FC2ブログ

シルクな一口馬主 ときどき旅行

尚、所属馬情報等シルクホースクラブ様及び広尾サラブレッド倶楽部様ホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

インディチャンプ、マイルCS制覇!

インディチャンプが大きな仕事をやってくれました!
安田記念に次いでマイルチャンピオンシップも制して名実ともに日本一のマイル王になりました。
本当に嬉しかったです。

今回はダイアトニックに出資してらっしゃるレプティリアさんと現地でリアルすることが出来ました(*'ω'*)
ブログには書いてませんが、インディチャンプの祝勝会でリアルしたのが馬友さんとの初リアルで(前の話ですがまた書くかも・・書かないかも)、今回実際競馬を一緒に見たのは初めての経験になりました。
お互いの馬の健闘を祈りつつ、やっぱりなんやかやでダノン2頭は強いですよねーと言った話をしたりで。











戦前の評価では完全にダノンの一騎打ちムードで、インディとダイアトニックは一角崩し、または馬券圏内の3番手という期待度で、それぞれ3番人気、4番人気でしたからもちろん望みは持っていましたが。

実は今回の戦前結構ブルーになっていました。
騎手の乗り替わりもそうですが、インディの評価のされ方についてです。
春の安田は勝ったものの、有力馬の不利という事もあり一向に評価されず悶々としていました。
タラレバをいうとキリがないですが、別に邪魔したのもこの馬ではないしレースを勝ち切った事をもう少し評価されてもいいんじゃないかと思っていました。
繰り返しますが今回のマイルCSの前評価が本当に悔しかったですねー。
戦前の評価は完全にダノンプレミアムとダノンキングりーの一騎打ちムード。
勝つ馬はどっちかしかないくらいの取り上げられ方はさすがに気持ちも萎えてました。

実はこの馬に関して、評価の答えは明確に出ています。
前哨戦の負けを重視されすぎてるんですね。
実際プレミアムとキングリーに前哨戦で完敗したことがあるから勝てないと思われてたようですが、そうではないんです。
インディチャンプは叩いて良くなる馬というのがポイントです。
マイラーズカップの時は前哨戦と言えど勝ちには行ってたと思いますが、福永騎手が追い切りを加減したこともあり(福永騎手自身ミスと認めている)追い切りから気持ちが入りすぎている状態のままレースを迎えました。
そこで追い打ちをかけたのがマイラーズカップでの超絶スロー。
1000m通過が1.00.3ですからマイルのG2で有り得ない数字です。
そこで調教でも持て余したように前向き過ぎてかかり通しで、結果ダノンに直線で突き放されたように見えました。
この馬自身上がり32.1の脚を使ってるし、上位ほぼ全馬32秒前半の究極の上がりでした。
馬に31秒台の脚を使えといっても無茶な話だし、ましてやかなりかかってた為、パクスアメリカーナに差し返されたのもうなずける話ですがそれも評価を下げる原因となりました。
しかしながら本番の安田記念では見事な仕上げで馬のガス抜きも前哨戦で出来、福永騎手の完璧な騎乗もあり戴冠することが出来ました。

正直こんなレースは参考外だと当時から思っていましたが、とにかく今回このレースで完封されたというのがクローズアップされ続けたんですよね(´Д⊂ヽ
そして今回の前哨戦毎日王冠です。
毎日王冠は陣営自身本番を見据えたそれなりの仕上げと戦前から断言していました。
祝勝会でも聞いた言葉です。
これは勝負に行かないんだなと思いつつも馬券は買いましたが(笑)、結果ダノンキングりーに突き抜けられアエロリットに差し返されての3着。
競馬関係者の言葉でも仕上げの差、そしてダノンと4キロの斤量差があったので十分合格点のレースだったと言っていました。
にもかかわらず!
レース前になると斤量差の話はどこいったの?仕上げ途上だったハズなんじゃ?と思うくらいダノンに完敗という事実を大きく取り上げられてアエロリットに差し返されたことも加味して(前にも聞いた事あるような話)評価が上がりませんでした。

そして今回のマイルチャンピオンシップです。
厩舎関係者は素晴らしい仕上げをしてくれました。
追い切りでもすごい動きで完全に一度叩いて好調になったのは誰の目にも明らかでした。
福永騎手の騎乗停止で池添騎手に乗り替わりというのは一抹の不安はありましたが、馬の仕上げ自体は前哨戦、本番とまさにそこに相応しい仕上げをしたんですねー。
そして代打の池添騎手の完璧な騎乗もあり、マイルCSを完勝。
そして何より嬉しかったのが、レースとも言えないレースを負けた為、そして安田の不利があった為にずっと敵わないと言われていたダノンプレミアムに完全に力勝ちしたことでした。
安田記念は泣いちゃうくらい嬉しかったですが、今回は悔しさを晴らしてくれたという意味でスッキリした気持ちにさせてもらいました。




結局インディチャンプは前哨戦は前哨戦、本番は本番という仕上げで結果を出す馬なんですね。
一度叩いて前向き過ぎる気持ちのガス抜きも出来、動きも良化するのもこの2戦から明らかでしょう。
そう考えると今後のこの馬の取り扱いは簡単なんじゃないかと思います。

終わってみれば当時から言われていましたが安田記念は本当に強い馬が集まってたことが証明されました。
不利があったとはいえ、アーモンドアイに勝ったインディチャンプがマイルG1を連勝。
実力を普通に出せば強いアーモンドアイが天皇賞秋を圧勝。
そして安田2強の1頭ダノンプレミアムが2着。安田2着のアエロリットが3着。
今回のマイルチャンピオンで安田1着のインディが連勝、ダノンプレミアムが2着という結果が証明してると思います。
名実ともにマイルのチャンピオンというのを証明してくれた今回のレースは前とは違った意味でぼくにとって最高のプレゼントになりました^^


実は香港遠征のツアーの資料などがちょっと前に届いています。
マイルCSの後、問題なければそこに向かう方向で進んでるみたいな事が書いてありました。
遠征費等含めてかなり具体的に書いてたので、おそらく問題なければ出走の可能性は高いんじゃないかと思います。
あとは香港の情勢とインディの調子次第ですね。
ちょっと中2週で海外というのは気になりますが・・・。
ここには最近負けてしまったようですが、世界一と言われたビューティージェネレーションが出てきます。
もしそこで勝てればまさにマイル世界一と言っても過言ではない実績になります。
おそらく鞍上は福永騎手に戻るでしょうし、今回の悔しさも含めて香港得意な彼に期待を込めて託せたらいいなって思いますね。
スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

どらくまー

Author:どらくまー
シルクホースクラブ一口馬主。広尾ホースクラブも最近入りました。
約20年、少し競馬から離れ気味で情熱も途絶えてたが、
最近愛馬が走り出し、また情熱が蘇りつつあるところ。
年間1~3頭くらいの零細厩舎ですがまずは1頭1勝を目標に楽しんでます。
適当に思ったことつぶやきます。
たまに旅行も書くかも。沖縄によく行きます。

フリーエリア

愛馬一覧

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
一口馬主 (65)
徒然なるままに (6)
愛馬近況 (118)
出資馬 (6)
収支 (20)
総括&目標 (8)
厩舎 (4)
自己紹介 (2)
一口馬主の魅力 (2)
レーヌドブリエ (5)
アルモニカ (16)
インディチャンプ (34)
シルクドリーマー (5)
トスアップ (6)
ララフォーナ (8)
ディグニファイド (6)
那覇、今帰仁 (1)
渡嘉敷島 (1)
那覇 (1)
宮古島 (2)
石垣島 (2)
竹富島 (1)
プライムライン (1)
サンテローズ (0)

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

フリーエリア

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん