FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

愛馬近況と騎手決定

トスアップ
2018/05/23 <最新情報>
 23日(水)に栗東・池江泰寿厩舎へ入厩しています。

2018/05/30 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:角馬場でハッキング、坂路コースでキャンター、ゲート練習
次走予定:未定

池江泰寿調教師「入厩後も体調を崩すこともなく状態は安定していますが、飼い葉食いは良い方ではありませんね。環境に慣れて少しずつ食べてくれるようになっていますが、実になってくるのはもう少し先かもしれません。体力的にも付き切っていない感じなので、角馬場でじっくり運動してから坂路に入れています。ゲート練習も行っていますが、枠入りは問題ないので、このまま徐々に進めていきます」

入厩後初コメです。
やっぱりね^^;
去年から1度も馬体が増えず、少し息を入れたこの前のコメントで初めてプラス体重になったくらいですからね。
馬体の成長は少しずつ促すしかないでしょう。
とりあえずゲート試験ですね。
イライラしないよう1発合格してくれたらいいな。


アルモニカ
2018/05/30 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:30日にCWコースで追い切り
次走予定:東京6月3日 由比ヶ浜特別〔内田博幸〕

西村真幸調教師「30日にCWコースで追い切りました。馬場に入ってガツンとハミを取っていってしまった為に、テンからかなり速くなってしまいました。さすがに最後は脚が上がってしまいましたが、すぐに息が入っていたぐらいなので、それだけ調子が良いということでしょう。出来が良かっただけに葵ステークスに出走させたかったところですが、古馬と混じっても今の状態なら差のない競馬をしてくれると思いますので、51kgのハンデを上手く活かしてほしいですね。ジョッキーは内田博幸騎手で投票させていただきます」

2018/05/30 <調教タイム>
 助 手 5.30CW良 97.6- 84.0- 70.4- 56.6- 43.0- 14.9[4]一杯追バテ

この馬に関してはもう調教の時計はあまり気にならなくなってきました^^;
しかし調教でもかかる面が大きかったみたいなのは心配です。
あと51キロで乗れる騎手も若手になるかなと思ってたら、意外な内田騎手を確保。
現在関東リーディング2位ですから実績的には申し分ない騎手だと思います。
ただイメージ的には先行が上手いタイプじゃないような。
手が合うかはちょっと心配ですが、あまりスピードを押さえつける事無くスタートと折り合いに気を付けて貰えたらと思います。
今回はスローになるようなら自分でペース作って欲しいですね。
スポンサーサイト



シルクの抽選時優先制度について

ようやくシルクも改善の1歩を踏み出してくれました。

内容を見てみると、申込み時に抽優馬を1頭決めるというもの。
この抽優馬というのは実績300、抽選200口のうち、抽選になる枠の中で優先権利が生まれるというもの。
つまり600口応募があった場合、全部1口だと考えた場合今までだと300分の200の確率だったのが、
優先馬にしている人が例えば50人いた場合その時点でほぼ出資確定って事になります。
実際は5口申し込みの人もいるだろうから普通に申し込んだ場合もっと確率は低くなり、この権利を使えば(普通に抽選になるよりは)もっと確率は高くなるんじゃないかと思います。
今600口の抽選ということで進めてみましたが、2000口とかの大人気馬になるとこの権利を使ったとしても、手に入らない可能性の方が高いって事にかわりはありません。
ただ、確率はだいぶ跳ね上がるのは事実です。
本当に欲しい馬に出資出来ないっていう根本的で1番の問題には、少しですが歩み寄りされたということで評価したいと思います。

ただ今回の変更の場合、実績で取れる枠に関してはなにもメスが入ってません。
なのでお金持ちは高みの見物でしょうし、中実績の人には本来取れるかもしれない枠が他の人の優先権により減るという事も考えられます。中に近い何頭かは買う低実績の人にとってもそうでしょう。
なので、自分のような最下層の人間にとってもともと2,3頭の中で欲しい馬が買えるかもしれないという点で少しだけ助かる権利と考えられます。

改善第一歩としてみれば悪くない改善だと思いますが、これで改善しました的に思わないでくれと言いたいです。
今の規定で1番問題なのは高実績者が無制限(もちろん口数制限はありますが)に出資出来るという事。
今シルクにいるお金持ちが一部の人たちだとしても、今年の大活躍、さらに来年も活躍するようであればそのお金持ってる層が他からどんどん入ってくるのは自然の流れだと思います。
極端に言えば、その人たちはシルク募集馬70頭ほど全馬に出資することも可能なのです。
しかもそういう人たちはほぼ間違いなく10口応募でしょう。
人数が増えたその層が30頭ほど無制限に出資すれば、恐らく人気になる馬は中実績どころか高実績者の下の方の層までまったく希望の馬に出資出来なくなるでしょう。
なので実績で出資出来る頭数の制限は絶対にして欲しいと思うのです。
会員人数が少なかった頃ならいざ知らず。
今そこまで高実績者優遇しなくても馬は売れるでしょう?
実績で何頭までとかは考える余地はあると思いますが、5頭までや10頭までなど今後も制限しないならサンデーレーシングなど高所得者クラブと同じになります。
むしろお金持ってる人たちにとっては、欲しい馬が枠が少ないために買えないサンデーレーシングなどよりよほどいいクラブになるでしょうね。
500口のクラブの意味は何なのか?シルクの経営理念の根底の多くの人たちに多様な血統をというのは何だったのか?
ノーザン提携後、変革は仕方ないと思いますが、その意味をなくしてしまえば正に違うクラブだと思います。

シルクだけで20年もやってきた出資者としては、走らなかった頃から愛着は当然あります。
簡単にそれなら違うクラブへなんて言って欲しくないです。
もちろん今回の変更は評価はしてます。
ただ前例あるキャロットが優先馬が外れても繰り越しになる事、母馬優先権がある事など良いと思える点はプライドとか関係なく真似すべきだと思います。
全く同じじゃなくてもいいでしょう。
母馬優先権もずっとだと持ってた人しか買えないなど問題はなくはないので、3回分の出資までにするとか。
とにかく少し変えるのに2年3年もかけずに、少しずつでいいのでより良い方向に変えて、
シルクは良いクラブだなと思わせてくれることを期待しています。

6月からの出走予定と愛馬近況

ララフォーナ
2018/05/18 <最新情報>
 18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

2018/05/25 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン18秒
次走予定:第3回中京開催

厩舎長「こちらに入場後も特に状態は変わりなかったことから、今週から周回コースと坂路コースで乗り出しています。他の2歳馬を誘導するぐらい落ち着きがあって素直な馬ですね。調教でも集中して走ってくれていますし、注文を付けるところがないぐらいです。このままペースを上げても問題なさそうなので、徐々にペースを上げながら帰厩に備えていきます。馬体重は491kgです」

一度しがらきにリフレッシュの為戻りました。
そういえば天栄からすぐ入厩したのでしがらきで調整されるのはお初なんですね。
注文をつけるところがないくらいと、コメント的には非常にいい感じです。
ただこれまでこんな感じのコメントは何度かもらってて、スピードがあるとか瞬発力があるとか、いわゆるダビスタ的な能力を感じさせるコメントはもらえてないんですよね^^;
その辺、過度な期待しすぎるのも良くないのかもしれませんが、気性的に問題がないっていうのも能力を発揮させるのに重要なポイントですので、総合的な資質は期待していいのかもしれません。
とにかくうちの2歳デビュー1番乗りになりそうですし、楽しみです




インディチャンプ
2018/05/25 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/26日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒
次走予定:阪神6月16日 小豆島特別

厩舎長「ペースを上げた後も余裕を持って登坂していたことから、この中間はラスト1ハロン14秒まで強めてみました。ペースを上げていくにつれて馬のやる気が見られるようになり、迫力満点の動きで登坂しています。音無調教師から連絡があり、26日の検疫で帰厩することが決まりました。疲れが取れてしっかりリフレッシュ出来ているので、いい状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は478kgです」

非常に良い状態で帰厩出来ました。
疲れも取れて馬体重も478キロまで増えて、厩舎に戻ってからも仕上げやすいのではないかと思います。
目標のレースまで3週間ありますし、良い状態に仕上がれば初戦から勝ち負けも十分期待出来ます。
今やどらくまー厩舎の屋台骨を支えていると言っても過言ではありません。
今年飛躍してもらうためにも頑張って欲しいです。



ディグニファイド
2018/05/25 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~15秒
次走予定:第3回中京開催

厩舎長「帰厩に向けてこの中間から坂路でハロン13秒までペースを上げています。動きも徐々に上向いてきましたし、馬体も引き締まっていい体付きになってきました。中京開催を目標に置いていますが、福島にダート1,700mの番組が多く組まれていることから、そちらも視野に入れていると斉藤崇史調教師が仰っていました。どちらにしても同じタイミングでの帰厩となりそうなので、乗り込みながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は553kgです」

大分ペースが上がりましたね。
これなら良い状態で帰厩できそうです。
中京よりは福島のほうが捲りが効きやすいと思いますけどね。
100%出遅れるならそういうレースしか勝てないと思うので、そういうレースが出来る所のほうがいいかなと思います。


シルクドリーマー
2018/05/25 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:7月8日の福島・七夕賞(GⅢ)

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教をメインに調整を行っています。休養が長くなっている分、もう少し良化の余地がありそうなので、今後も目標のレースに向けて、しっかり乗り込んでいきます」馬体重511㎏

半年以上ぶりですからねー。
もっともなことだと思います。
目標まではまだまだ時間もありますし、レースを使っての反動が出ないようしっかり仕上げていってほしいと思います。



ではちょっと今後の予定をまとめてみましょう。
6月3日 東京 由比ヶ浜特別 芝1400 1000万下 アルモニカ

6月16日 阪神 小豆島特別 芝1600 1000万下 インディチャンプ

(6月30日 福島 猪苗代特別 ダ1700 1000万下 ディグニファイド)
(7月7日 中京 濃尾特別 ダ1800 1000万下 ディグニファイド)
(7月8日 福島 天の川賞 ダ1700 1000万下 ディグニファイド)
このどれか?

(7月1日 中京 2歳新馬(牝) 芝1600 ララフォーナ)
(7月7日 中京 2歳新馬 芝2000 ララフォーナ)
この辺り?芝2000とかクラシック級の馬出そうで嫌ですが。
ダートの可能性もあるかもしれませんが短距離ではないと思うんですよねぇ。

7月8日 福島 七夕賞(G3) 芝2000 シルクドリーマー


うんうん、コンスタント!
そんな訳で。
来月から稼働馬が増えてきます。
4月1走。
5月1走。
これは結局稼働馬が3歳の2頭しかいなかった事に起因しています^^;
故障の古馬も戻りますし、2歳もデビューが見えてきています。
ダービー後の新しい競馬サイクル、楽しみです。

2018年5月収支

4月は1走だけ。
インディチャンプ アーリントンカップ(G3) 2番人気 4着

重賞上位とはいえ、ちょっと残念な結果でした。
実力負けしてないギベオンとレッドヴェイロンがNHKマイルカップで2着3着と、
出ていれば恐らく上位争いしてくれたんじゃないかと思います。
でも終わった事と気持ちを切り替えて、条件戦から再上昇してほしいですね。
その後ちょっと筋肉痛のような症状も出ましたし、結果オーライと受け止めています。
しかしさすがに1戦だけじゃ重賞上位とはいえ賄いきれませんでした^^;
このくらいのマイナスなら御の字ですが。
今月も1走の為次のマイナスも確定してます!


シルクドリーマー  診療費補助金 +356
             維持費 -1083

ディグニファイド   維持費 -1260

インディチャンプ   アーリントンカップ(G3) 4着 +8445
             クラブ法人税やらなんやらーされて +6678          
             維持費 -1608

アルモニカ      維持費 -849

トスアップ       維持費 -781

ララフォーナ     維持費 -779


クラブ会費 -3240


合計    分配 +7034
       請求 ー9600


マイナス 2566

アルモニカ抽選落ちと2歳入厩

アルモニカ
2018/05/23 <調教タイム>
 助 手 5.23CW良 84.5- 69.0- 54.9- 41.0- 13.5[6]一杯に追う

2018/05/24 <出走情報(確定)>
 5/26(土)京都11R・葵ステークス(新設重賞)〔54 川田将雅〕に出馬投票を行いましたが、非当選で除外となっています。

2018/05/24 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:23日にCWコースで追い切り
次走予定:東京6月3日 由比ヶ浜特別

西村真幸調教師「23日にCWコースで追い切りました。最後の直線だけサッと仕掛けるように指示を出していました。前走後はすぐ馬体も回復してくれましたし、乗り込んでも430kg台まで増えているので、ひと叩きしたことで状態は良くなっています。何とか抽選に通ってほしかったところですが、非当選の為に葵ステークスを除外となってしまいましたので、除外の影響がなければ6月3日の東京・由比ヶ浜特別に向かう方向で考えています」

くーーー残念!
除外になってしまいました。
せっかく川田騎手を確保していただけになんとか出て欲しかったんですが。
しかし余程状態がいいみたいですね。
今までさっぱり増えなかった馬体重がここにきて430キロですか。
夏越してこのくらいになればいいな~と思ってた体重なので、これは成長期!?
とにかく心配していた馬体重が増え、調子も良いという事で、続戦の方向みたいですね。
この体重なら輸送しても420キロくらいはキープ出来るでしょう。
目標が違うレースになりましたが、なんの不満もありません。
あとは騎手。。
川田騎手が理想だけど、どうでしょうか?
安田記念で東京G1開催なので、可能性はあると思います。
騎乗よろしくお願いします!




トスアップ
2018/05/23 <近況>
在厩場所:23日に栗東・池江泰寿厩舎へ入厩
調教内容:
次走予定:未定

池江泰寿調教師「しがらきに到着後は輸送で減った馬体もすぐ回復しましたし、その後も順調に乗り込めていたことから、23日の検疫で入厩致しました。暫くはトレセンの環境になれさせてから、ゲート試験に向けて調教を開始していきたいと思います」

2歳馬2頭目の入厩(*'▽')
この子もずっと体調はよく、心配なのは馬体重だけの馬です。
トレセンでも無理なく進めてくれればデビューの目途も立つでしょう。
まだデビューとまでは分かりませんが、たとえゲートだけで放牧出たとしても秋口くらいまでにはデビュー出来るでしょう。
夏バテに気を付けて頑張って欲しいです。
今年の夏は楽しめそう~。

競走馬は難しい・・・。

あのオブセッションが大腸炎で亡くなりました・・・。
シクラメン賞を勝った時には、ダービーはこの馬!とまで思った大器です。
その後気性の問題か手術した喉鳴りが原因だったのかいいレースできませんでしたが、立て直しさえすれば確実に重賞くらいは勝てる潜在能力はあった馬でした。
まさかこのダービーウィークにこんな悲報を聞くなんて思いもよりませんでした。
競走馬に故障はつきものです。
特に500キロからの体重を支えてる細い脚の故障は日常茶飯といってもいいでしょう。
これが競走中の故障とかならない事ではないと思いもしますが、まさか喉鳴りの手術で・・・。
出資者の方はいたたまれないでしょうね。
物言わぬ生き物だけになにがどういう結果になるか本当に分からない事を改めて考えさせられました。
自分の出資馬ではないですが、いつどういう状況で同じような事になるかも分かりません。
本当に無事ってそれだけで大変な事で大事な事なんだなーと思います。
これから2歳馬達もデビューしてきますが、みんな無事に競争生活を全うして欲しいですね。

今週はダービー。どの馬が強い?

アルモニカが今週の葵ステークスに出走出来るか微妙なため、特に書くことがありません。

でもせっかくダービー週なので、たまには予想なんか書いてみましょうか。

本命はたぶん、現時点ですがブラストワンピースにすると思います。
この馬ハービンジャーなのにハービンジャー産駒以上の瞬発力ありますよね。
それでいて道悪もOKなハービンジャーらしさと。
そして長くいい脚使えて、東京2400勝っていて、馬群苦にしないし折り合いも付く・・・。
書いていて弱点なにもないじゃない(笑)
有力どころと全く対戦していない為、その力がどれくらいなのか測れないというのが未知数な所。
しかし正直東京2400って今までのレース見る限りピッタリなイメージです。
負けるとしたら本番でハービンジャーらしさ(ディープなどに切れ負け)を出した時くらいかな。
しかしシルク馬のダービー、オークス制覇も夢ではないでしょう。

皐月賞組ではエポカドーロとキタノコマンドールとワグネリアンとグレイル辺りかな。
エポカドーロは力を疑われてたらやっぱり強かったっていう過去のサニーブライアンやメイショウサムソンと被ります。
この馬直線向いたところで後ろを突き放す脚使えるんですよね。
先行馬だから分かりにくいけど、これは瞬発力の一種。
そして容易にバテない。
先行馬ながら長くいい脚を使えます。良馬場でも問題ないタイプだと思ってます。
勝てるかどうかはともかく、大負けはしない馬じゃないかなと。
展開が向けば勝ち切る力も持ってると思います。

そして他の3頭。
どれが上かっていうのはちょっと判断しづらいんですが、この3頭共に中山よりダービー向きだと思ってます。
特にワグネリアンなんか明らかに中山不得手だったはず。
キタノコマンドールは鞍上のデムーロが怖いし。
今回東京でパフォーマンスは確実に上げてくるだろうし、それなら勝ち負けに加わってもおかしくない?

皐月上位組ではサンリヴァル、ジェネラーレウーノ共に中山向き、そしてステルヴィオはダービーって感じがしないんですよね。
レースぶりはエンジンのかかりが遅くて長距離のほうがと見て取れなくはないんですが、2400はさすがにそこまで切れなさそうな。
相当なスローの瞬発力勝負になったら分からないけど、さすがにそこまで極端なスローにはならないでしょう。
なのでこの3頭の評価は落とすつもりです。

難しいのがダノンプレミアム。
元々この馬は皐月で本命にして、ダービーで評価落とすつもりだったんですよね。
レースぶりが中山で勝つための見本・・・くらい中山向いてると思ってたので。
ただ、東京が向いてないとも思いません。
先ほどエポカドーロで書いた強みをこの馬は同じく高いレベルで持ってるんですよね。
状態がちゃんとしてるなら強いとは思うんですが。
不安があるとするとその点と、2400どんと来いって気はしない所が・・・。
でも能力が抜けてればアーモンドアイのように来ちゃうのかなぁ?
ただその距離不安の分、ブラストワンピースの方がいいかなと。


簡単に現時点での予想を
◎ブラストワンピース
〇ダノンプレミアム(体調次第)
▲エポカドーロ
☆ワグネリアン
△キタノコマンドール
△グレイル
△ステイフーリッシュ


葵ステークス
抽選△
◎アルモニカ出走して!w

続々と決定

まずポーレンの16の名前が決定しました!

2018/05/18 <競走馬名を決定しました>
競走馬名が決定しました。

競走馬名:シーザウェイクリア
欧字表記:See the Way Clear
意味由来:前途に障壁がない。父名より連想

欧字表記がなければちょっとどこで区切るのか難しい名前ですね。
でも覚えてしまいさえすれば結構かっこいい名前なんじゃないでしょうか?
気に入りました(*'▽')
もちろん自分の応募は外れました(笑)
一度でいいから名付けてみたいですけどね。



トスアップ 2歳 父ジャスタウェイ
2018/05/18 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒
次走予定:未定

厩舎長「欲を言えばもう少しフックラしてほしいところですが、この馬なりに飼い葉を食べてくれていますし、しっかり乗り込んでも馬体重は維持できているので、現状はこれぐらいの体つきなのでしょう。走りっぷりは悪くないですし、日々元気いっぱいに過ごしており、体調面はすこぶる良好です。入厩を目指しながら乗り込んでいきます。馬体重は421kgです」

体重はなかなか増えませんが、元々小さいという判断ですね。
とりあえず420まで増えたので良しとしておきたいと思います。
いくら小さいといってもさすがに400キロは切って欲しくないです^^;
しかし体調はずっといいですね~。
体調良ければ調教もしっかり出来ますし、競走馬としての体を作りながら成長してほしいですね。



インディチャンプ 3歳 父ステイゴールド
2018/05/18 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:阪神6月16日 小豆島特別

厩舎長「先週末に坂路でラスト1ハロン15秒まで伸ばしてみましたが、感触は悪くなかったことから、今週からハロン15秒までペースを上げています。肩の張りも今では気になりませんし、それ以外の状態も不安なところはありません。音無調教師から6月16日の阪神・小豆島特別で復帰させたいと連絡をいただいていますので、このまま登坂回数を重ねていきながら動きを良くしていきたいと考えています。馬体重は468kgです」

予定が出ました。
阪神開催3週目の小豆島特別。芝1600Mの1000万特別です。
出直しの一戦。古馬混合ということでそんなに甘くはないと思いますが、仮に降級馬がいたとしても重賞でも好勝負出来るこの馬なら勝ち負け必至だと思います。
ただ軽く勝てるとまでは言えないのは肝に銘じておきたいと思います。
力があっても勝ち切るって難しいのは散々経験しましたから。
とはいえ1000万は1000万。
準オープンほど曲者はいないでしょうし出来ればストレートで、無理でも2戦くらいで勝ち抜けて欲しいなって思ってます。
この馬の場合まだ戦法も固まっていないので、ある意味試金石の一戦になると思います。
そろそろ一番向いていると思える脚質を固定していって欲しいですね。



ディグニファイド 6歳 父ネオユニヴァース
2018/05/18 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒
次走予定:第3回中京開催

厩舎長「順調に乗り込めていたことから、この中間は坂路でハロン15秒からラスト1ハロン14秒までペースを上げています。動きは徐々に良くなってきましたし、力強さが見られるようになりました。状態を確認した斉藤崇史調教師は、中京開催あたりで復帰できればと仰っていました。この調子なら中京開催には十分間に合うと思いますので、引き続き乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は533kgです」

調子を上げてきました。
調教師もやっと確認してくれましたね。
しかし中京あたりとか言ってないで具体的にここって決めればいいのに^^;
アルモニカ、インディチャンプ、シルクドリーマーと現役全馬予定決めてくれてそこに向けて仕上げてるのに。
今年最初の小倉目標って言ってたのも、レースを言ってなかったから牧場側の仕上げが間に合わず、結局やや急仕上げの1戦だけだったんですから。
3ヵ月待って準備不足のうえ、続戦出来ずとかなった小倉の二の舞になって欲しくないんで早めに次走決めてくださいね。



シルクドリーマー 9歳 父タニノギムレット
2018/05/18 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:7月8日の福島・七夕賞(GⅢ)

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教を継続しています。調教にはとても前向きに取り組んでいますし、精神面・体調面ともに良好な状態を維持しています。今後も七夕賞を目指して調整を続けていきます」馬体重505㎏

このまま順調にいきましょう(*'▽')

愛馬近況、ララフォーナゲート試験合格

ポーレンの16(ジャスタウェイ)
15~16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,700m、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間も脚元を含めて疲れが出ることなく、順調に調教を進めています。坂路コースでは集団馬群の中でも先頭でも、騎乗者としっかりコンタクトを取って走ることが出来ています。少しカリカリするところはあるものの、今のところ特に問題になるようなこともありません。飼い葉も残さず食べており、ボディコンディションも良好ですので、このまま順調にいけば夏の移動も視野に走ってくると思いますから、しっかりと乗り込んで鍛えていきたいと思います」馬体重547㎏

どの位置にいても騎乗者のいうことをキチンと聞く賢い子という理解でよろしいでしょうか?(*_*)
特に問題あるところもないみたいだし、中身を充実させていくだけですね~。
夏移動、秋初旬くらいにデビュー出来たら理想的な気はしますが、無理にデビュー決めず馬に合わせてしっかりやっていって欲しいですね。




ララフォーナ
2018/05/17 <近況>
在厩場所:栗東トレセン/18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:17日にゲート試験合格
次走予定:第3回中京開催

武英智調教師「先週末からゲート練習を開始しましたが、枠入り・駐立ともに問題なかったことから、17日にゲート試験を受けたところ、1発で合格することが出来ました。他の馬がいなくて、2本とも1頭で行いましたが、それでもしっかり対応してくれました。併せて行っていれば、もっと速かったと思うと騎乗者が言っていたぐらいですから、センスの良さが感じられますね。このまま進めていけるレベルではありますが、これまでの疲れを取って、心身ともにフレッシュな状態でデビューさせたいと考えているので、18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出して馬体のケアを行ってもらいます。放牧先でも状態が変わりないようであれば、すぐ戻して中京開催を視野に入れて仕上げていきたいと考えています」

ゲート試験一発合格!!
ゲートセンスあるらしいという言葉が本当なら大きな武器になりますし、良いコメント頂きました。
一度放牧に出るみたいですが、しっかり疲れを取るだけの意味で、7月の中京デビュー予定ですか~。
たった一ヵ月ちょっと。
それまでにアルモニカ、インディチャンプが走って楽しませてくれる可能性大なので焦らず楽しみに待ちたいと思います。




アルモニカ
2018/05/17 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:16日にCWコースで追い切り
次走予定:京都5月26日 葵ステークス(新設重賞)〔川田将雅〕

西村真幸調教師「16日にCWコースで追い切りました。半マイルだけ時計を出しましたが、持ったままの手応えで動きは良かったと担当者が言っていました。前走後も飼い葉を食べてくれていることもあって、馬体重は424kgまで回復していますし、ひと叩きしたことで状態はグッと上がってきています。上積みはかなり感じられるだけに、葵ステークスに出走させたいですね」

(2018/05/16 <調教タイム>
 助 手 5.16 栗坂良 54.2- 39.3- 25.7- 12.7 一杯に追う
  ジャックビーンズ(三未勝)馬なりを0.1秒追走アタマ先着)
      ↑
WHAT? ジャックビーンズが他厩舎の馬で間違い情報との噂が・・・。
なぜ翌日に出した情報で訂正しないのか謎。

5/16 助手 栗CW良 49.6 37.7 12.2③馬なり
      ↑
これが本当らしいです

前走デビュー以来最低体重を大きく更新した412キロから、たった一週間で424キロまで!
これなら出走しても心配なさそうですね。
というか一週間でここまで回復できるのになぜ今まで増やせなかったのか、これも謎^^;
まあ体調がいいからよく食べてるって事なんでしょうか。
そして何より川田騎手予定!!!
現状最もアルモニカにうまく乗ってくれる騎手で最高です。
まだ出れるかどうか分からないのによく押さえられましたね。
西村先生グッジョブ(*‘∀‘)
抽選になる可能性は高いですが、なったとしても高確率の抽選になりそうな感じ。
状態よく、体重も戻り、川田騎手で距離短縮。
メンバーも前走とは雲泥の差で強くなりますが、期待感も大きいです。
なんとか出て欲しいなぁ。

シルク東西出資率と活躍度

久しぶりに関東馬に出資したので、前回どのくらい前だったか調べてみました。
結果・・・うーん。わからないw
東西でも調べてみたけど転厩多すぎなんですよね^^;
そもそも16頭も出資してる訳がない。
でもハッキリ関東か関西か(活躍してない馬なら尚更)覚えていない馬がいます。
なんとなくこれ関東馬だったハズというのを数えてみると、たぶんですが5、6頭ほどになりました。
最後はこれもたぶんですが、2004年度産駒のシルクカクテルになるのかなぁ?
そう考えると14年も出資してなかった事になります。

まあそれもそのはず。
出資して走った記憶がないですから(;´Д`)
下の表みても一目瞭然ですね。
転厩=ほぼ走らないを含むとはいえ、たった2勝。
しかもこのうち1勝が転厩してきたシルクドリーマーの準オープンですから、それ引くと恐ろしい賞金になります。









栗東坂路が出来てから競馬サークル自体がずっと西高東低でした。
最近ようやく関東馬も盛り返しつつありますが、まだ全体的には西高東低は変わってないと思います。
昔の暗黒時代シルクも例に漏れず、完全に西高東低でした。
最初の頃こそ、全馬の中からいい馬をと思って関東も出資対象にしていましたが、結局の所走らない。
自分は関西だし実馬見れるという事で、関西馬からしか選ばないとなったのも自然の流れと言えるでしょう。

ところがシルクでは最近になって流れが変わってきました。
特に今の3歳馬を見てもらえば顕著ですが、重賞勝ち馬沢山出てるのに全馬関東馬。
賞金ベスト10に関西馬はたった2頭。
実はこの世代だけじゃありません。
ここ数年シルクの馬の質も上がり、重賞勝ち馬も出て来てますが、なんとほぼほぼ全て関東馬と言っても過言ではありません。
ちょっと並べてみましょう。
アーモンドアイ、プリモシーン、ブラストワンピース、セダブリランテス、グレンツェント、セーヴィント、
ヒーズインラブ(西)、グランシルク、ブライトエンブレムなど。
これだけシルク活躍馬増えてるのに、関西馬しか買ってないとそりゃいつまで経っても重賞勝てないわけです^^;

いつからこんな事になったのか調べてみました。
完全にノーザンファームと提携してからでした。
初年度産駒の2010年こそラストインパクトやローブティサ―ジュの関西馬がいますが、
この年以降完全に東高西低。
競馬界の流れより一足早くシルクではこの流れになっていたようです。

関東の厩舎の方が天栄とガッツリ連携してるイメージが強いですが、それが一番大きな理由なんでしょうか?
木村厩舎なんかはあくまで私見ですが、天栄で調整して調子を上げて、
最終追い切り辺りを自厩舎でちょこっとやる天栄の外厩のようなイメージです。
それで成功してるんだからいいのかもしれませんが、厩舎のカラーがまったく見えないんですよねぇ。
その辺一時代を築いてきた藤沢厩舎など上位の調教師と比べてちょっと残念かなって気持ちもありますが。

さて理由はともかく関東馬ばかり走ってるのは事実です。
そう考えると関東馬考えないわけにはいかなくなってきました。
ポーレンの16は関東馬だから買ったわけじゃないですが、関東馬だから差し引くという事はしませんでした。
今年の募集はその辺含めて考えたいですね。
実馬見たいので関西中心に考えるのは変わりませんが、本当に欲しいなら関東馬でも割引しないことにしたいと思います。
そろそろどんな馬が募集されるか発表も早くあればいいですね。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん