FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

2018年7月収支

先月は2頭の出走がありました。
うちの牡牝稼ぎ頭がクラス替えして古馬混合の再発進のレースでしたね。

アルモニカ 由比ヶ浜特別(1000万) 芝1400 1番人気 5着

インディチャンプ 小豆島特別(1000万) 芝1600 1番人気 2着

緒戦は古馬の壁に跳ね返されましたが次走に期待出来る内容でした。
今月もこの2走だけですが、ほぼほぼマイナスはなかったですね。
有難いです。


シルクドリーマー      維持費 -994
                 

ディグニファイド       維持費 -748
                 装蹄補助金 +30

インディチャンプ  小豆島特別(1000万) +8864
                 維持費 -1188

アルモニカ   由比ヶ浜特別(1000万) +2858
                 維持費 -1811

トスアップ           維持費 -1627

ララフォーナ         維持費 -809

シーザウェイクリア     維持費 -766



クラブ会費 -3240

合計   分配 +9924
      請求 -11183


マイナス 1259

                 
このくらいなら財布に優しいです。
今月はいよいよ古馬勢も復帰してほとんどの愛馬が走るという待ち望んでた状態でした。
新募集の馬代金が増える前に軌道に乗っていってもらいたいですね。
スポンサーサイト



シルク募集中間発表と愛馬近況

7月26日現在 去年の申し込みの約30%
総申込数と(  )内が抽優馬
12.アイムユアーズの17 -875- (513)
18.アドマイヤセプターの17 -584- (287)
11.ロザリンドの17 -405- (176)
46.タイタンクイーンの17 -396- (155)
54.ディープストーリーの17 -391- (156)
41.シーイズトウショウの17 -368- (166)
25.ウルトラブレンドの17 -331- (63)
62.アンティフォナの17 -330- (93)
47.ベッラレイアの17 -310- (115)
42.ルージュクールの17 -276- (86)
36.リアアントニアの17 -267- (147)
57.レスペランスの17 -262- (65)



色付けしてあるのがいいと思ってた馬達です('ω')ノ
もはや取れる気がしないんですが、アイムユアーズはパスで。
あとベスト5に入ってる3頭の内どれかに抽優馬を使う可能性が今の所高いです。
31日の結果を見て、どうしようもないような数字ならこの3頭のどれかに賭けに出るか、もしくはもう一頭自分のベスト5に入ってた今載ってないけど恐らく1次で満口になる馬に確率の高そうな抽優馬として使うか?
こんな感じでしょうか。
正直既にここに出ている馬は抽優馬なしでは取れなさそうですね^^;
なので下の2頭は恐らくあきらめの方向か、レスぺランス辺りなら応募だけしてみるかどうか。



さてさて愛馬近況です。
今週は出ませんが、来週は出走ラッシュになりそうで楽しみです。

【2歳】
トスアップ
2018/07/26 <近況>
在厩場所:札幌競馬場
調教内容:25日に芝コースで追い切り
次走予定:札幌8月11日 メイクデビュー札幌・芝1,500m(牝)〔藤岡佑介〕

池江泰寿調教師「芝の感触を確かめておこうと思い、25日の追い切りは芝コースで追い切りました。併せた相手がかなり走る馬でしたので、見劣る形になってしまいましたが、非力なところがありながらも最後まで頑張ってくれました。良くなるのはもう少し先になると思いますが、走りっぷりは悪くないので、予定しているレースに向けてピッチを上げていきたいと思います。ジョッキーは藤岡佑介騎手に依頼しています」

2018/07/25 <調教タイム>
 助 手 7.25札芝良 80.7- 64.8- 50.3- 36.9- 12.3[7]強目に追う
  クラージュゲリエ(新馬)直強目の内0.5秒追走0.2秒遅れ

ジョッキーは藤岡祐介騎手に決まりました。
ここ最近のリズムもいいし、乗れる騎手だと思います。
新馬戦としては上々の騎手ではないでしょうか?
今の段階でどのくらい走れそうか分からないですが、それなりに期待を込めて見たいですね。
デビュー時の馬体重もどのくらいになるか注目です。




【3歳】
アルモニカ
2018/07/25 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:25日にCWコースで追い切り
次走予定:小倉8月4日 九州スポーツ杯〔北村友一〕

西村真幸調教師「25日にCWコースで追い切りました。今回は馬場入り後もムキになって走ることもなく、上手く折り合ってくれました。最後の直線も追い出しにかかるとしっかり伸びてくれていたので、ここ最近の中では良い追い切りが行えました。飼い葉もこの馬なりに食べてくれていることで、ふっくらとした馬体を維持していますし、体調面に関してはとても良いですよ。来週は小倉までの輸送が控えていますので、サッと時計を出す程度で十分でしょう。ジョッキーは北村友一騎手に依頼しています」

2018/07/25 <調教タイム>
 助 手 7.25CW良 85.1- 68.7- 52.5- 38.6- 12.0[5]一杯に追う

調教よかったみたいですね。
この前触れませんでしたが、北村騎手。
どうなんですかね~。
川田騎手が海外遠征してるのでしょうがないですが。
アルモニカの特性掴んだ騎乗してほしいと思っています。
今回は初距離の試金石。
”やれる”所をみせてもらいたいですね。



【6歳】
ディグニファイド
2018/07/20 <最新情報>
 20日(金)に栗東トレセンへ帰厩しています。

2018/07/25 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:25日に坂路コースで追い切り
次走予定:小倉8月5日 天草特別〔丸田恭介〕

斉藤崇史調教師「25日に坂路コースで追い切りましたが、最初から最後まで手応え良く、これまでにない動きでした。ここ最近はテンからムキになって走るところがだいぶ収まってくれるようになったことで、まとまった時計が出るようになりました。短期放牧明けではありますが、体調は変わりありませんし、調子は変わらず良いですよ。来週は小倉までの輸送が控えていますので、体調維持に気を付けていきたいと思います」

2018/07/25 <調教タイム>
 助 手 7.25栗坂良 55.0- 40.2- 26.4- 13.3 馬なり余力

すごい適当に思い付きで決められたような予定ですが、体調がいいのが救いでしょう。
このクラスは通用する力はあると思っています。
スタートを前走のように出て、積極的にすすめてほしいですね。


【9歳】
シルクドリーマー
2018/07/26 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで25日に時計
次走予定:8月4日の札幌・札幌日経オープン〔丸山元気〕

黒岩陽一調教師「先週末にも坂路コースで時計を出しましたが、特に問題は見られないので、25日には南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はドリーマーが先導し、直線で外に併せると最後はしっかりと先着しています。併せた相手は新馬だったので先着は当然と言えば当然ですが、乗り手が合図を出すとスッと反応できていましたし動きも良かったですよ。ここまで段階を踏んで少しずつ負荷を強めていますが、今のところ馬体面に問題は見られないので、このまま競馬に向けて進めていきたいと思います。今週中に札幌競馬場へ移動させて、来週の札幌日経オープンへ向かいたいと思います。鞍上は丸山元気騎手に依頼しています」
2018/07/25 <調教タイム>
 助 手 7.25南W良 67.6- 51.6- 38.2- 13.5[7]G前仕掛け
  フライクーゲル(新馬)一杯の外0.6秒先行0.4秒先着


おっとまさかの4日予定。
騎手がよくわからないですが。石川騎手変えてくれたのは良かったと思います。
でも実はこのレース、去年から自分の中で勝手に目標にしていたレースでもあります。
昨年2着ですし、メンバーも手薄になりがちな長距離戦ですから。
前走の止まり方をみると不安も大きく、馬に精神的なダメージが残ってないといいんですが。
それでも適性はあるレースだと思うので勝ち負け期待してます!

宮古島~星と海と太陽の大地(前編)2018.7.12~7.15

馬ブログの一番の目玉時期とも言える募集馬の時期をまるで無視するかのように!
めっちゃ時間かけて旅行記前半作りました。写真のアップがしんどかった(笑)
いちいち1枚ずつリサイズするのが大変なんですが、なんかコツあるんですかね?


7月12日に宮古島に友達4人で行って来ました。
今回の最大の目的はズバリ星を見る事。
最初から新月周辺を目指して、旅行の計画を立てました。
去年の石垣の時、7月7日で星とかいいじゃないのーとか思ってたら満月近くだったうえに、ものすごい雲で・・・。
ギリギリ夏の大三角と呼ばれる星だけ見えましたが、かなり残念でした。
満月は一応綺麗に見えましたけども(*_*)
七夕は本当にいつも天気悪いですね!
その教訓を生かした訳ですね!

今回行きはANAで直行便、帰りは那覇経由で乗り継ぎで行きました。
1月から飛行機取って、この時期の連休絡めてなのに格安で行けたと思います。
しかし旅行前から心配が・・・。
台風後にあの大災害となった豪雨もあった(宮古もかなり降ってた)し、行く直前にまで宮古直撃の超大型台風が来るとかで。
2015年に車がひっくり返ったり、信号機が倒れたりした当時に匹敵する台風と言われてました。
2日前に初日に取ってたシーカヤックのツアーから台風の影響で断水や停電になる恐れがあり、とても出来ないと思いますとキャンセルの連絡があり、初めてそんなヤバい台風なんだと実感した次第です。
結果的には行く前の日の午前に台風は通り過ぎていき、幸い飛行機には全く影響ありませんでした。
ただ、行ってみると至る所で木が折れてたり、コンビニの品数が少なかったりと爪痕はしっかり残ってましたね。

【12日木曜】
しかし台風一過とはこのこと。
当日はかなり晴天で、いいドライブ日和でした。
まず来間島に行って、デザートで有名な「楽園の果実」にランチを食べに行きました。
前菜などもあり、思っていたよりいいランチでした。
DSCN0520_convert_20180722005311.jpg

62_large_convert_20180722015616.jpg

64_large_convert_20180722015502.jpg

65_large_convert_20180722015521.jpg


そして目当てのデザート。
マンゴーうま!さすが本場です。

68_large_convert_20180722015709.jpg


そのあと来間大橋へ。
宮古島にはここと、通行料金を徴収しない橋では日本最長の伊良部大橋、そして池間大橋があります。
どこも抜群の景色が見れますが、ここは海が一番近いので、有名な伊良部大橋よりなにげに良いロケーションだったりします。
いや~、宮古島の海は本当に綺麗です。
DSCN0526_convert_20180722011021.jpg

DSCN0527_convert_20180722011255.jpg

DSCN0533_convert_20180722011354.jpg



その後宿に向かいます。
今回泊まるのは一軒丸ごと貸し切りの宿、ゆくいる。
最初は島の市街地の逆にあるプール付きの所を選んでたんですが、
行程を考えれば考えるほど時間がもったいなくて直前で変更したんですよね。
その近くにある吉野海岸と新城海岸も魚が沢山いるいい海なんですが、基本浅めの海なんです。
そこ行くなら泊まる価値もあったんですが・・・。
それが新月で一番潮位が低くて厳しかったんで、そこ泊まっても違う浜いかないと厳しいかなと思って。
みなさん、最高の星と最高の海の両立は難しいです(笑)
でも結果的には良い選択になったと思います。
古民家といった感じでかなり広くて4人で広々とくつろげました。
繁華街に歩いて行けるのも良かったですね。
668_large_convert_20180722012615.jpg 669_large_convert_20180722012630.jpg
667_large_convert_20180722012524.jpg 86_large_convert_20180722012439.jpg
666_large_convert_20180722012547.jpg 90_large_convert_20180722012503.jpg



本当ならこのあとシーカヤック夕陽ツアーを組んでたんですが、残念ながら中止。
今回台風の影響は沢山ありましたが、これが一番でしたね。
せっかくなので新しく出来たドン・キホーテでいろいろ買った後、砂山ビーチに夕陽を見に行きました。
ちょっとだけ雲が残念だったんですが、なかなか綺麗な夕陽が見れましたね。
この浜は自然の岩のアーチで有名でもあります。
入口の真っ白な砂浜も趣あるし、泳がなくてもいいので、もし宮古に行ったら一度足を運んでほしい所です。
DSCN0555_convert_20180722014154.jpg

DSCN0560_convert_20180722014313.jpg

DSCN0562_convert_20180722014356.jpg

DSCN0576_convert_20180722014434.jpg


夕陽を堪能した後は宿に車を置きに戻り、繁華街へご飯に。
本当ならツアーに夕食付だったため、この日はどこも予約してなかったんですよね。
実は2年前来た時、それでどこも空いてなくて1時間くらいさまよってえらい目にあってたんですが^^;
まあ言っても平日の木曜だし、なんとかなるのでは?と楽観視してた部分もありましたが、案の定!
どこも空いてない!!
3軒目に入った「琉球王国 さんご家」って大きい居酒屋で、空いたら連絡くれるというので、とりあえずそれを予約して探しましたが、見つかりませんでした。
結局そこから15分後ほど経った時にいけますよーと連絡をもらい、ホッとしましたね。
みなさん、宮古島の夕飯は予約必須です!!
結構食べたつもりが意外と安かったのは、定番メニューが386円と手ごろだったのもあったのかも。
どれも量は少な目でしたが、値段と味は良かったです。


さて、そして今回の旅行のメイン、星空を見に行こうという話になりました。
新月は13日の明日でしたが、全く問題ないでしょう。
雲の加減とかもあるので、3日間のうちで1日でもいい星空見れたらいいねって感覚でいました。
どこに見に行くか悩みましたが、2年前近くにホテル取った時、周りが真っ暗だった与那覇前浜ビーチへ。
実はここ宮古一のビーチとしても有名で、本当は天気良い日の明るい時に来るのがおすすめです。
今回結局この後来れなかったので、2年前の写真もついでに載せておきますね(笑)
実はこういう砂浜と海だけの綺麗な遠浅の海は魚がいないのでシュノーケルには向いてません。
これですら雲が結構あった時のものです(この1時間後どんより曇になり4時間後雷を伴う雨)。
IMG_2184_convert_20180722015106.jpg

IMG_2182_convert_20180722015016.jpg

IMG_2195_convert_20180722015137.jpg


そしてこのビーチに来て、空を見上げると・・・。
そこには本当に本当に美しい星空が広がっていました。

実は街中でもそこそこ星見えるなって言ってたんですが、段違いの星空。
やっぱり星は暗い場所、新月、雲のない日の条件ですね。
夕陽で心配した雲も、ここではそんなに見られませんでした。
もう興奮して声をあげずにはいられませんでした。
そんなに星に興味ある人でもないんですが、ただただ感動。

135_large_convert_20180722013708.jpg

139_large_convert_20180722013731.jpg

152_large_convert_20180722013943.jpg


砂浜にブルーシートをひいて、満天の星空を見上げてなんて気持ちいいんだろう。
気持ち良すぎて友達寝息立てだしたよw
へんな虫がちょこちょこまとわりついたのを除けば、砂浜での星はチョイス良かったと思います。

一応撮影を試みましたが、携帯じゃもちろん無理。
普通のデジカメでも無理でした。
友達の一人がマニュアルで使えるいいカメラを持ってたのでその子頼りに。
シャッタースピードを20秒だとか30秒だとかに遅くして、人を撮る時にはほんの少しだけ明かりを入れてと。
試行錯誤したその成果が上記の写真です。

写真でもすごいですが、肉眼で見るとほんと凄かったです。
ハッキリ天の川が分かりましたし、なんか宇宙の大きさを感じましたね。
間違いなく人生最高の星空でした。

こうして記念になる写真も撮れ帰途につき、みんな大満足の1日目を終えたのでした。



【13日金曜】
この日はこの旅の観光のメイン。
伊良部島と下地島を周りつくそうというテーマでした。
2年前、初宮古でどこがいいか分からなかったため、かなり広範囲で沢山まわりましたが、
今回、その時ここがいいって思った所中心に組んだんですよね。
伊良部、下地島で見える海は最高だと思います。

まず、干潮の関係で朝方にシュノーケルしようと、昨日遅かったですが早めに起きて下地島の「中の島ビーチ」に行きました。
3年前に出来たばかりの伊良部大橋。
ここが初の友達もいて、橋の途中で軽く撮影。
橋の途中で2台ほど車止めれる場所が2か所あります。
いや~、今日もいい天気。
気持ちよく中の島ビーチに向かいました。
ここも魚の多いビーチで、ニモことカクレクマノミが沢山います。
大きめのちょっと種類違うクマノミが多かったですが、これだけ沢山見れたのは初めてでした。
ご存知な方はご存知だと思いますが、どこも意外にイソギンチャクって少なくて、ニモ探すの大変なんですよね。
魚も沢山いましたが、ここはサンゴが素晴らしかったです。
色んな種類の綺麗なサンゴが多く、宮古でもトップクラスかも。
まだ伊良部大橋が出来て3年というのもあるのでしょうか?
シュノーケルスポットとして知られてきたのが、伊良部大橋が出来た最近なのでこれだけサンゴが残ってるのかもしれません。
もちろん温暖化など人がすべての原因ではないですが、この海の中の景色をずっと守っていきたいですね。
DSCN0588_convert_20180722024258_20180722035217c9c.jpg DSCN0596_convert_20180722030215_201807220352187d4.jpg
DSCN0602_convert_20180722024415_20180722035219e6a.jpg DSCN0611_convert_20180722024742_201807220352211a8.jpg
DSCN0633_convert_20180722030524_201807220352220b5.jpg DSCN0638_convert_20180722030918_20180722035224477.jpg
DSCN0667_convert_20180722030257_201807220352252c8.jpg DSCN0692_convert_20180722031145_201807220352275bd.jpg



朝にシュノーケル組み込んだのは正解でした。
昼になるとどんどん浅くなってきて、そろそろいいかーと満足したくらいがちょうど予定のいい時間。
そこから一度宿に戻ります。
シャワーを軽く浴びて、近くのくになか食堂へ。
ここなんと天ぷらが3つ100円ですよ、奥さん!
14時とちょっとお昼時からずれてたので空いてて丁度いいと思ってたら、ぼくらの後次々に人が来てあっという間に満員に^^;
タイミング良かったですね。
沖縄の食堂らしい素朴な味で美味しかったです。
674_large_convert_20180722041444.jpg

673_large_convert_20180722041423.jpg



食事後いよいよメインの観光です。
また伊良部島へ。
まず三角点を目指します。
知る人ぞ知るスポットで、獣道みたいなところ抜けて崖になってる所から海が見下ろせるんですが、
その景色がまた絶景なんですよねー。
ここでも台風の影響で木が倒れてて、通りにくい事この上ない^^;
軟体動物のように体をくねらせて崖先へ。
圧巻の海が見れました。
DSCN0705_convert_20180722024119_2018072203522886f.jpg

161_large_convert_20180722023809.jpg

163_large_convert_20180722023858.jpg

DSCN0719_convert_20180722024203.jpg


写真だと分かりにくいですが本当にすごい高さの崖です。
本当に崖なので冗談で押したりはしないでくださいね。
エメラルドグリーンの最高の海でしたが、台風の影響かちょっとゴミっぽいのが流れてたりもしましたね。
恐らく天気の良さ、雲の少なさは台風のおかげだった気もしますが、海にはやっぱり影響があった気がします。
この日の海、次の日の海も十分綺麗だったけど、やっぱりちょっと濁ってて、本来の宮古の海じゃなかったと思ってます。
星は石垣も凄いらしいけど、海は本島、石垣、宮古なら抜けて宮古島ですね。
どこ行っても綺麗だし、魚も沢山いるビーチが多いです。

さて、三角点の次は2年前グーグルが変な所指して辿り着けなかった「フナウサギバナタ」リベンジです。
実は三角点の近くにあったんですね。
これも多分台風の影響か・・・一部の壁が剥がれ落ちていました(;´Д`)
またいつかリベンジしたいと思います。
DSCN0722_convert_20180722033917.jpg

670_large_convert_20180722033833.jpg

671_large_convert_20180722033847.jpg

183_large_convert_20180722034008.jpg


次は日本の渚100選に選ばれてる「佐和田の浜」へ。
この浜は一風変わっていて、巨岩がごろごろしてるんです。
ぼくらは干潮後に行ったので、岩だらけでしたが、海があるとまた違った感じなんでしょうね。
193_large_convert_20180722034036.jpg


ここを軽く見た後、下地島の空港北へ。
強行軍に見えますが、三角点からここまで10分程度の距離にあるんですよ。
なので景色はしっかり楽しんでます。

下地空港北、通称「下地島空港17エンド」は、2年前に行ったとき最高の景色に感じた場所でした。
今回も綺麗ではあったんですが、ちょっと日が落ちる時間に近くて完全な青って感じではなかったですね。
最初はそういうのも気にして観光を先、シュノーケル後にしてて、ここだけはちょっと裏目に出ました。
お昼干潮になった時の海の浅さを考えると、結果的には正解だったと思うんですが。
せっかくなので2年前の動画も載せておきましょう。



DSCN0747_convert_20180722034427.jpg

DSCN0753_convert_20180722034603.jpg

DSCN0758_convert_20180722034633.jpg

この後伊良部初めての子の為に微妙に時間があったので予定になかった「通り池」に。
ここもなかなか趣あるところで、寄る価値あると思いますよ。
その昔鍾乳洞だった所が雨や波の浸食で天井部分が落ちたことにより出来た池と言われています。
DSCN0760_convert_20180722034814.jpg

DSCN0763_convert_20180722034836.jpg



こうして観光も満喫し、一旦宿へ。
宿はリゾートホテルとかでない限り街中がやっぱり便利かなぁ。

この日はちゃんと予約していた沖縄民謡の店「美ら美ら」へ。
この店は聞くだけじゃなくお客もステージにあげたりと耳なじみある曲中心の楽しい店でした。
店員さんもみんなフレンドリーで、また行ってみたいなって思う店でしたね。
200_large_convert_20180722040025.jpg



この日も星をって予定でしたが、さすがに朝から疲れてたのと、昨日最高に満足できる星を見た為、
みんな早めに就寝したのでした。

シルク募集で気になってる馬たち

毎年ギリギリまで悩むほうなのであくまでも現時点ですが、ビデオも含めて見ると困った事になりました。

字面上でよくみえていたかなりの人気になろう馬が実物もイイ!

具体的に言うとアイムユアーズアドマイヤセプターが最高によく見えちゃったんですけどどうすればいいですか?(笑)
あ、ぼくに馬体見る目はないので悪しからず。あくまでもビデオで見た個人の印象です。
あ、ディープ産駒や5000万以上するような馬も抜いてます。
お金あるならピラミマミュージカルウェイリアアントニアも欲しいんですけどね。


一番良く見えたその2頭って、普通にベスト3位に入りそうな人気馬なんですよね。
抽優馬使ってすらかなりの抽選になる事が目に見えるようです。
落ちる覚悟で一番いいと思える馬に行くべきなのかどうか・・・。
あとシーイズトウショウ(ジャスタウェイ牡馬)池江さんもいいですね。
でもここは行きません。ジャスタウェイは去年2頭も買っちゃったので。
そんな感じで字面上人気になる馬が実物もいいって困った事?になった訳です。

あと気になってた馬として、ディープストーリー
筋肉は柔らかそうだし、悪くはないんですが、391キロと小さいんですよね。
これがステイゴールドなら気にしないんですが、エピファネイアってシンボリクリスエス系ですからね。
アドマイヤセプターと比べると見劣りとまでは言わないですが、あっちの方が父親らしさを受け継いでますね。
母父のディープが出たと考えればいいんですかねぇ。
ただこの大きさのせいで、値段的にも人気間違いなしのこの馬の賛否両論が分かれる気はしました。
字面上の人気よりは落ちそうなので、抽優馬の権利が獲得に効くかもしれません。
厩舎が一番相性いいのでかなり気になってる馬ではあります。
アドマイヤセプターがこの厩舎なら、抽優権無駄にしても行く可能性は高かったですが、木村厩舎ってどうなんでしょう?
実績は残してますが、シルクのトップクラスの馬ばかり入ってるし、怪我が多いのが気にはなります。

次に気になってるのがマンビア(ハーツクライ)です。
元々厩舎で注目してましたが、実物もかなりいい。
これなら・・・って感じです。
どのくらい人気になるんでしょうか。

あとオルフェーブルでもう一頭。
タイタンクイーンです。
繁殖成績抜群ですね。馬体も良かった。
松永厩舎なら厩舎のマイナスもないですし。
大人気のアイムユアーズよりは現実的な気はします。

レスぺランス(スクリーンヒーロー)も良かったです。
ディープの近親で血統的魅力もあります。
石坂厩舎はシルクで成功してませんが、信頼できる調教師でしょう。
もう1頭このあたりの値段的なものでいえばレイズアンドコール(ディープブリランテ)。
特別良くみえたわけではないですが、まずまずいい感じ。
兄妹に重賞勝ち馬もいるし、厩舎も含めて総合的に気になるといった感じです。

あと欲しい種牡馬と言っていたロードカナロアなんですが、あまりパッとした馬がいなくて。。
強いて言えばルージュクールですが、抽優馬使ってまでと思えないのでスルーになるかもしれません。

この辺りですかねぇ。
ほとんど牝馬ですが^^;
牡馬でもう一頭気になったアンティフォナ
厩舎が個人的にちょっと・・・。
この厩舎に入る馬、去年も気になる馬ばかりで本当に困るんですけど^^;


今回は出資2頭のつもりです。
かなり絞らないといけないので、人気も含めて今後の推移を見ていきたいと思います。
抽優馬使わないと取れない馬もかなりいるのでどこに使うかも悩みどころですね。

愛馬近況まとめ

【6歳】
ディグニファイド
2018/07/12 <近況>在厩場所:栗東トレセン/13日に滋賀県・ノーザンファームしがらきに放牧予定 調教内容:軽めの調整 次走予定:新潟8月25日 瀬波温泉特別 斉藤崇史調教師「今朝軽く調教を行ったところ、やや疲れが見られますね。さすがに中2週で小倉までの輸送となると少し強行軍になりますので、数週間ほど短期放牧に出して馬体のケアを行ってもらおうと思います。前走で丸田騎手が上手くエスコートしてくれたこともありますし、引き続き乗ってもらいたいと考えているので、放牧先で順調に回復するようであれば、8月25日の新潟・瀬波温泉特別に出走させたいと思います。13日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」

2018/07/20 <近況>
在厩場所:20日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:小倉8月5日 天草特別〔丸田恭介〕

斉藤崇史調教師「丸田騎手に騎乗してもらうために新潟開催に予定を変更させていただきましたが、丸田騎手から『8月5日の小倉記念に騎乗することになり、同日の天草特別は空いているのでいかがでしょうか』と打診がありました。しがらきに行ってすぐ戻せるか状態を確認したところ、疲れは回復し、状態は安定していることから、予定を早めさせていただくことにしました。20日の検疫が取れましたので帰厩させていただき、来週から仕上げに入っていきたいと思います」

2018/07/20 <最新情報>
 20日(金)に栗東トレセンへ帰厩しています。

この2つのコメントの前がコレ。
「変わりないようであれば中2週空けて7月29日の小倉・響灘特別に向かいたいと考えています」
なんなの2転3転と^^;
まず、小回りで捲るような競馬をという事で去年の11月から福島に拘って間隔を空けてたのに、疲れてるから新潟とか言った後、
騎手に合わせて小倉使うとかもはや馬本位じゃないですね。
今まで異常に間隔空けてた意味はなんだったのと問いたい。
どこでもいいんだったら今年たった2走なんて馬鹿なことはなかったハズなんですけど。
あともう一点。
丸田騎手ってそこまでして合わせるほどの騎手なんでしょうか^^;
まるでルメールやデムーロ並みの合わせ方してるのにちょっと苦笑。
新潟より小回り小倉になったのは結果的にいいとは思いますがなんだかなぁ・・・。



【9歳】
シルクドリーマー
2018/07/19 <近況>
在厩場所:美浦トレセン 調教内容:坂路コースで18日に時計 次走予定:未定 黒岩陽一調教師「その後も坂路コースに入れつつ軽めのところで運動を行っていますが、ここまでのところ特に問題になるようなところは見られません。18日には坂路コースで終いサッと流す感じで時計を出しましたが、動きに問題はありませんでしたし、上がりの歩様にも異常は見られませんでした。まだ安心は出来ない状況ですし、さらに負荷を強めていった時にどうなるかですが、今後もよく状態を見つつ徐々に時計を詰めていければと思っています」

2018/07/18 <調教タイム>
助 手 7.18南坂良 56.0- 41.1- 27.1- 13.1 馬なり余力

自分、ラップとか見てなかったんですが、ドリーマーの前半3ハロンが34.7だったそうで、連続で雨続きだった馬場からすれば相当なハイペースだったそうです。
1400くらいの距離で40戦以上してるドリーマーなのに自己最速の3ハロンだったとか。
なんかあれだけおかしな止まり方した理由が分かったような気がします。
そんな乱ペースだったから、ブービーと最下位人気馬が馬券に絡んだんですね^^;
石川騎手、去年もフェイマスエンドで殺人的ペースで行ったらしいし、ペース判断あまりよろしくないんでしょうか?
調教師もちょっとその辺気づいてほしいですね。まあ馬体に細心の注意をしてくれるのは歓迎ですけど。



【3歳】
アルモニカ
2018/07/18 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:18日にCWコースで追い切り 次走予定:小倉8月4日 九州スポーツ杯〔北村友一〕 西村真幸調教師「帰厩後も状態は安定しており、飼い葉もこの馬なりに食べています。馬体は大きく変わった感じはしませんが、ふっくらとした状態を維持していますし、この馬なりに成長していると思います。坂路だとテンから抑えが利かない為に、今回も周回コースを主体に調教を行っていますが、18日にCWコースで半マイルから時計を出し、反応良く伸びてくれました。予定しているレースまであと2週間ありますので、十分仕上がると思います。ジョッキーは北村友一騎手に依頼しています」

2018/07/18 <調教タイム>
助 手 7.18CW良 50.3- 36.5- 11.9[5]一杯に追う 

2018/07/14 <最新情報>
14日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。

相変わらず順調です。
でもちょっとだけ気になる事があります。
短距離の上級レースを目指していく馬が坂路入れなくていいんだろうかって^^;
短距離使うような馬は坂路追い切りが主流ですからねぇ。
また坂路でも追えるようになって欲しいなって思います。



インディチャンプ
2018/07/20 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「先週一杯まで軽めの運動でレースの疲れを取っていましたが、アーリントンカップ後に見せていた歩様の硬さは見られませんでしたし、思いのほか疲れはなかったですよ。聞いていたよりダメージはなさそうですし、秋競馬に向けて順調に進められそうです。ここに来て蒸し暑くなってきているので、体調には気を付けながら乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は465kgです」

思ったほど疲れがないという事で良かったです。
人間でも参る暑さですからね^^;
あまり無理しないで欲しいです。
減った体重も完全に戻ったみたいですし、馬体を充実させて戻ってきて欲しいですね。




【2歳】
ララフォーナ
2018/07/18 <近況>
在厩場所:18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧 調教内容: 次走予定:未定 武英智調教師「トレセンに戻って状態を確認させていただきましたが、大きなダメージはないものの、走り切った感じは窺えます。馬体を見てもまだもうひと絞り出来る体付きをしていますし、脂肪が取れて筋肉がつけば、もっと手先が伸びてスピードに乗っていけるようになるでしょう。成長を促す為に短期放牧に出し、秋競馬に備えようと思います。18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」

一応秋競馬目標なんですね。
そんなに放置って感じでもなさそうで良かったです。
適性考えるのもレースを使いながらっていうのも一つの方法ですし、復帰に前進の期待を込めて待ちたいと思います。



トスアップ
2018/07/16 <最新情報>
15日(日)に札幌競馬場へ帰厩しています。

2018/07/19 <近況>
在厩場所:札幌競馬場 調教内容:19日に札幌ダートコースで追い切り 次走予定:札幌8月11日 メイクデビュー札幌・芝1,500m(牝) 池江泰寿調教師「15日に無事札幌競馬場に入厩しています。移動後はこの馬なりに飼い葉を食べていますし、体調は変わりありません。19日に札幌・ダートコースで追い切りましたが、動きそのものは悪くなかったので、予定している8月11日の札幌・芝1,500m(牝)に向けて仕上げていきたいと思います」 

2018/07/20 <調教タイム>
 助 手 7.19札ダ良 75.0- 57.3- 41.8- 13.7[2]馬なり余力

こちらも順調ですね~。
そして予想よりだいぶ早い8月11日デビューになりました。
この世代の3頭のうち一番納得して出資した子なので走って欲しいなって思います。



シーザウェイクリア
2018/07/15 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来 調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター 担当者「その後は周回コースでの運動を続けていましたが、再び右後肢に少し疲れが出てきてしまいました。先週はウォーキングマシンの運動に止め、その後はトレッドミルでのダクを経て、現在はトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。当初は夏の移動も視野に入れていましたが、大型馬ということもありますし脚元の状態が安定するまでは、無理せず進めていった方が良さそうです。飼い葉はしっかりと食べていますし、馬体の艶も良好で体調面に問題はありませんよ」馬体重556㎏

うーん、まだ弱いところがありそうですね。
軌道に乗りそうで乗れないの繰り返しです。
言われてるように、無理して移動時期を合わせず馬の状態次第で進めて欲しいと思います。
しばらくかかりそうだけど仕方ないかな。

ララフォーナ新馬戦結果

ちょっと旅行に行ってました。
また時間ある時に書こうかと思います(誰も求めてない?(笑))。

ララフォーナ
2018/07/16 <レース結果>
 7/14(土)中京5R メイクデビュー中京〔芝1,400m・15頭〕12着[6人気]

行き脚が付かず後方からレースを運びます。徐々に押し上げていこうとしますが、なかなかスピードが乗らず、勝負どころでは置かれ気味になります。最後の直線も大きく脚を伸ばすことが出来ず、デビュー戦を12着で終えています。

福永祐一騎手「レース1週前の追い切りでもスピードに乗るのに時間が掛かっていましたが、実戦でもゲートを出していこうとしても、脚が前に出てこない為に流れに乗っていくことが出来ませんでした。適性云々というよりはまだ体が使い切れていない感じですし、このまま続けて出走させても良い結果に繋がるような感じではないので、もう少し成長を待つ方がいいでしょう。素直で乗り味は悪くないので、馬体がしっかりすれば走ってくる馬だと思いますよ

武英智調教師「素直で飼い葉もよく食べる馬なので、なかなか絞り切れませんでしたが、少し余裕があるぐらいで出走させることが出来ました。性格が素直で実戦に行っていいタイプだと思っていましたが、ゲートの出がモッサリで、流れが速くなったあたりでは置かれ気味になってしまいました。本質的にはゆったりした距離の方が良いのかもしれませんが、鞍上はまだ体が使い切れていないと言っていたので、もう少し時間を掛けて育てていく方が良いかもしれません。馬体が絞れてメリハリが出てくるようになれば、動ける体付きになるでしょう。トレセンに戻って状態を確認したあとは、成長を促す為に放牧に出す方向で考えています」

途中まで4番人気、最終的に僅差の6番人気になりました。
大いに期待しましたがゲートは出遅れというよりゆっくり出て、そのまま後方を追走。
なんとか馬群からは離れる事はなかったですが、直線に向いてあまりいいところなく後方のまま終わりました。
そこそこ人気しての大敗は一番気が沈むんですが・・・まあ印が付くだけの良さもあったと前向きに考えたいですね。
現状距離も短いというのはあったと思いますが、速い脚が使えないのはちょっと痛いですね。
距離だいぶ延ばさないとダメかもしれません。
でも決して素質がないわけではないと鞍上も言ってくれてるので、しばらくかかると思いますが、
走りを良くして長めの距離で戻ってきて欲しいですね。
この時期ならまだまだ時間はあります。
早めに一度使ったのは今後の方針に繋がると思うので良かったと思います。
あとは頼りになる育成牧場に期待しています。


愛馬近況

インディチャンプ
2018/07/11 <近況>
在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

音無秀孝調教師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、目立った疲れはなく、飼い葉もよく食べています。春は歯痒いレースが続いていただけに、漸く結果を出してくれてホッとしています。ただもっと上を目指せる馬だけに、これに満足せず精進し、いずれは重賞を獲れるようにより鍛えていきたいと思います。夏場は成長を促す為に放牧に出して秋競馬に備えます。近日中にノーザンファームしがらきへ放牧に出し、秋の番組が発表されてから具体的な番組を検討したいと思います」

無事なようでよかったです。
夏前に1600万クラスなら上等でしょう。
仮に菊路線ならトライアルなら確実に、下手すれば本番でも抽選で出れるかもな賞金ですからね。
マイル路線となると古馬混合という事になりますが、その場合まだこの賞金だと万全ではないんですよね。
現実的に考えて1600万クラスの勝ちを目指す可能性が高いかもしれません。
そこから重賞という感じでしょうか?
海千山千の強者が揃う準オープンは簡単に抜けるのは難しいかもしれませんが、
出来れば1,2戦で抜けて欲しいです。
とりあえず、疲れを癒してもらって夏の成長期待しています。



ディグニファイド
2018/07/11 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:小倉7月29日 響灘特別

斉藤崇史調教師「福島からこちらに戻ってきた後も疲れが出ることもなく、状態は変わりありません。ゲートがスムーズならこのクラスでも差のない競馬をしてくれますし、次走もいい状態でレースに向かえるように調整していきたいと思います。今週いっぱいは軽めの調整で様子を見させていただき、その後も変わりないようであれば中2週空けて7月29日の小倉・響灘特別に向かいたいと考えています」

よし!ついに連続出走ですね。
こんな当たり前の事なのになぜこんな嬉しいのか(笑)
次走も前進を期待します。



シルクドリーマー
018/07/11 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

黒岩陽一調教師「美浦トレセンに戻ってからもチェックを行いましたが、現在のところ歩様に問題はなく、馬体にも大きなダメージは確認できません。ただ競馬でああいう止まり方をしてしまったのですから、悪いところを見逃さないよう、これから騎乗運動も行いながら、しばらくは経過観察を続けていきたいと思います」

うーん、仕方ないですね。
問題ないと確認出来てから進めてもらえればと思います。
バテたのか、走る気をなくしたのか?
原因がはっきりしないだけに・・・。
次走は急かすことのない長めの距離で行って欲しいと思います。

レース結果とシルク公式コメント

インディチャンプ
2018/07/09 <レース結果>
 7/8(日)中京10R 有松特別〔芝1,600m・13頭〕優勝[1人気]

五分にゲートを出ると軽く促しながら好位5番手に取り付けます。残り600mを過ぎたあたりで外に出し最後の直線で追い出しにかかると、残り200mで先頭に立ちそのまま後続馬を振り切り、待ちに待った3勝目を挙げています。

福永祐一騎手「馬場を考慮して少しゲートから出して行きましたが、折り合いを欠くこともなくスッと好位を取れました。最内枠ではありましたが、上手く外に出して追い上げることが出来ましたし、抜け出してソラを使ったものの、最後までしっかり伸びてくれました。出来に関しては前走の方が良く感じましたが、ここでは力が一枚上でしたね。2走目で結果を出せてホッとしています」

音無秀孝調教師「勝っても負けてもこの後は一息入れて秋に備えようと思っていましたが、良い結果で夏休みに入ることが出来ますね。春は歯痒いレースが続いていただけに今回の勝利は格別に嬉しいですね。今回の勝利をきっかけにさらなる活躍を期待しています。トレセンに戻って状態を確認した後はしがらきに放牧に出す予定です」

本当に嬉しいです。
前走負かしてる相手+その相手よりやや評価が低いメンバー構成。
勝たないといけないメンバーでした。
でも中間のかなりの雨、そして最内枠と次々に試練が重なりました。
初遠征、左回り、重馬場(稍重でしたが)、最内とすべて乗り越えてくれました。
今後多少の雨なら不安はありませんね。

そしてやっぱり福永騎手と手が合ってるのは間違いないですね。
出していってもかからなかったし、雨という事で好位を取って、4コーナーでは外に出し追い出すだけ。
そのすべてが完璧でした。
簡単なようで、岩田騎手の時はすべてがチグハグでしたから^^;
前走僅差で負けたエイシンティンクルも連勝でOPへ。
インディもOPどころか重賞級の能力があるのは最早疑いようもありません。
短い夏休みだと思いますが、疲れを癒してさらに充実して秋の快進撃に備えて欲しいと思います。
関係者のみなさん、インディチャンプ、胸のすくようなレースをありがとうございました!



ディグニファイド
2018/07/09 <レース結果>
 7/8(日)福島10R 天の川賞〔D1,700m・15頭〕6着[10人気]

ブリンカー着用。五分のスタートを切ると、道中は好位3番手を追走、3,4コーナー中間あたりから鞍上の手が動き始めますが、直線ではジリジリと渋太く脚を使って、6着でゴールしています。

丸田恭介騎手「スタートは気を付けるように言われていましたが、上手くタイミングを合わせて出ることが出来ました。最初のコーナーで少し行きたがりましたが、変に抑えてケンカするよりはと思い、馬の行く気に任せてスーッと行かせました。向正面に入ると収まってくれましたし、その後はリズム良く運ぶことが出来ましたね。勝負どころでいったんズブくなってしまいましたが、直線は馬体を併せる形になったので最後までよく頑張ってくれました」

斉藤崇史調教師「輸送も問題なくこなして状態は良かったですし、スタートさえ五分に出られれば悪い競馬にはならないと思っていました。大外枠だったのであまり待たされずに済んだこともいい方に向き、今日は上手くゲートを出てくれましたね。丸田騎手には好位に付けて運んで欲しいとリクエストしていましたが、少し行きたがるところはあったものの、道中いい位置に付けて上手く運んでくれたと思います。勝った馬は強かったですが、それ以外の馬とは差は僅かで着順ほど離されていませんし、今回のようにスタートさえ出てくれれば勝負になることを改めて示してくれたと思います。この後はトレセンに戻ってからの状態を見てどうするか検討したいと思います」

とにかくスタートに尽きます。
出遅れから始めましょうというのがいつものこの子でしたが、五分に出たアドバンテージは大きかったです。
これが乗り慣れた騎手ならスーッと上がっていった所でそのまま捲っても面白かったと思いますが、丸田騎手もソツなく乗ってくれたと思います。
2走前の半年以上の骨折明けでも4着に来たし、十分通用する能力はある筈です。
使っていけば勝てる可能性も高くなるでしょう。
この馬の場合、結局最終的にはそこなんですよね。
今年に入ってたった2走。特に怪我してたわけでもないんですが。。。
調教師の最後のコメント。
これで何も状態に問題ないのに放牧に出したら・・・。
今度こそ期待を裏切らないで欲しいと思います。
大型馬は叩いてこそでしょ!



シルクドリーマー
2018/07/09 <レース結果>
 7/8(日)福島11R 七夕賞(GⅢ)〔芝2,000m・12頭〕11着[10人気]

五分のスタートを切ると、促しながら位置を取りに行き、好位の外目4番手で2コーナーを通過していきます。向正面に入って早々に鞍上の手が動き始めると、その後は先団に離される一方で、最後は大きく離された最後方で入線しています。

石川裕紀人騎手「スタートから行き脚も付いて、途中まではリズム良く運ぶことが出来ました。ただ向正面に入ってすぐにジャンプするような場面があり、そこから押しても進んで行かなくなってしまいました。いつもとは違い、トモを落とすような走り方だったので、最後は無理させませんでした」

黒岩陽一調教師「好位に付けることができ、いい感じに追走しているように見えたのですが、向正面に入るあたりで急にジャンプするようなところ見せた後から、付いて行けなくなってしまいましたね。パトロールビデオを見ても、ジャンプした後からトモが嵌ってこない感じでしたし、中身の問題というよりはジャンプしたことが何かしら走りに影響してしまったのだと思います。申し訳ありません。上がりの歩様には特に異常は見られませんでしたが、厩舎に戻った後もよく状態を確認させていただきます」


最初まずまずのスタートから好位に付けたところまではよかったんですが、
途中から押してるのにズルズル下がっていったときは、さすがに故障かと思いました。
バテるにしてはあまりにも早すぎたので。
このコメントみても今一つ良く分かりませんが、とりあえず無事でホッとしました。
個人的プランでは、状態に問題なければ層の薄い札幌か函館の長距離オープン特別を狙って欲しいと去年2着した時からずっと思っています。
あくまで何も問題がなければですけど。
もしそこで今回のように走らなければ、走りたくないって事でしょうし、この辺りで引退させてあげたらいいかな~と思いますね。
今回で54戦目。すごい馬だと思います。

インディチャンプ、有松特別快勝!

1倍台の圧倒的一番人気で迎えた一戦。
中間の大雨と1番枠と、どこまでこの馬運がないんだろうと思ってましたが、とにかく信じるしかありません。
レース直前にサウンドキアラが馬体異常で除外のアクシデントがありました。
軽ハンデで正直怖い馬とは思っていましたが、2度負かしてますから例え出ていても力負けはしないと思っていました。

ゲートは上手く出て、上手く先行させます。
軽く促して前に付けようとしてましたが、ここでかからないのが上手いですね。
その後はずっと先団の直後を追走。
すぐ外にデムーロがいた時は閉じ込められる?と心配でしたが、しばらくすると外に何もいない状態に。
結局コーナーを周る前にスムーズに外に持ち出し、あとは馬場がマシな所を追うだけ。
一完歩毎にクリアザトラックを追い詰め、一気に交わしてそのまま差を広げて1着でゴール!
もう直線半ばでは脚色が違うし間違いないと確信しましたね。

シルクフェイスブックより
福永祐一騎手は「だいぶレースの形が出来て、出していってもすぐに折り合って走ってくれました。抜け出してソラを使いましたが、ここでは力が違っていましたね」と話していました。

この2戦、いい位置取りを取ってかからず追走。
そして直線爆発とインディの形を作ってくれました。
とにかくこの馬の形を早く作って欲しかったので、上手く乗ってその形を作り、結果を出してくれた福永騎手には感謝です。
前走の勝ち馬エイシンティンクルも1600万も前日に連勝ですから、前回は馬場とやっぱり勝ち馬が強かったんでしょう。
岩田騎手より確実にインディと手が合ってるみたいですね。
これでスタート良く、ペース次第で無理ない先行、差し自在の形が出来上がりました。
早めに抜け出すとソラを使うというのがいつもあるので、そこは今後の課題の一つでしょうか。
しかし仮に乗り替わりがあったとしてもこの2戦は参考にしてくれるでしょう。
まあ何かとぶつかったり他場騎乗とかでない限り、福永騎手も手放したくないと思うんじゃないかと思いますが^^;
とにかくここ最近のモヤモヤを払拭してくれる完勝でした。
体重も減ったのでこの後おそらく放牧に出ると思いますが、上に上がっても期待出来そうです!



福島10レースのディグニファイドも久しぶりの五分のスタートを切ってくれました。
2、3走前中谷騎手、調教師共に確実に出遅れさせてからってニュアンスのコメントをしてましたが、
タイミング良ければ出れるんじゃないですか。
確かにスタート前も首激しく振ってましたけど(笑)
そこからスピードに乗って3番手。
ちょっと抑えるのに苦労してたみたいですが、途中捲る感覚で行き切ってもよかったかもしれませんね。
直線速い脚が使えるタイプでもないので。
しかし、常識にかかったレースの結果6着でした。
8着以内という戦前の期待には十分応えてくれたと思います。
やっぱり1000万でもそれなりに通用するんですよね。なぜ使わないのか。
叩き2戦目大いに期待しています。



そして最後の七夕賞。
シルクドリーマーがまずまずのスタートから先行します。
途中までは良い感じでしたが、なんか手応えがおかしい。
どんどん下がっていきます。バテたにしては早いし故障?
それでも中止せずかなり大差で入線したようですが・・・。
フェイスブックにも未だに情報出ずで不安です。
無事でありますように。

愛馬近況ーデビュー戦鞍上決定

【2歳】
ララフォーナ
2018/07/05 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:4日に芝コースで追い切り
次走予定:中京7月14日 メイクデビュー中京・芝1,400m(牝)〔福永祐一〕

武英智調教師「4日に芝コースで追い切りました。福永騎手に跨ってもらい、感触を確かめてもらいましたが、追走し、直線で併せにかかるとそのまま同入しました。ジョッキーは『距離は少し足りないかもしれないけど、素直で乗り易く前向きさがあるので、新馬のペースなら対応してくれるでしょう』と言っていました。飼い葉を残すことなく馬房内では古馬のように落ち着きを保っており、レースに行って力を存分に発揮してくれるタイプだと思います。馬体もメリハリが出て良い感じに引き締まってきましたので、いい状態で来週の競馬に向かえそうです。ジョッキーは福永騎手に依頼しています」

2018/07/04 <調教タイム>
 福 永 7. 4栗芝良 78.4- 62.7- 49.1- 36.3- 12.1[3]稍一杯追う
  テイエムヒッタマゲ(古1000万)馬なりの外0.8秒追走同入

芝コースの追い切りとかどのくらい出たらいいのかさっぱり分からない^^;
そう思っていたらまさかの福永騎手!
これは思っていた以上に期待出来そうかもしれません。
少なくともこのクラスのジョッキーに依頼して無印って事はなさそうです。
相手が馬なりとは言え、古馬1000万の馬に追走から同入もしてますしそれなりに動いてるんですかね。
元々距離がちょっと短いと思っていましたがやはり福永騎手も同じ感覚をもったようで。
気性に関しては結構いいコメントが多いので今の所心配ない感じ。
何故この距離を使ったのかって事ですが、たぶんですがメンバーが少しでも軽くなると思ったんですかね。
今週の芝2000で2億以上の馬が2頭にヴィルシーナの仔と良血が揃い踏みです。
このあたりの中距離デビューというのは明らかにクラシックを意識していて、強力メンバーが揃いがちです。
この1400のレースがどうなるかは分かりませんが、少しでもその辺を意識したのかもしれません。
とにかく少し心配が減り、より楽しみになってきました。



シーザウェイクリア
2018/07/02 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:周回コースで軽めのキャンター2,400m

担当者「右後肢に疲れが出たためペースを落として調整していましたが、この中間から乗り運動を再開しています。周回コースでの距離を1,800mから2,400mへと週ごとに徐々に延ばしていますが、今のところ脚元の状態にはいい意味で変化は見られません。おそらく休みなく調教を進めていたことで、溜まってしまった疲れが脚元にきてしまったのだと思いますが、今後も状態を見ながら慎重に進めていきたいと考えています」馬体重560㎏

脚元に疲れが出たとはいえ、怪我をしたわけじゃないのが良かったです。
これならまた進めていけるでしょうし、しっかり馬体を充実させてもらえたらと思います。
まだ早いこの時期に無理する必要ないですからね。



トスアップ
2018/07/05 <最新情報>
 5日(木)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。

2018/07/06 <近況>
在厩場所:5日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

担当者「5日に無事にこちらへ到着しています。今のところ体調に問題は見られませんが、長距離輸送をこなしてきましたし、もうしばらくはよく状態をチェックしていきたいと思います。札幌開催を目標にということでこちらに帰ってきましたので、徐々に乗り出して態勢を整えていければと思っています」

なんで北海道にわざわざ行くんだろうと思ってたら札幌デビュー予定ですか。
てっきり秋かと思ってましたが、一足先に予定が入りましたね。
恐らく第2回札幌の8月後半あたりでしょうか?
馬体重に注意しながら、再入厩に向けてしっかり進めていって欲しいと思います。




【3歳】
アルモニカ
2018/07/06 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒
次走予定:小倉8月4日 九州スポーツ杯

厩舎長「調教を開始後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の乗り込みを開始しています。普段は落ち着いているものの、ペースを上げていくとやはり煩いところを見せるようになってきましたが、これはいつものことなので心配ないでしょう。雨が降った日は特に機嫌が悪いので、上手く宥めながら落ち着かせていきたいと思います。馬体重は436kgです」

少し馬体も増え、順調ですね。
雨で機嫌悪いのは人間も同じ。
今日の豪雨の中、外で仕事してたぼくもずっと機嫌悪かったです(笑)
馬体は減らないよう慎重に進めて欲しいです。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん