ともこの味を変わらず後世に伝えて欲しいですね。
ああ来てよかった。
ちなみに出る頃にはもう結構並んでました(^_^;)
あとジューシーは早いうちに売り切れになるそうなので、早めに行くのをオススメします。
赤米も美味しいのかもしれないけど、こんだけ美味しいとこっちが食べたくてジューシー一択になりそう(^_^;)

歩いて離島ターミナルに向かい、そこで船に乗る八重山観光に荷物を預かってもらいました。
大体の所で船乗るなら預かってもらえるようです。
今回はネット予約してた(ネット予約のほうが更にちょっぴり安い)往復便、水牛車、自転車のお得なセットを申し込み。
着いてすぐにまず水牛車に乗りました。
石垣周辺の島巡りですが、こういうツアーやオプション、また3日間船フリーパスみたいなのとか
行程によってはかなり安く行けるものがあるので、事前に一度見てみるのをお勧めします。

実はこの水牛車、新田観光と竹富観光センターという2つの会社が運営してて、
それぞれ別のコース周るんですよ。
八重山観光のセットで行くと、新田観光の水牛車になりました。
この前確かドリーム観光の往復便使った時は竹富観光のほうだったハズ。
もしかしたら各会社提携してるのかもしれません。
まあ後でどうせ自転車で周れるんで、どっちでもそんな大差はないでしょう。

504_large.jpg

205_large.jpg

519_large.jpg

水牛車はとにかくゆっくりゆっくりと進みます。
それこそ止まって動かない事も(^_^;)
でもみんな賢いですね〜。言われなくても進む道は分かります。
竹富島独特の赤瓦の屋根の家をみながら、おじいが解説してくれてのんびりと進みます。
最後の方にはこの竹富島で産まれた唄「(新)安里屋ユンタ」の三線弾き語りをしてくれました。
石垣島にいてこの唄聞かないことはないくらい有名な唄ですね。

525_large.jpg
こういうゆっくりした時間もいいですね。
降りた後で記念撮影してから、自転車を借りました。
今回はいろんな所周りました。
ここは小浜島と違い、そんなに高低差もないので自転車で充分まわれます。
まず行ったのは島で1番高い所。
売店の二階になってる所がすでに1番高い所です。
でも他に高い建物もないのでよく見渡せますよ〜。
屋根も赤瓦にすると優遇されるそうで、これまたここ独自の赤く鮮やかな景色でした。
223_large.jpg

225_large.jpg

248_large.jpg

自転車で周りつつちょっと休憩で「竹乃子」でかき氷など食べました。
ここそばも美味しいらしいんですがちょっと中途半端な時間だったんで。
なんか竹富島って暑いんですよね^^;
今回の旅行でも群を抜いて暑かったし、前に来た時も湿気がすごくてえらい暑かった覚えがあります。
ここで涼んでちょっと生き返りました。
560_large.jpg

563_large.jpg


その後自転車で西桟橋からカイジ浜へ。
575_large.jpg

252_large.jpg

579_large.jpg

ここは星砂で有名なところですが、けっこう探すの大変でした^^;
そして暑い・・・なんなのこの暑さ・・・。

最後にコンドイビーチへ。
本当ならここでひと泳ぎとかも考えてましたが、ちょっとじっくりゆっくり周りすぎたため
あまり時間もないしさらに言えば、ちょうど引き潮だったのか滅茶苦茶浅い(笑)
元々遠浅の海なんですが、エメラルドグリーンの欠片すら分からないくらい浅かったです。
258_large.jpg

597_large.jpg

そんな訳でまあいいかーって事になり、しばらくして新田観光に戻って帰路に着くことにしました。
とにかく暑くてあまり長居もつらかったんですよね。絶対竹富だけほかと明らかに違う^^;

こうして石垣島に戻り、どこでご飯にするか悩んだんですが、
肉が食べたいー。でも高すぎるのは嫌~ってことで前日飲み屋で聞いた「喫茶ゴードン」へ。
なぜ喫茶店で肉なのか?
なんかここ夜中もやってるらしく、夜中にステーキ食べれるとの事。
しかも意外と離島ターミナルに近かった。

中はかなりレトロですが、外からみたら喫茶店にはとても見えません。
これ知らなければ絶対入ることないだろうなって感じ。
しかし期待してたより当たりでしたココ。
料理は安いしボリューミーだし、味もお値段の割に悪くない。
夜中もやってるなら変な時間に食べたくなったらココ使えるなーって思いました。




石垣島最後の時間を過ごし、空港まではバスで行きました。
こうして3泊4日目一杯楽しんだ石垣島をあとにしたのでした。
来年は宮古島行きます!(きっと)

2017年7月 石垣島~マンタと出会う旅~ マンタシュノーケリング(中編)

そして3日目。
今回の旅のメインイベントです。
「マンタに会いたい!」
これがそもそもの今回の旅行のコンセプトでした。

しかしダイビングでは基本的にはマンタのいるようなポイントに行くには、ライセンスが必要で。
なんとか見る方法がないかなと探していると、シュノーケルでマンタを見るツアーってのが
いくつかあるではありませんか。
数あるショップの中から選んだのは「EDO石垣ブルーダイブ」さん。
http://www.edo-dive.com/

実は石垣島、ショップの数が100以上あるそうで。
ネットの書き込みなど見ましたがどうもピンからキリまである様子。
酷いところだと初心者なのに放置に近い状態とか、なんか怖い書き込みもいくつかあります。
とりあえずダイビングメインの話が多かったので、判断するのが難しかったのですが、
ここは変な評判もないし、お値段安め。そして1グループに水中カメラ1台貸し出しアリと充実してたため
総合的に判断して決めました。
ツアー内容は幻の島と言われる浜島上陸~魚がいる所にいってシュノーケリング~お昼ご飯~マンタシュノーケリング
の1日コースで申し込みました。

朝、宿まで車で迎えに来てもらい、そこから船のある港まで向かいます。
そして船に乗り込みいざ出発。
やや無口なインストラクターさんでしたが一通りシュノーケルの基本等キチンと説明もしてくれて浜島到着。
あれ、島って感じでもないな~って思いましたが、どうやらこれからどんどん潮が引いて全貌を表すそう。
とりあえずシュノーケルに慣れる意味で、浜島周辺を泳ぎました。
魚も割といましたねー。
621_large.jpg

647_large.jpg

657_large.jpg

これ実は産卵期は危険なモンガラの一種。縄張り入ると襲ってくるそうです。


そして船の方向に戻ることになり、あらビックリ。
こんな浅瀬になってる~。ここ海の真ん中だったのに。
683_large.jpg

さすが幻の島と言われてるだけあります。
みんなで記念撮影パシャパシャ。
670_large.jpg

ちなみにどこにどのくらいいるかとか多少融通きくみたいで、その辺はご相談されたらいいかも。
ただ、船に乗り合わせてるのがぼくらだけではなかったので、今回は言われる感じで周りました。
そして浜島を後にして、次のシュノーケルポイントへ。
しばらく船を走らせたあとポイントに到着。
わお~。けっこう深い^^;
浜から自分達でそんなに深くないところで簡単にするシュノーケルしか今まで体験したことなかったので
これはこれで新鮮でした。
多少なりともダイビングに近い感覚なのではないでしょうか。
海は深いですがウェットスーツもしっかり装備してるので、まず溺れるような事はありません。
ここで結構海の中を楽しみました。
717_large.jpg

741_large.jpg

721_large.jpg


お昼になり、昼ご飯食べるためにまた移動。
ある島で机なんか木の後ろに隠してありました。
その机を組み立ててお吸い物(味噌汁だったかも?)を入れてもらってお弁当を食べます。
747_large.jpg
意外と時間取ってくれるのでのんびり出来ました。
お吸い物もちょっと冷えた体に暖かくて美味しかったですね。

この後また船移動。いよいよマンタかな?と思ったら、さっきより更に深い魚が見れるポイントでした。
海峡とかが見えたり、深いだけあって魚もいそいそとしてるように見えず、悠々と泳いでるように見えます。
船で行くシュノーケルならではの景色が見れました(*^^*)
790_large.jpg

795_large.jpg

783_large.jpg

そしていよいよマンタがよく見れるというマンタスクランブルに移動。
意外とマンタの時間少ないんだな~。見れるかな?とちょっと心配してました。
行ってみて初めてその理由が分かったのですが・・・。

マンタスクランブルに到着すると、他のショップの船がかなりの数浮いてました。
他の船との兼ね合いもあるのか、なかなか停泊しませんでしたがようやく船も止まって。
ここではインストラクターに付いていくように注意を受け、浮きをいくつか繋げたものを
インストラクターの人が引っ張っていきます。
結構早くて、個人的には付いていくのに必死でした^^;
他の人はそうでもなかったように見えたので、フィンを付けてのぼくの泳ぎが下手なんでしょう。
しかしここの海は視界ほぼゼロでした^^;
かなり濁ってるんですよね。魚もほっとんどいなくて。
マンタを探しながら移動するも、マンタどころか本当に魚影が見えません。
それで気づきました。
あー。色々サンゴがあって魚がいるポイントに沢山連れて行ってくれたのはこの為か~。
マンタスクランブルはマンタ見れる確率は高いとはいえ、結局のところ運次第。
長時間探したほうが見れる確率上がるのは道理だけど、ここつまんないわ(笑)
見れずに終わったら、けっこう非難もありそうかもってくらい。
しかし今回の目的はあくまでマンタを見ること。
必死で探しましたよ。
何もいないー、、、いてもこれ透明度低すぎて見逃してるかも?。。。

そんな風に心が折れかけた時に、インストラクターさんがいるって言ってる感じ!?
ぼくも探しました。
いた!いたよー!
下の方でマンタが悠々と泳いでました。
悠々とに見えたのも束の間。
え、はやっ!
写真撮り損ねました。一応撮ったけど後で見ると何も写っていなくて(>_<)
というか濁りすぎててちょっと離れたらもう一瞬で姿見えなくなったんですよね。
友達が撮ってるのに一縷の望みをかけて時間も来たので終了。
ええ、素敵な動画撮ってくれてました(*'▽')
アクションカムは基本ずっと撮ってるから写真のような動作いらない分こういう時はいいですね。
ほんとは動画上げたかったんですが、アップの仕方わからんw
このブログ自体まだ使い方3割くらいしかわかってませんw



追記 動画挿入(*'▽')


いやぁ~しかし見れてよかった。
やっぱり見つけた時には大興奮。
すぐにいなくなったけど、じわじわと嬉しさが湧いてきて感無量でした。

最後になりましたが、ブルーダイブさんにはお世話になりました。
ここしか体験してないのでなんとも言えないところはあるけど、かなり良いショップだったと思います。
船上でも暖かいお茶を用意してくれて、ちょくちょく水分補給も出来たし、飴なんかも配ってくれたり。
いろいろ情報見てるときに、水分補給のため大きめの水を持って行ったほうがいいって記事も読んだし
マンタスクランブルは潮の流れが速くて危険みたいなんですが(それで初心者ダイバーはダメとなってる)、
浮きの束の近くで泳ぐようにと、危険が極力ないような配慮してくれてたと思います。
カメラもおもちゃみたいなものだろうと思ってたら、とんでもない。オリンパスの中々いいカメラ。
自分でカメラなくてもこの写真のようにかなり思い出に残る写真が撮れます。
しかも終わったらメモリーカードごとデータをくれました。
事前に見てた酷い記事のショップと比べると雲泥の差でしたね^^;
もしかしたらもっといいショップもあるかもしれませんが、どこ選べばいいか分からなくて不安って方は、
少なくともシュノーケリングに関してはここ選べば安心できると思いますよ。

最後も宿まで車で送っていただきました。
疲れもあって直に送ってくれるのは助かりました。
その後各自シャワー浴びて、ユーグレナモールにお土産を買いに行きました。
実はメンバーの1人がこの旅行中誕生日だったので、軽くサプライズお祝いしましょうって事で、
ぼくが話しながら引き留めてる間に後の2人に何か買って来てもらう事にしました。
お土産も買い終わり、夕飯の時間までちょっと時間あったのでA&Wに。
そこで時間潰してから予約していた「まるさ」美崎店へ行きました。
海鮮メインのお店です。
基本自分は魚介類あまり好きではないんですが、石垣島は離島だけあって割と海産物の店も多いんですよね。
だから一店入れてみました。

ぼくが言ってもあまり信憑性ないのですが、まわりの人は美味しいと言ってました(笑)

ここで誕生日プレゼント。
どうやら2人はTシャツを選んだようです。
喜んでもらえたかな?

最後の夜もこうして更けて行きました。
その後飲みに行ったのはまた別のお話。












2017年7月 石垣島~マンタと出会う旅~ 川平湾、小浜島 (前編)

今年実は沖縄に4回行ったんですが、折角ブログを始めたので少し前になりますが
7月の石垣旅行について書いてみようかなと思います。

ぼくは大阪に住んでるんですが、とにかく飛行機は安くて便利な(時間)のを優先して取ります。
今回は行きがジェットスターで那覇まで、那覇から乗り継いでソラシドエアで石垣へ行きました。
関西国際空港8:15~那覇10:20分 ジェットスター 8500円
那覇11:15~石垣12:20 ソラシドエア 5000円
この時期のを1月終わり発売直後に取ってるんで片道2つ合わせて13500円ほど(*'▽')
しかも12時過ぎには石垣につくので、着いた日もそれなりに遊べるんですねぇ。
さすがに夏シーズンで高くて3連休の時とか取れる値段じゃなかったので、しかたなく七夕の日から金~月まで3泊4日。
帰りはJALで石垣から関空まで直行便16500円、20時発。往復3万で最終日まで遊べてしまうプランです。

実は行きの乗り継ぎが1時間ほど、しかも他会社って事で乗り継ぎにはかなり不安ありましたが、
実際やってみると降り場からそのまま乗り場に向かえる事が分かったので、今後も使えるプランだなと思いました。
注意点は同じ第一ターミナルである事。ピーチは那覇の第2ターミナルに着くけど、ジェットスターはLCCでありながら
第一ターミナルに着くのがポイント
もう一つ、遅れやすいLCCだけど朝一はさすがに遅れないだろうという希望的観測( ..)
ただ他会社なので当然飛行機遅れとか保証はないのでその辺自己責任になります。
でも季節外や火~木以外だと基本直行便の方がだいぶ高いので選択肢の一つになると思います。

さて石垣ですが、今回は友達4人での旅行。
着いてまずレンタカーを借ります。途中で車を返すなら空港近くと市街地近くの両方に店があるところが理想。
空港で借りて旅行の途中で市街地外れで返して、その店舗から市街地までは送ってもらえるからです。
本来なら北の方から島の外側を周って観光、そして市街地のホテルに泊まるのが理想だと思いますが、
今回全員2度目ということで地元の人に最近出来て美味しいと聞いた平良食堂へ八重山そばを食べに行きました。
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47013932/

確かに美味しかったですが、個人的には今まで食べた中で一番美味しいのはやっぱり来夏世(くなつゆ)かなぁ。
まあ行って損はない店だと思います。
この辺泊まるなら十分満足できる店ではないかと。
その後今回の予定では米原ビーチに行く予定だったのですが、折角だしその前にミシュランでも紹介されてる
世界的に有名な川平湾へ。
いやぁ~やっぱり素晴らしい海ですね。
エメラルドグリーンで綺麗な海は沖縄には沢山ありますが、この海の色のグラディエーション?
ここまで色合いに深みがあるところは、なかなかないんじゃないかと思います。
川平湾

川平湾1

ちょっと泳ぐ時間が微妙になったのでどうするか迷いましたが思い切って米原海岸へ。
ここ意外といいんですよねー。魚が豊富。
時期的なものかちっちゃい魚が多かったですが、軽いシュノーケル十分楽しめました。
石垣島は山があるため、土が海に流れ込んで、それほど海には期待できないと聞きますが
透明度もかなりのものでしたよ。

その後市街地に戻り、今回取っていた一軒家「ぷちハウス」さんにチェックイン。
実は2年前に来た時もここに泊まったんですが、4人くらいで泊まるなら最高の宿だと思います。
一軒丸貸しなのでなんかみんなでワイワイも出来るし、出入りも自由だし。
人数が多ければその辺のビジネスホテルよりお手頃価格になります。

本当はこの後夕陽見る予定にしてたんですが、とてもとても厚い雲(-_-;)
ちょっとこれは無理だなぁって事で、軽くユーグレナモール見た後、予約してた「三線ライブ ゆにば」さんへ
料理もお手頃価格で美味しいし、ライブも最高でした!
279_large.jpg

365_large.jpg

353_large_convert_20171009161029.jpg

355_large_convert_20171009161056.jpg

359_large_convert_20171009161115.jpg

360_large_convert_20171009161155.jpg

363_large_convert_20171009161217.jpg
まだ出来て1年とそんなに知られてないので、ライブの有名店よりいいかもしれませんよ。

その後店の方に星見るのにいい場所を聞くと、近くならサザンゲートブリッジ越えた海辺の公園辺りおススメしてもらったので、
厚い厚い雲があるけど一応近くだし行ってみようって事になりました。
えー、星素人として新月がいいとか考えてませんでした。
そしてこの分厚い雲と満月2日前の素晴らしいお月様、お判りいただけるでしょうか?(*ノωノ)
57_large.jpg

66_large.jpg

星どこ?(笑)

しかしながら今日は七夕。等級の高いベガとアルタイル、デネブの夏の大三角形”のみ”なんとか見ることが出来ましたよ。
やあ満足満足( ノД`)シクシク…

今度星メインで八重山諸島来るときは新月辺りも考えないとなぁ。
そんな感じで1日目は楽しく過ごすことが出来たのでした。


二日目は朝ごはんにこの日まで借りておいた車で「豆腐の比嘉」へ
https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47001361/

376_large.jpg

377_large.jpg

ここは本当朝ごはんにうってつけです。
やや市街地外れなので、港近くに宿取ってるなら最低自転車は必要かもしれません。
前日沢山飲んだ胃にもやさしく染み渡る滋養ある豆腐。
豆腐の味自体しっかりありますが、味噌つけて食べるとまた格別でしたね。

その後、この日小浜島に行く予定にしてたので、レンタカーを返却に。
なんか日をまたいでますが、2日分の料金でなく1泊で1日料金って形でお得でした。
返したお店からまた港まで送ってもらい、いざ小浜島へ。
ぼく、小浜島を楽しむためになんとNHKでやってた「ちゅらさん」半分くらい見て臨みました(笑)
帰ってから全部見ましたがやっぱり見知った風景出てくるとアガりましたね。

まずは一番高い大岳へ
398_large.jpg
かなりこの階段はしんどいですが、頑張って登る甲斐はありますよ。
上からみる景色が素晴らしかったです。
78_large.jpg

80_large.jpg

89_large.jpg

小浜島は自転車では起伏が激しく、ベストは原付バイクらしいのですが、4人いたのでレンタカー
のほうが割安なのでレンタカー借りて周りました。
周ってから判ったことですが、思ってた以上に広いので自転車の選択はちょっとあり得ないと思いました。

レンタカー借りたおじさんに教えてもらったスポットの一つ、廃墟になりつつあるリゾートホテルの辺りも
なかなか趣があってよかったです。
宮殿ぽいホテル?は営業してるようでした。
101_large.jpg

103_large.jpg

104_large.jpg

106_large.jpg

本当はちゅさらんに出てくる和也の木を見てみたかったんですが、現在私有地として立ち入り禁止になってます。
遠くからなんとなく雰囲気だけ映してみました。
140_large.jpg

こんなマングローブもあります。島自体は小さいけど終始雰囲気が良い場所ばかりで周ってて楽しかったです。
121_large.jpg

125_large.jpg

細崎にあるマンタ公園
ここは風も気落ちよくついのんびりしちゃいました。
とりあえず自分はっきり映ってるの省いたので、ちょっと景色が分かりにくいですが、
芝生もあって気持ちいいところです。個人的にはかなりおススメ。
151_large.jpg

456_large.jpg

そして行きましたよ!シュガーロード!
サトウキビ畑をどこまでも真っすぐ一本道が続いてる「ちゅらさん」でお馴染みの道です。
感動です。ほんと長い道ですね~。
雰囲気も抜群!
152_large.jpg

465_large.jpg

この後ヤシの木っていうおしゃれなカフェでお昼ご飯。
カレーがなかなか美味でした。
442_large.jpg

444_large.jpg

そしていよいよ個人的に興奮のこはぐら荘へ。
132_large.jpg


ええ、こここそ知る人ぞ知るちゅらさんに出てくるあの古波蔵恵理の生家にして、
和也、文也と運命の出会いをした場所ですよ(*'▽')
ちゅらさん知らないとなんの思い入れもないと思いますが知ってれば大興奮(笑)

これで小浜島の主要なところは大体周りました。車で正解でしたね。
あとはいむるぶしというリゾートホテルが小浜の主な場所です。
今回はそこには行きませんでしたが、1日中まったり遊べるような施設が揃ってるみたいですね。
ちょっと16時には出たかったのでここまでは行けませんでした。
とにかく小浜島は雰囲気がいい。
どこに行ってもです。なんか原風景って感じがすごいしました。
何もない島とも言えますが、それがまたいいんですよね。
一度は行ってみて損はない島だと思います。

石垣島に着いたら公園でフェスタやってました。
483_large.jpg

281_large.jpg

地元の人が集まるけっこう大きなイベントだったみたい。観光メインじゃなかったらこういうところで
昼からお酒飲んでもまた楽しかったんでしょうね。

そして早めの16時半に帰ったのには理由があります。
ウフフ(*´艸`*)
それは石垣牛の為!
そう「炭火焼肉 やまもと」です!
485_large.jpg

2年前来た時も行きましたが美味しくて美味しくて。
でも19時くらいだと1つ目のサイクルで上がすべて売り切れてるんですよね。
今回はそのリベンジというか、え、あれより美味しいの?ってのを味わいたくて開店の17時で予約してたんですねぇ。
とりあえず上ロース、上カルビ、しゃぶしゃぶと上頼みまくります(笑)
487_large.jpg

488_large.jpg

489_large.jpg

491_large.jpg

490_large.jpg

やばい・・期待通り超美味しい!!(*'▽')
上は脂も乗ってるので一通り味わって丁度いい満足感でした。
いやぁ~。石垣牛美味しすぎ♪
ここは予約をだいぶ前からしないと取れないくらいの人気店なので
予定に組み込むのがちょっと大変なんですが、組み込む価値はありますね。
また石垣来たら食べたいです。石垣牛。

この後、フリータイムにしてましたが、なんか家でのんびりしてた気がします。
今回の石垣はゆっくりっていうのも目標にしてたんで、必要以上に予定は組み込みませんでした。
それはそれで旅行でリフレッシュ出来ますもんね。
夜は飲み屋など行きましたがそれはまた別のお話。

ドリーマー、ディグニの復帰の期待

シルクドリーマーとディグニファイドが骨折離脱してたのですが、今回の公式コメントで
復帰への目途が立って来たなーと喜んでます。

ディグニファイド
2017/10/06 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒
次走予定:未定

厩舎長「移動後は疲れが出ることもなかったことから、今週から調教を開始しています。北海道でも順調に調教メニューを消化していたようですし、坂路での動きは悪くないので、来週から15秒までハロンペースを上げて行くことを考えています。馬体重は542kgです」


シルクドリーマー
2017/10/06 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:12月2日の中山・ステイヤーズステークス(GⅡ)
 
天栄担当者「この中間も順調にピッチを上げて乗り込んでいます。脚元の状態も変わらず落ち着いていますし、状態は上がってきています。黒岩先生と次走について打ち合わせたところ、暮れの中山1週目のステイヤーズステークスを目指すことになりました」馬体重498㎏


ディグニファイドは去年秋、成績が上位安定してきた所で500万クラスを5馬身差の圧勝してから、
もしかして本格化してきたのかなと密かに期待してましたが、その次走がゲートで暴れてレース除外に。
そこから3戦クラスが上がったのもあるかもしれませんがあまりよいレースが出来ずに去勢の話に。
そしてそこで骨折休養に。
個人的には軌道に乗りそうな所で一頓挫あってうまくいかなかった感じがしますが500万とはいえ5馬身差で
勝つって能力がないと出来ないと思うので、去勢とこの骨折休養がいい方向に向いてくれたらなと思ってます。
お母さんのファストフレンドも完成は遅めでしたしね。

ドリーマーに関しては年齢的に引退の危機だっただけに、よく軽症で済んだなとホッとしてます。
しかも頭打じゃなくOP特別2着に来たレースでですからね。
なんか公式コメント見てても骨折してる様子見せないくらいだそうで、ほとんど調教休まなかったんじゃ
ってくらいの順調さで調教してますね^^;
ここにきて次走予定がステイヤーズSと具体的な復帰予定まで出ました。
重賞でさえもそれなりに期待出来る走りをしていたので、スタミナが相当あるという話にすがれば、
ここも大いに期待できます。
骨折の影響さえなければいいんですが。

最後にインディチャンプも滋賀のしがらき牧場に移動。
いやー、デビュー大丈夫なの?ってずっと心配してましたけど、ここまで来たら入厩までもう一息ですね。
出来れば今年中のデビューが理想ですが、無理してまた遅れても嫌なので、
体調に合わせてやっていってほしいですね。
移動前の調教で13秒台になるとまだ手応えが甘くなると言っていたので、
まだ中身までしっかりしてないんじゃないかという気もするので尚更ですね。

この子達が動き出せばぼくの今いる少な目の愛馬すべて稼働します。
いや~秋競馬から楽しみです。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん