FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

2018年11月収支

10月27日 アルモニカ 国立特別(1000万)  芝1400 10番人気 18着

10月27日 トスアップ アルテミスステークス(G3)  芝1600 7番人気 5着

大体月2走がデフォですね。次の11月も月2走で終了しています。
同日だと出走が待ち遠しいので、どうせなら日を分けて出てくれたほうが嬉しいですけど^^;


シルクドリーマー     維持費 -948
                
ディグニファイド      装蹄費補助金 +30
                維持費 -1649

インディチャンプ      診療補助金、装蹄費補助金 +68
                維持費 -1741

アルモニカ        国立特別 1000万 18着 +781
               維持費 -996

トスアップ         アルテミスS (G3) 5着 +4742
               維持費 -987

ララフォーナ       維持費 -783

シーザウェイクリア    維持費 -1481


クラブ会費 -3240

合計   分配 +5621
      請求 -11825

マイナス 6204


維持費が高い馬が多かったのもあって、久しぶりに大幅マイナスになりました。
実はパーティー代の引き落としもあって、最初見た時なんでこんな高いのと思ったのは内緒です(笑)
ここまで226537円マイナスになりました。
しかしもう少し出走が増えないと厳しいですね。
次の月もわずか2走でした。12月も2走の可能性が高いですが、エースインディチャンプも戻ってきますし、
今年最後はなんとかプラスで乗り切りたいですね。

それから広尾のをどう組み込むか悩んでるんですが、まずかかった経費がこちら。
馬代も0ですし、入会金も0とお財布に優しい請求になっています。
バートラムガーデンの17【2口】の保険料  -1524
            クラブ会費  -1620

               合計 -3144
スポンサーサイト



状況変化著しい愛馬近況と次走予定

【2歳】
シーザウェイクリア
(ジャスタウェイ×ポーレン)
2018/11/28 <近況>
在厩場所:28日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定

武井亮調教師「その後も軽めの運動で様子を見させていただきましたが、脚元の状態は徐々に落ち着いてはきていました。ただ、裂蹄に関しては蹄が伸びるのを待つしかありませんから、28日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきました。会員の皆様にはお時間をいただくことになってしまい申し訳ございませんが、しっかりと治して帰ってきてもらいたいと思います」

2018/11/28 <最新情報>
 28日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。

裂蹄調べてみたんですが、程度によって違いますが、爪が伸びるのを待つので結構時間かかるみたいですね(;´Д`)
思った以上に響く怪我だったかも。
このままだと新馬戦あるうちに間に合わないかもしれません・・・。
そして春頃デビューとなると勝ち上がりも厳しくなってきますね。
能力あればいいんですけど・・・。




ララフォーナ
(ヴィクトワールピサ×メジロフォーナ)
2018/11/29 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:28日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神12月2日 ダート1,800m(牝)〔荻野極〕

武英智調教師「28日にCWコースで追い切りました。先行し、最後の直線で併せにかかりましたが、併せた相手が古馬だったことを考えると良く最後まで食らいついてくれました。先週よりしっかり動けるようになっていますし、脚元の状態もスッキリしているので、上積みが期待できそうです。前走は初戦から間隔が空いた分、ペースが上がったところでフォームがバラバラになってしまいましたが、今度はそのようなことはないと思います。また、スタートさえしっかり決まれば、前走以上の走りが期待できると思いますので、とても楽しみですね」

2018/11/28 <調教タイム>
 荻野極 11/28(水)CW良 86.4- 69.4- 53.6- 39.1- 12.5[8]一杯に追う
  スリーオリジン(古500万)強目の外0.5秒先行同入

2018/11/29 <出走情報(確定)>
 12/2(日)阪神1R 2歳未勝利〔D1,800m・11頭〕53 荻野極 発走10:05

武師の言ってることが本当ならいいんですけどね~。
今回それも含めて試金石といったところでしょうか。
相手は前走先着されてるアルモニーセレストの他、別路線から1,2頭ですかね。
ララフォーナも十分圏内に入ってると思いますので、出来る事ならここで決めて欲しいです。





【3歳】
インディチャンプ
2018/11/28 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:28日に坂路コースで追い切り
次走予定:阪神12月16日 元町ステークス

担当助手「28日に坂路で追い切りました。前回はいくら放牧明けとはいえ、この馬にしては本来の動きではありませんでしたし、やはり体調がもう一つだったことが影響したのでしょう。今回はフレッシュ感がとても感じられますし、その通り追い切りでも抜群の動きだったので、いい状態でレースに向かうことが出来そうです」

2018/11/28 <調教タイム>
 助 手 11/28(水)栗坂良 51.7- 38.0- 25.5- 13.2 馬なり余力
  ダノンスパーク(古500万)強目を0.4秒追走0.3秒遅れ

2018/11/24 <最新情報>
 24日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。

併せ遅れてるとはいえ、時計は早いし馬なり余力ですからね。
調教駆けする本来のインディが戻ってきました!
まだ16日まで間隔がありますし、もっと良くなりそうな予感です。
今回はこのまま順調にいきますように。




【6歳】
ディグニファイド
2018/11/28 <近況>
在厩場所:28日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
調教内容:
次走予定:未定

斉藤崇史調教師「レース後は脚元などに疲れを見せることはなく、状態は変わりありませんでした。28日に予定通りノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきましたが、今回は一度変化をつける意味を込めて障害練習を取り入れてもらう予定です。飛越が上手であればそのまま障害レースに向かっても良いと思っていますので、状態に合わせながら進めてもらいたいと思います」

2018/11/28 <最新情報>
 28日(水)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。

なんと!
ここでビックリ障害提案。
正直今の感じだとこのクラス厳しそうな気がするので、悪い話ではないと思います。
過去1度だけ障害転向した馬を持っていましたが、半分出資したもののほぼ姉の馬同然だったので、もし適性があって転向出来るならちょっと楽しみです。

花園ステークス公式コメント

ディグニファイド
2018/11/26 <レース結果>
 11/24(土)京都10R 花園ステークス〔D1,900m・16頭〕16着[15人気]

ブリンカー着用。スタートで後手を踏み、道中は後方からレースを進めます。直線半ばで完全に脚が上がってしまい、大きく離れた最後方でゴールしています。

川又賢治騎手「ゲート内で煩くなりそうな気配を感じたので、暴れないように横に向け、ゲートが開く瞬間に前に向けようと考えていました。一番外の馬がゲートに入ったのが分かったので、そろそろかなと思い前に向けようとしたのですが、横に向いた体勢で固まってしまい、反応できずに遅れてしまいました。道中は脚を溜めながら運べたものの、最後は脚が上がってしまいましたし、距離も長かったのかもしれませんが、それよりも今日は上手くスタートを切れなかったことが悔やまれます。申し訳ありませんでした」

斉藤崇史調教師「パドックでジョッキーが跨ると気が入り過ぎてしまうので、本馬場入場の際に跨ってもらったのですが、その甲斐あってスムーズに返し馬に入っていけました。スタートには気を付けるように伝えていて、川又騎手も横に向けて工夫してくれたのですが、横に向いた状態のままで固まってしまったため、出遅れてしまいました。後ろからの競馬になってしまったとは言え、直線では完全に脚が上がってしまいましたし、距離は一ハロンくらい短い方が良いのでしょう。この後は続けて使うとテンションが上がり過ぎてしまう恐れがあるので、いったん放牧に出させていただく方向で考えています」

出遅れは慣れてない騎手ですし、仕方ない部分もあるかなと思います。
しかし、距離が長いとか今更じゃないですか?^^;
ここ13走連続1700以上のレースを使われて、そんなこと一度も言われたことなかったんですけど。
脚が上がったのは体調のせいもあると思うんですよね。
よくバテたら距離がというコメントを見かけますが、それがどのくらい本当の距離適性を言い当ててるんでしょうかね~。
ドリーマーなんかもずっと1400使われてましたが、最終的には2600がベストだったというオチがつきました。
指標にするための血統のファクターは大きいと思います。
まず判断した距離適性と血統を比べてみて、1、2度のレースで判断するのは危険だと思いますね。
もちろん血統だけに出ない個体差はあるでしょうけど。
この馬の場合、明らかに中距離型です。
まあ1ハロン長いというのが1900でなく1700だっていうなら分からなくもないですが、マイルくらいだとちょっと違う気はしますね。

今回2戦連続で大敗を喫してしまいました。
前走は雨の早い馬場が向かないという明らかな適正不向きがあったんでいいんですが、今回は京都コースが向かないという以外ちょっと言い訳しようがないですからね。
現時点ではこのクラスで通用しないという烙印が押されて仕方ない感じです。
このままだと引退と言われても厳しい判断だとはいえません。
でも体調がもう一つだったようですし、次走は得意の小回りコースでどのくらい走れるか見てみたいです。
出来れば丸田騎手でお願いしたいですね。

(広尾)バートラムガーデンの17の近況

バートラムガーデンの17(父ハーツクライ 母バートラムガーデン(母父サクラバクシンオー))の近況です。
1歳なのでシルクと同じく月1更新ですかね。
追加募集馬という事もあり、2つだけ近況更新があります。


18.10.19
 北海道・日高町の下河辺牧場在厩。おもに昼夜放牧(13:00~5:00)にて管理されています。馬体重449kg、体高154cm、胸囲177cm、管囲20cm(10/17測定)
「2番仔ということもあって腹袋もしっかりとしており、3月生まれの中では大きい方。シルエットの綺麗な馬へと成長してきていますよね。トモの筋肉がいい感じでついてきそうですし、胸前も発達。この辺も調教師に評価してもらえている部分だと思います」(柏原厩舎長)
「すでにハミつけは終わっており、馴致の前段階としてタオルパッティング(触られることを嫌う部位の接触に慣らす)を継続中。今月中にはうちのトレーニング部門に移り、鞍をつけて跨っていく予定です」(下河辺代表)


18.11.16
 下河辺牧場在厩。昼夜放牧での管理を終え、今月上旬にトレーニング部門へ移動。近々にも騎乗運動を開始する予定となっています。
「ロンジングから始まって、ほどなく装鞍した上で再びロンジング。そこからドライビングを経て、現在は騎乗馴致の最終段階を迎えているところです。とても順調にきていますよ。これ以外にも一日の管理メニューとして、サンシャインパドックで2時間ほどの放牧と、すでに慣れているウォーキングマシンに入って20分間の常歩運動を消化中。間もなく始まる本格騎乗を楽しみにしておいて欲しいですね」(下河辺代表)


少しシルクの馬達より馴致の始まりが遅めなのはまあ仕方ないでしょうか。
進んでいる組と比べなければ1ヶ月くらいの違いだと思うので、これからの順調度で追いつけると思います。
馬体も現時点で中型の体重はあると思うので、成長して増えていけば丁度いい馬体になってくれるんではないでしょうか?
とにかくこの時期は順調に成長して少しずつ調教を積んでいけるのが一番だと思います。

この馬の生産牧場の下河辺牧場って実は2018年生産牧場5位なんですね~。
上位3つが社台ノーザンで、4位がダーレージャパン(いつの間にこんなところに・・)なので、実質日本の社台系に次ぐ2位なんですね。
なんとなくマイネル関係だと思っていたので、ちょっと意外でした。
他に興味あるクラブとして最近資料を取りよせたロードがケイアイファーム主体。
その結構大きいケイアイファームが17位ですから、下河辺牧場相当大きいですね。
ウインがコスモビューファーム、いわゆる岡田さんと関係深いとかいうのも初めて知りました。
漠然とロード、ウイン、東サラはなかなかの良血が多く、活躍馬も出すクラブってイメージで頭の中に一つのグループを作ってたので結構違うんだなと。
考えてみると当たり前の話なんですけどね^^;
話を戻しますと、広尾は東サラに近く、固定の牧場って感じではないみたいですかね。
まあ馬の買い付けが東サラは社台、ノーザン寄りだと思いますが。
あと木村牧場の馬が多いのは付き合いが深いからでしょうか。

このバートラムガーデンの17ですが、その下河辺牧場出身という事で、馴致等もここでやっています。
大きな育成場がある所でやってもらえるのは心強いですね。
調べた限り、矢作調教師はシユウジデイファームを信頼していて、広尾のもう一頭ミスぺンバリーの17はそこでやってるので、そのうちそちらの方にも何らかの関わりが出てくるかもしれません。

そろそろ騎乗も始めた頃だと思うので、次回以降のコメントが楽しみです。
順調に、出来ればそれなりの早期デビュー目指して欲しいですね。

先週の愛馬近況

アーモンドアイ強かったですね。
まさに歴史的な名馬の誕生と言えるでしょう。
正直鞍上含めて凄いと思っています。
今回の馬場で後ろから行ってたらさすがに届かなかったと思うんですが、2、3番手で追走ですもんねぇ。
この辺りはさすがにずっと日本で乗ってるデムーロとルメールは良く考えていたと思いますね。
自分の馬にもルメール様に乗っていただきたいものです。
来年は海外中心に使っていくと思いますが、この馬ならと期待させてくれます。
さすがに凱旋門賞は適性が合ってないと思うんですが、もしかしたら?と思わせる名馬ではあると思います。
ドバイなんかは状態に問題なければ勝てそうですし、来年の活躍も楽しみです。
そんな中愛馬ディグニファイドは16頭立て最下位に沈みましたが(;・∀・)

さて、愛馬近況まとめです。

【2歳】
シーザウェイクリア
(ジャスタウェイ×ポーレン)
2018/11/22 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定

武井亮調教師「帰厩後も順調に進められていたのですが、20日の朝に馬体のチェックをしたところ、右前膝裏の腫れと右前蹄冠内側に裂蹄を起こしていることが分かりました。恐らく自ら馬房内で何らかにぶつけてしまったものだと思います。歩様にも見せるほどの症状ですから、誠に申し訳ございませんが1度ノーザンファーム天栄に出そうと思います。ただ、蹄にも熱感があるので、こちらでしばらくは経過観察をし、回復してからの移動になります。これから調教の動きを見て具体的にデビュー戦を決めるところだっただけに、非常に悔やまれますが、ここは無理をさせる時期ではありませんので、じっくりと回復を待ちたいと思います」

2018/11/19 <調教タイム>
 助 手 11/18(日)美坂良 58.8- 42.9- 28.0- 13.8 馬なり余力

うーーーん。
進んでは頓挫の繰り返しで嫌な予感しかしないんですが^^;
乗り込みが少し足りなさそうという事で、今年デビューに拘る事はないかとも思っていましたが、頓挫で延びてもねぇ。
しっかり乗り込むことも出来ないでしょうし、運が悪い馬のような気がしてきてます。
能力は分かりませんが、クラシックはもう無理そうですね。
とにかくしっかり治してもらって、次はデビューまで進んで欲しいと思います。




トスアップ
(ジャスタウェイ×トップライナーⅡ)
2018/11/23 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

しがらき担当者「先週まではトレッドミルを使った運動でしたが、今週から騎乗調教を再開しています。23日に池江泰寿調教師にも状態を確認してもらいましたが、『当初は年内のレースを考えていたものの、もう少し体の成長を待った方がいいかもしれない』と仰っていたので、もしかしたら年明け以降になるかもしれません。少しずつ成長はしていると思うのですが、もっと奥のありそうな馬なので焦らずに進めて行きたいと思います。馬体重は444kgです」

こちらは逆に今年の出走を期待してたんですが、、、調子が悪い訳ではないのでちょっと残念です。
大事にしてくれてるのは有難いですけどね。
その期待に応えてしっかり成長して欲しいと思います。
次走自己条件なら勝ち負け期待もしていますので、調子を上げて出走してもらえたらと思います。




ララフォーナ
(ヴィクトワールピサ×メジロフォーナ)
2018/11/22 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:21日にCWコースで追い切り
次走予定:第5回阪神開催、もしくは第4回中京開催

武英智調教師「21日にCWコースで追い切りを行いました。道中はララフォーナが先行し、直線で外に併せて追い出しましたが、最後は少し遅れてゴールしています。まだ少しモタついていて、一度レースを使ったことによる大きな上積みがあるようには見えませんでしたが、動きそのものは悪くなかったと思います。相手関係次第で今週出走させる可能性もありましたが、3場開催の方がメンバーもバラけると思いますし、来週以降に見送らせていただくことにしました」

2018/11/21 <調教タイム>
 助 手 11/21(水)CW良 86.1- 69.1- 53.6- 39.4- 12.4[9]馬なり余力
  イッツクール(二オープン)馬なりの外を0.4秒先行3F付0.1秒遅れ

2018/11/21 <出走予定(想定)>
 今週出馬投票する可能性があります。
2018/11/22 <出走情報(確定)>
 検討の結果、今週の出馬投票は見送り、来週以降に回る予定です。

これは中間で下線部のメールが流れてきたときビックリしました(笑)
え、なにも聞いてないけどって^^;
結果的には来週以降に落ち着きましたが、相手関係なども考えて勝ちやすい条件選んでくれる事に好感を持ちました。
今年初年度の調教師ですが、この子に関しては騎手含めて良くしてもらってるな~って思いますね。
今後ともよろしくお願いします。




【3歳】
インディチャンプ
(ステイゴールド×ウィルパワ―)
2018/11/23 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/24日に栗東トレセンへ帰厩予定
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒
次走予定:阪神12月16日 元町ステークス

しがらき担当者「音無秀孝調教師と相談して24日の検疫で帰厩することになりました。こちらでは順調に乗り込めましたし、いい形で送り出すことが出来そうです。次走でしっかり結果を残してもらって来年はさらに上のクラスでも頑張って欲しいですね。馬体重は477kgです」

2018/11/24 <最新情報>
 24日(土)に栗東トレセンへ帰厩しています。

いよいよ戻ってきました。
もう今度はこのまま順調にいってください(>_<)
何頭かイレギュラーで出るかもってなってましたが、各馬の近況に触れると結局インディとララフォーナの2頭で今年の出走は終わりそうな気配です。
好調だった1年をこの馬で締めくくれたら最高ですね。
今度は調教で相手を問題にしないインディらしさを取り戻してくれることを期待してます。
目標のレースまでしっかり調整していってもらいたいですね。




アルモニカ
(ロードカナロア×アフリカンピアノ)
2018/11/23 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

しがらき担当者「引き続き周回コースでキャンター調整を行っています。与えた飼い葉をしっかり食べてくれますし、低周波治療の効果もあって体は回復基調なのですが、まだ数字よりもこじんまり映るのでもう少し周回コース主体で乗り込んで行った方が良さそうです。馬体重は450kgです」

過去最高の450キロでこじんまり映るという事は、体調あまり良くないんでしょうね。
目標のレースがあるって事もないので、あまり期間気にせずしっかり調子あげていって欲しいと思います。
馬体増でしっかり鍛えて身になれば、もう一段パワーアップしてくれると信じてます。





【6歳】
ディグニファイド
(ネオユニヴァース×ファストフレンド)
2018/11/21 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:21日に坂路コースで追い切り
次走予定:京都11月24日 花園ステークス〔川又賢治〕

斉藤崇史調教師「21日に坂路コースで追い切りを行いました。先週は気負うところを見せていましたが、今週は乗り手とコンタクトが取れて、この馬なりにしっかりと動いてくれました。正直、調子自体は夏に勝った時と比べると一枚落ちるかなといった印象ですが、動きは上向いてきていますし、走れる状態にはあると思いますから、予定通り今週の花園ステークスに出馬投票を行いたいと思います。鞍上は川又騎手に依頼していますが、スタートには十分気を付けるように伝えておきたいと思います」

2018/11/21 <調教タイム>
 助 手 11/21(水)栗坂良 54.5- 40.1- 26.6- 13.4 馬なり余力

2018/11/22 <出走情報(確定)>
 11/24(土)京都10R 花園ステークス〔D1,900m・16頭〕54 川又賢治 発走15:05

久しぶりの予定調和の出遅れ・・・。
丸田騎手以外100%出遅れる馬ですね^^;
良い所全くなく大敗してしまったのは、出遅れもそうですが体調が本物ではなかったんでしょうね。
さすがに調子悪いとかハッキリ言わないと思うので、こういう言い方してるという事自体が調子落ちを示してたんでしょう。
しかし2戦連続大敗して苦しくなりました。
レースコメント出てからまた少し書こうと思いますが・・・。

JRA改革の波と一口馬主、生産者への影響

来年改革されるJRAの競馬条項はいくつかありますが、その中でも特に一口に密接して気になる点がありました。

まず降級制度がなくなる事。
これは発表も早かったですし、みなさんご存知だろうしいろいろ意見もあるでしょうけど、確実に馬のサイクルが早くなりますね。
この間引退した9歳まで走ったシルクドリーマーみたいな馬なんてほとんどいなくなるんじゃないでしょうか。
あと、どこかのクラスに集中するという歪みは必ず出てくると思います。
降級がないので、レース数の少ない準OPやOPクラス辺りがそうなりそうな気がしますが・・・。
そこで通用しないならさっさと引退しろって事なんでしょうかねぇ。
実際始まって感じてみないとどのくらい影響あるか分かりませんが、馬主にとってマイナスの改正なのは間違いないでしょう。


第2点にスーパー未勝利がなくなるそうです。
『秋季競馬における出走状況を改善するため、2019年度以降秋季競馬においては3歳未勝利競走を編成しないことといたします』

年月が経つにつれ、どんどんこの間隔が短くなってきました。
デビューが遅れる=勝ち上がりの厳しさに直結しますね。
もはや晩成のステイヤー血統なんて生き残れない時代になりそうです。
日本の競馬の良さって、北海道の洋芝、新潟の高速馬場などの馬場差も含め、ヨーロッパの重厚さとアメリカのスピード血統等混在するから面白さに繋がってると思うんですけどね。
将来的に早熟のスピード血統が謳歌するようになったら、古馬戦線何も面白くなくなると思うんですが。
タダでさえ出走が減ってる天皇賞春とか存続出来るんでしょうか?



そして今回個人的に最も衝撃を受けたのが、これ。
『3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、新馬競走を除いた平地競走において3走連続して9着以下であった場合、2ヵ月間平地競走に出走できないことといたします』

これちょっと厳しすぎませんか?
正直今の競馬界、ノーザンファーム1強になりつつあります。
特に感じるのが育成の差です。
ずっとシルクにいたので特に感じるんですが、シルクの元の母体の早田牧場は性急過ぎたんですよね。
社台に追い付け追い越せと血統の入れ替えや育成場の着工をしたのは良かったと思うんですが、急すぎて立ち行かなくなったんでしょうね・・・。
天栄というトレセンに近い場所に目をつけ、そこに一大育成場を作るという目の付け所は抜群に良かったのに、その頃はそこまで天栄の恩恵は感じられませんでした。
それはハード面だけ良くしてもダメだという事でしょう。
もちろん、その頃から更に施設面で手を加えられていますが、馬を育成する人の育成も怠らなかったからこそ、ノーザン育成盤石になって来たんだと思います。
血統がいいのはもちろんなんですが、ノーザンの育成は施設の充実のハード面と共に、人材の育成のソフト面の両方が高いレベルにある事にあると思っています。

これが競馬にいってどこに繋がるかというと、仕上がりの差です。
もちろん個体差はありますが、ノーザンの馬ってデビューしていきなりタイムオーバーになる馬なんてほとんどいないですよね。
逆に日高系の馬は新馬勝ちが少ないですし、仕上がりによっては後ろの方という事も少なくありません。
決して馬自体のレベルがそこまで違うとは思わないんですよ。
これはあくまでぼくの考えですが、馬の能力の差ではなく、ちゃんと走れる状態でデビュー出来ているかどうかが大きいと思うんですよね。
そこそこ大きめの育成牧場でしっかり育成されていれば、それなりのタイミングでそれなりに仕上がるとは思うんですが、
調教始める以前も含めて、手のかけられ方も違うんですよね。
これはノーザン系以外が適当にやってると言う事ではなくて、単純に1頭の馬にかけられる時間や労力が全然違うんだと思います。
小さな牧場だと家族で何もかもをこなさないといけません。それこそ経理的なものから掃除、小屋の修繕まで。
そこに何頭かいても、馬に対して人の手が足りないですよね。
日高はそういう牧場多いですし本当に牧場の方は大変だと思います。
ノーザン(代表で出していますが、大きめの牧場)なら、しっかり役割分担も出来ますし、馬一頭に対してかけられる手間の差は絶対物理的に出てくると思うんです。

で、何が言いたいかと言いますと、ノーザンファームの馬は新馬勝ちガンガン、名前は出しませんがある所は二けた着順ガンガンってのが現状だったりします。
それは血統や能力の差だけじゃなくて、馬の仕上がりの差は大きいと思っています。
正直能力の差なんて、重賞で戦えるようなトップの素質馬やどうにもならないスピードがないような馬を除けば、大袈裟に言えばほとんど仕上がりと調子の差で着順つくんじゃないでしょうか。
なのでこの3連続9着以下っていうのは、使いながら仕上げて育てていくような方針の馬にマイナスのメリットしか生まない改正だと思います。
ひいては弱い生産者のほうにまで影響出てくるのでは?

こういう改正を続けてるとずっと危惧されてることですが、ほとんどの弱い生産者の淘汰を早めていく原因になるんじゃないかと心配になりますね。
せめて出走停止2ヵ月じゃなく、1ヵ月にして欲しかったです。
未勝利戦の時期短縮に加え、タイミングによってはその馬の能力を全く出せずに生涯を終える馬も多くなるような気がします。
一口馬主にとっても何一つ良い改正はないので、これからつらい時期が訪れそうですね。

愛馬近況まとめ

【2歳】
シーザウェイクリア
(ジャスタウェイ×ポーレン)
2018/11/16 <近況>
在厩場所:16日に美浦トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:第5回中山開催

武井亮調教師「16日にこちらへ帰厩させていただきました。具体的な番組については今後の調教での動きを見ながら検討していきたいと思いますが、今のところ年内デビューを目標に進めていきたいと考えています」

ついに武井師の口から年末デビュー目標と出ました。
ついこの間のコメントで天栄でもう少し体力を付けたいと言われていたのが気になりますが、このまま進めていけるでしょうか?
この馬が今年中にデビューすればこの世代3頭すべて年内デビューという事になりますね。
15日以降の中山は芝1600~2000のレースがすべてあります。
15の開催には間に合わなさそうなので、23日有馬記念当日の芝1600か28日の芝2000が有力でしょうか。
すべてはこの後の調教が順調にいくかどうかにかかってそうですね。




トスアップ
(ジャスタウェイ×トップライナーⅡ)
2018/11/16 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定

厩舎長「トレッドミルで軽めの運動を行いながら回復を待っていましたが、徐々に疲れが取れてきました。乗り出しても良いぐらいですが、今週いっぱいはトレッドミルでの運動に控え、来週から乗り出していく予定です。運動開始後も飼い葉食いが悪くなることもなく、しっかり食べて実になっているので、体調面は良いと思います。馬体重は448kgです」

馬体も増えて、状態も良いようですのでやっぱり今年あと一走して欲しいなというのが本音です^^;
輸送の必要ない年末の千両賞とかどうですかね。
前走ある程度以上のレベルにある所は見せてくれたので、500万勝ち負けの期待は十分可能なんじゃないかと思います。




ララフォーナ
(ヴィクトワールピサ×メジロフォーナ)
2018/11/14 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽めの運動
次走予定:未定

武英智調教師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、脚元の状態はスッキリしていますし、体調面も問題ありませんでした。久々でもありましたし、気持ちと走りが上手く噛み合わなかっただけだと思います。ひと叩きして次はもっと動けるようになってくると思いますので、巻き返せるようにしっかり調整していきたいと思います。次走につきましてはもう少し馬の状態を見ながら検討していきたいと思います」

12着→4着と大分前進しました。
やっぱり早期にデビューした意味はあったと思います。
1度使ってみてダート適性と距離適性を判断出来た訳ですから。
そこから成長も見せてくれました。
すぐにとは言いませんが、勝ち上がりを期待出来るレベルにはあるかなと。
状態に問題なければ続戦しそうなコメントですし、次走も更に期待したいと思います。





【3歳】
アルモニカ
(ロードカナロア×アフリカンピアノ)
2018/11/16 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「乗り出した後も順調に進められており、飼い葉もしっかり食べてくれていることで、先週より馬体はふっくらとしてきました。馬体のケアのため低周波治療を行っていることで、硬さが解れて状態は上向いてきています。周回コース主体の調教メニューですが、来週あたりから坂路にも入れていきたいと考えています。馬体重は447kgです」

大分体重が増えてきました。
ここまで戻せたら調教も出来ると思うので、今年あと1走ある可能性もありますね。
まずは調教後も430キロ台を常にキープできるようになるのが馬体的成長の第一段階だと思います。
来年に向けて、次走はどんなレースをしてくれるかちょっと重要になってくるような気がしますね。



インディチャンプ
(ステイゴールド×ウィルパワ―)
2018/11/16 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒
次走予定:阪神12月16日 元町ステークス

厩舎長「帰厩の予定が徐々に近づいてまいりましたので、この中間も週に2回坂路でハロン14秒の乗り込みを続けています。先週あたりから動きに力強さが出てきましたし、最後まで楽な手応えで登坂してくれるようになりました。馬体も良い感じに引き締まってきましたので、あとは体調をしっかり整えて、いい状態で送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は478kgです」

今週辺りそろそろ戻って来るんじゃないでしょうか?
状態も上向いてきて、良い状態で帰厩できそうです。
とにかく今回はこのまま頓挫なく進んでいけるよう願います。





【6歳】
ディグニファイド
(ネオユニヴァース×ファストフレンド)
2018/11/14 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:14日に坂路コースで追い切り
次走予定:京都11月24日 京都・花園ステークス

斉藤崇史調教師「14日に坂路で追い切りました。いつものようにテンから引っ掛かり気味だった為に、ラスト1ハロンは時計が掛かってしまいましたが、最後まで辛抱していた方だと思います。8月の小倉で勝ち上がった時に比べ、まだ物足りなさは残っていますが、徐々に状態は上向いてきているので、あと1週間でどれだけ良化が見られるかですね。ジョッキーは引き続き調整中ですが、ゲートが煩い馬なのでなるべく怖がらずに乗ってくれる騎手を探したいと思います」

2018/11/14 <調教タイム>
 助 手 11/14(水)栗坂良 53.9- 40.4- 27.1- 13.8 強目に追う

この馬の出遅れはゲートの中でじっとしていない事が主な原因だと思っています。
中で暴れるというのはジョッキーにとってもやっぱり怖いんでしょうね。
騎手は誰になるか分かりませんが、前走の成績からもあまり期待はもてないですかねぇ。
もう今週ですからそろそろ決めてもらいたいところです。
今回は良馬場でどこまで通用するか見てみたいですね。

(広尾)バートラムガーデンの17出資理由

シルク以外初の広尾の出資馬と言う事で、出資経緯も書いてみました。
この前のをまとめた感じなので、1は飛ばして読んでもらっても大丈夫です。

1、出資経緯
入会してませんでしたし、広尾さんがこんなサービスをしてるのを知らなかったので、それを知って馬を見たからというのが前提にあります。

パンフレットの資料請求をしましたが、まず字面上惹かれました。
「牡馬」の「ハーツクライ」産駒で「矢作厩舎」。

まずこの世代の自分の出資に牡馬がいませんでした。
去年牡牝一頭ずつだったにも関わらず、アルモニカ、インディチャンプとそれぞれあと一歩叶わなかったにしろクラシックへの道を楽しませてくれたのもあって、出来ればその路線に行ける可能性のある牡馬も欲しいなとは思っていました。
ただ、シルクではかなり出資が困難で今年は断念。もし追加出資でいいのがいたらまた考えるくらいに思って牝馬2頭に申し込みをしました。

そこにこの話を知ったんですよね。

入会金0円、馬代4口まで0円、そしてクラブの会費が口数で決まる。

パッと見ると最初の2つが魅力的ですが、自分が気になったはクラブの会費が口数で決まる事。
維持会費が多くなるのがネックで今まで掛け持ちを考えてなかったんですよね。
でもこの方式だと一口700円、二口でも1500円でよいので。
全馬じっくり見た訳じゃないですが、ざっと見ても満口以外だとやはりこのバートラムガーデンの17が良い馬に見えました。
良い馬だけあって、値段も4760万もしますが、4口まで馬代がタダですからねぇ。
しかし4口いくと会費が3000円かかります。
とりあえず現時点でそれをしたくなかったので二口申し込みをしました。

とにかく入会金0、馬代0、会費は口数でというのは、新しく始めたい人にとってかなり入りやすい良いシステムだとおもいます。
これがざっとこの馬に辿り着いた道順です。





2、出資理由
バートラムガーデンの17
父ハーツクライ×母バートラムガーデン(母父サクラバクシンオー)

himg1_convert_20181117013851.jpg

himg2_convert_20181117013357.jpg


最初は血統と厩舎に惹かれました。
クラシックを狙っていけるかもしれないハーツクライ産駒牡馬で、リーディング上位の矢作厩舎だった事。
そして実際カタログと動画を見てみると、本当にバランスがいいんですよね。
矢作先生がバランスに惚れたっていうだけの事はあります。
歩き方も変な癖もなく真っすぐだし、後ろ脚もまずまず踏み込んで歩いてるし好印象でした。
柔らかくスムーズな歩様で、歩いてる姿見てもバランスがいいです。
とにかく目立った欠点のない馬って感じですね。

母系を見てみるとアグネスワールドやヒシアケボノが出てくる上質なスピード血統。
母父がサクラバクシンオーですが、その前もアフリートで、ミスプロ系にテスコボーイからの日本の優秀なスピード血統サクラバクシンオーを掛け合わせてるんですから、相当なスピード能力を秘めた牝系だと思います。
母親自身短距離で4勝を挙げてますし、この子は2番仔でまだ結果が出てないんですが、可能性を感じる母馬だと思いました。
何よりハーツクライの活躍馬をみると、スピード系の母親と掛け合わせた活躍馬が多いんですよね。
ハーツクライ自身かなりステイヤー寄りなので、このくらい短距離血統と配合したとしても短距離馬になるとは思ってません。
マイルから中距離くらいで行けそうなので、丁度いいかな~と思いました。
もう一頭シルク牝馬で出資したマンビアの17も母父はミスプロ系アルデバランⅡです。
馬体は完全に胴が長いので下手したら牝馬の方が長距離に適性があるかもしれません^^;
来年はこの2頭で牡牝のクラシックを狙っていって欲しいですね。

しかしよくよく考えてみると、2歳世代がジャスタウェイが2頭、1歳がハーツクライ2頭と、この血統オタクみたいですね(笑)
ジャスタウェイはこの夏の活躍で好きになりましたが、ハーツは実はそれほどでもないんですが、高くて手が出せないディープを除けばクラシック狙える最上位血統の1頭だと思うので、そこは期待したいですね。
愛馬が走ればきっと好きになると思います(笑)
この子を入れると2世代で牡馬2頭、牝馬4頭になるのでバランスはようやく少し取れたと思います。

最後に厩舎に触れますと、矢作厩舎は愛馬のレーヌドブリエでお世話になってました。
とにかく数を使う先生で、それでいて使いながら成長もしたし怪我も1度もしませんでした。
なかなか生涯小さな怪我もなしって珍しいと思います。
5歳時の成績が圧巻で、3,8,2,5,3,5,2,3,1,2着と、11走もして大崩れもなく、毎回期待をもって楽しめたんですよね。
ほぼ3頭しか稼働しなかったこの年、レーヌがいなければ楽しめてなかったと思います。
今どき年間11走とかないですよね~。
上手く歯車が噛み合えば、ぼくみたいな零細馬主にとって最も頼りになる先生とも言えます。

そんな訳で、出資理由は血統3割、厩舎3割、馬体3割、牡馬1割って感じでしょうか。
クラブに入ったという意味で隠れ理由も付けるとしたら、広尾のシステム&サービス6割、馬自身の良さ4割って所で(*‘∀‘)

那覇グルメ?紀行

シーザウェイクリア
2018/11/14 <最新情報>
16日(金)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。

な、なんだって?つい先週の情報でまだ乗り込み量が不足している印象とか言われてたのに^^;
嬉しいような心配なような何とも言えない気持ちです。
今戻すって事は、年内デビューもありそうですよねぇ。
次の情報を待ちたいと思います。



さて、ではこの前の沖縄のグルメ(という名の大盛り店)紹介です。
まずは波布食堂。
港で働く海の男たちのために沢山食べてってのが由来の食堂です。

これ、何だと思いますか?
野菜を盛り付けてるわけじゃないんです。
沖縄そばが下に入ってる「肉そば」という名称なんです。
750円です。
画像から分かりづらいですが、表面張力になりそうな汁の量。
持ってくる間にこぼしてますw
野菜を避ける皿が付いてるんですが、そこに分けて更に食べても食べてもなっかなか麺に辿り着きませんでした(;´Д`)
麺が見え始めた頃には結構しんどいと言う( ^ω^)・・・
その麺がまた多くて多くて・・・飽きと麺がのびてきて食べるのがつらい。
一種の拷問でしたw
横にいた女性は焼きそば頼んでましたが4分の1でギブアップしてました(; ・`д・´)
ここの料理は沢山食べる男性3人で2品が丁度よいと思われますw
無理w
必死で完食しましたが、夜までかなりきつかったですw
正直お勧めしませんw行くなら何人かで分けて食べてくださいw
お持ち帰りも出来るんですが、汁物とか無理だしw

↓友達が食べたカツ丼。ちっちゃく見えますが、カツもご飯も普通のカツ丼の倍はあります^^
まあ普通の食の人じゃ完食は無理な量ですな。





次はモノレールの県庁前近くにある喫茶くりすたる
昔ながらの店構えの純喫茶。
ナポリタンも昔ながらの喫茶店の味で美味しかったですね。
ちなみにこれBランチですがサンドイッチもホットサンドで美味しかったです。
飲み物も付いて900円ですからお得ですよね。
沖縄的には特別安くはないですが、量はここもけっこう多くて、普通にお持ち帰りも主流になってるみたいです。
本当は鉄板焼きのハンバーグナポリタン食べたかったんですが、ご飯と味噌汁も付いてて、そんないらないし断念w
これも夕方まで結構苦しかったですね。
でもまた行きたいです。
波布食堂は遠慮しておきます^^





次は地元沖縄のハンバーガーショップJef(ジェフ)。
そしてこれも地元ならではのぬーやるバーガー。
スパムとたまごにゴーヤが入ってるバーガーです。
見た目は普通。
入ってる物考えるとまあ普通に美味しいかなと食べる前は思っていましたが、食べてビックリ。
滅茶苦茶美味しい!
これヤバい。大阪にも欲しい。
沖縄にしてもあまり店舗がなく、車必須のところにあるのでまあ観光で初とかいう人は行くことないと思いますが惜しい。
大阪で言えばドムドムバーガーそっくりな感じの店でした。



沖縄のハンバーガー店はA&Wが有名ですね。

入ってる物や見た目も明らかにこれ美味しそうです。
でも何食べても割と普通で感動がなかったりします。
これならぬーやるバーガー食べたいわ~。
A&Wはカーリーポテトが美味しいですね。ルートビアは人それぞれでしょうか。


波布食堂にランチに行った夜、たいしてお腹空いてなかったんですが、軽くなにか食べようって事でせんべろに行きました。
せんべろは関西じゃピンと来ないかもしれません。
千円でべろべろに酔えるってのが由来です。
関西だとほろ酔いセットとかで800円でビールとなにかつまみとか、そういうの見かけますが、それの発展形ですね。
東京と沖縄が流行ってるらしい?です。
今公設市場付近、8割以上の店がせんべろやってるんですよ。
店によって内容は様々なんですが。

天しーさーって店に行きました。
とりあえず見てください。



ジャジャン!!


えっ!?
飲み物3杯と串10本で1000円とか嘘でしょ!?
しかもぼくは泡盛飲みましたが6種類くらい銘柄まで選べましたよ・・・。
飲み放題も驚く値段ですね。
ちなみにこの店は水割りもジョッキでした(笑)
ただここは20時でせんべろが終了で(ほかの料理等は22時まで)、ぼくらが丁度20時前に入ったんですがその後8組くらい次々お客さんが来たんですが、みんなせんべろ目的で、ないって分かると帰っていきました。
ある人たちなんかは「せんべろ周ってるさ~」ってハッキリ言ってました。
店によって程度の差こそあれ、3軒も周れば正にべろべろに酔えそうです。
すごいぜせんべろ。熱いぜ沖縄!

以上いきなり沖縄食レポでした(*‘∀‘)

愛馬近況

【2歳馬】
シーザウェイクリア
2018/11/09 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回周回コースで5ハロンから14-14、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定

天栄担当者「この中間から坂路コースでの運動を再開していますが、まだ乗り込み量が不足している印象なので、周回コースで速めのところを長めに乗っています。左トモには問題ありませんし、この馬なりに少しずつ動きも良くはなってきていますから、このまま緩めずに進めていきたいと思います。馬体重は557㎏です」

大型馬って進めにくいですね~。
ディグニファイド以上に大きな馬なのでなかなか仕上げる大変さを感じます。
もう来年で仕方なさそうだし、このまましっかり体力付けていって欲しいですね。




トスアップ
2018/11/09 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル
次走予定:未定

厩舎長「先週一杯は軽めの運動で様子を見ていましたが、まだ少し疲れがあるので今週はトレッドミルで軽めの運動に控えています。徐々に回復に向かっていますので、来週から乗り出していけると思います。飼い葉を食べていることで馬体はふっくらとしてきましたので、これから良くなってくると思います。馬体重は443kgです」

馬体はしっかり戻してきましたね。
輸送も大丈夫でしたし、なかなか精神的に強いものをもっている気がします。
去年のデビュー前ずっと400キロちょっとでずっと減ってたのが嘘のようです。
出来る事なら年内あと1走、500万クラスを必勝態勢で使って欲しい気持ちはあるんですが、
その辺は状態次第でしょうかねぇ。
アルテミスで一緒に走ったミディオーサなんかも今週の赤松賞に登録してますし、早めに2勝目を挙げておくとクラシック挑戦も何度かチャンスがあると思いますので。



【3歳】
アルモニカ
2018/11/09 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター
次走予定:未定

厩舎長「先週一杯は軽めの運動で様子を見ていましたが、レースのダメージは軽く、飼い葉もしっかり食べてくれているので、このまま進めていっても問題なさそうです。今週から周回コースで乗り出していますが、跨った雰囲気は悪くありませんので、馬の状態に合わせながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は438kgです」

こちらも少し馬体は戻しましたね。
アルモニカの場合、急激に増えることはまずなくちょっとずつなんですが、精神面と馬体面両方で課題があるんですよね。
まだ3歳ですし、少しずつでいいので完成形に向けて成長していってくれたらなと思います。
この馬も年内出るかは微妙でしょうか?
トスアップかアルモニカが出ないとなると、もう年内愛馬は2走しか予定ないんですよね^^;



インディチャンプ
2018/11/09 <近況>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒
次走予定:阪神12月16日 元町ステークス

厩舎長「この中間も坂路でハロン14秒の乗り込みを行っています。先週末に行った時はもう一つ動き切れなかったので心配していましたが、先日に時計を出した際は自分からハミを取ってグイグイ行く気を見せてくれました。時折、気持ちにムラがありますが、ここまで順調に進められていますので、いつ帰厩の連絡があっても良いように乗り込みを継続していきたいと思います。馬体重は480kgです」

前まではほっといても好時計連発してたインディですが、熱発前からちょっと変わってきたのでしょうか。
とりあえず調子は上向きですし、そろそろ入厩の声も聞こえてくると思います。
気持ちのムラっていうのが大きな影響にならないといいんですけどね。




【6歳】
ディグニファイド
2018/11/08 <最新情報>
 8日(木)に栗東トレセンへ帰厩しています。

2018/11/08 <近況>
在厩場所:8日に栗東トレセンへ帰厩
調教内容:
次走予定:京都11月24日 京都・花園ステークス

斉藤崇史調教師「8日の検疫でトレセンに戻りました。11月24日の京都・花園ステークスを予定していますので、週末から乗り出して仕上げに入っていきたいと思います。引き続き丸田騎手に乗ってもらいたかったのですが、その日は別の競馬場で騎乗する予定とのことですので、違う乗り役を探したいと思います」

2018/11/12 <調教タイム>
 助 手 11/11(日)栗坂良 55.4- 41.4- 27.8- 14.4 馬なり余力

騎手は誰になるでしょうか?
丸田騎手に変わってから出遅れなくなったので、どうせなら今まで乗ってきてことごとく出遅れてきた騎手じゃなく、乗った事のない騎手で新味を出すのもアリかと思います。
京都は向いていると思いませんが、今度は良馬場でこのクラスどこまで通用するか見てみたいです。




【9歳】
シルクドリーマー
2018/11/09 <最新情報>
 9日(金)に競走馬登録抹消の手続きが取られています。

お疲れさまでした!
今後は無理することなく幸せに過ごしてください。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん